一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 宿根ロベリア(サワギキョウ)

<<   作成日時 : 2007/08/01 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

画像


去年から鉢で育てている宿根ロベリア(サワギキョウ(沢桔梗))が開花してきた。
サワギキョウ(沢桔梗)2006/07/29

画像
    <2007/7/4撮影>

昔、尾瀬の湿地でその紫の花の自生を初めて見たが、普通の桔梗と違って変わった形の花だった。
その後花屋でサワギキョウ名として見かけて求めて花壇に植えてみたが、上手く育たなかった。
沢とあるので湿って日当たりの良い場所が適地だったようだ。

画像
       <2007/7/13撮影>
     
赤い花色の宿根ロベリアとしてベニバナサワギキョウ(紅花沢桔梗)も出回っていて、地植えしてみたら何年か育ったが、その後消えてしまった。
そのベニバナサワギキョウの花の構造はサワギキョウに良く似ていたが、北米原産でサワギキョウより丈夫で繁殖力があり、種でも増えているようだ。
ベニバナサワギキョウ(紅花沢桔梗:植物園へようこそさまHP)

画像
    <2007/7/20撮影:サワギキョウ>


去年、サワギキョウ名で求めたものは地植えせずに、鉢儘で育てて上手く冬越した。
春になって芽が出、7月の4日に花芽を確認した。
その後、日当たりの良い場所で湿り気味で育てていたら、7月末に開花してきた。
4株が順調に花芽を持って開花していたが、何故か1株が急に弱ってしまった。
湿気のある日当たり管理とあるが、真夏の暑さには弱かったようで、即半日陰に移動した。

画像
    <2007/7/28撮影>


キキョウ科ミゾカクシ属とあるが、花は独特の唇形の花びらで、上部は2枚下に3枚の切れ込みのある花びらをしているが、桔梗と同じ青紫の花色をしているだけでその形は独特だ。
花の真ん中から突起が出ているが、そこにオシベメシベが内臓されているようだ。

ミゾカクシという植物は、田の畦などに這う小さな多年草の「アゼムシロ」と呼ばれる薄桃色の花が咲き、花姿がサワギキョウに良く似る。
<ミゾカクシ(身近な野草と菌類さまHP)>

画像
   <サワギキョウ花の様子:2007/8/1撮影>

また今年春先に山野店で「サワギキョウ」名のポット苗を求めて違う鉢で育てているが、株が華奢で小さめな葉だが、まだ蕾も出ていない。
本で見比べるとこちらが本来の日本産のサワギキョウのようだが、順調に4株育っていたものが茎から急に枯れてしまって、今1株だけ残っている。これも真夏の暑さに弱ってきたのだろうか?

画像
   <別種のサワギキョウ:2007/8/1撮影>

サワギキョウとして今開花しているこの花は逞しい花付きで宿根ロベリアの紫色の感じがする。
別鉢のサワギキョウの花が咲いたら、この花と比較して見ることにする。

画像
   <右:今年山野草店でサワギキョウとして求めたもの>

なおロベリアとして秋まき一年草(または宿根草)の花があるが、別名がルリチョウソウ、ルリミゾカクシとも呼ばれ、花付きの良い矮性の下垂タイプの鉢花としてガーデニング人気だ。花期が4〜6月とこちらより早い。
ロベリア(ルリチョウソウ:植物園へようこそさまHP)

今日から8月がスタートしたが、関東地方もやっと梅雨明けした。
これから海や水辺が恋しくなる季節だが、青の花色に涼しさを感じる。
この青紫の花色は、昔見た尾瀬の湿原の涼しい風と野の風情を一時運んでくれるようだ。


画像




「不注意(ふのがり)の沼というありサワギキョウ誰にも知られず咲きいたりけり」(鳥海昭子)

「槍ヶ岳そのいただきの岩にすがり天(あま)の真中(まなか)に立ちたり我は」(窪田空穂)

「むらさきの日傘のいろの匂ふゆゑ遠くより来る君のしるしも」(川田 順)

「炎天の扉の内はくらぐらと桔梗の花うちみだれ冷ゆ」(石川恭子)



<サワギキョウ(沢桔梗)>
キキョウ科ミゾカクシ(ロベリア)属
学名: Lobelia sessilifolia
花期:8〜9月
性状:多年草、草丈(50〜100センチ)日当たりの良い湿原
原産地:日本
特性 多年草。 日当たりのよい湿原に生える。 草丈50〜100cmで枝分かれしない。
同じ仲間に、ミゾカクシ(アゼムシロ)、1年草のロベリア(瑠璃蝶草)、ベニバナサワギキョウ(紅花沢桔梗・アメリカ原産)などがある。


「ひと時を尾瀬吹く風かと浸るいる青紫の沢桔梗の花」

「油蝉じいじい鳴きて仰ぎ見る空は真っ青梅雨明けとなる」

「夕暮れのベランダ不意に飛び来たる油蝉今日の命を儚む」

「涼やかな風吹き渡り八月のスタートとなる梅雨明け宣言」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
一花さん、はっきりとはしませんが、最近花屋さんで良く出ていますよね。サワギキョウ(沢桔梗)ですか、紫色が素晴らしいです。
一花さん宅には何でも有るんですね。本当に感心しています。
彦左
2007/08/01 21:01
 一花さんちでは、鮮やかな紫のサワギキョウが咲き出しましたか。画像を見ますと、葉がずいぶん大きく、尾瀬などで見かけるものとはタイプが違うもののようですね。
 山で見るのは、下から2番目の画像の、右側のタイプのようですね。

 うちでも苗を頂いて、育てていますが、まだまだ咲いてきません。9月くらいになってしまうのかも知れません。

 山で見るのは、本当に色あざやかで見事な青紫ですよね。
なおさん
2007/08/01 21:41
サワギキョウを育てるのは難しいようですね。
以前入笠山の湿原でサワギキョウの群落を見て感動したのを覚えています。紫の花が風にゆらゆら、夢の世界のようでした。
ミニミニ放送局
2007/08/01 22:24
彦左 さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
この花は花屋さんでいま出回っていて、見かけてらっしゃいますか?
こちらではまだ見ていないですが、そろそろでしょうか?
これってサワギキョウでなくて宿根ロベリアのようです。日本産と違って園芸種か北アメリカ原産のようです。紫は好きな花色です〜。
彦左 さんへ
2007/08/01 23:25
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは草姿が宿根ロベリア風でしたから、やはり園芸種か北米原産の宿根ロベリアなんでしょうね。
本の画像で見ると葉が細い感じで、花期は8〜9月とあります。
なおさんちでも苗を戴かれて育ててらっしゃいますか?去年見せて戴きましたね。別鉢で育てているサワギキョウの葉姿はこじんまりしてますね。
(下から3番目の画像です。)4株中3株が暑さで急に駄目になりましたが、開花するでしょうか?真夏日は半日陰がいいですね。
なおさんへ
2007/08/01 23:36
ミニミニ放送局さん、こんばんは。コメント有難うございます。
サワギキョウとして求めたのですが、画像のものは宿根ロベリアで、園芸種か北アメリカ原産のもののようです。
日本産のサワギキョウはまだ開花していない、下から3番目の画像で、草姿が小ぶりで華奢です〜。
ご覧になられたサワギキョウの紫の花の群落、風に揺れて素敵だったでしょうね。
私も昔尾瀬で見ましたが、ヤナギランやワレモコウ、ワタスゲなど咲いて、爽やかな風と緑の湿原は別天地でした〜。また出かけたいのですが。。夏場の鉢管理が大変なんです^^。
ミニミニ放送局 さんへ
2007/08/01 23:43
こんばんは。今帰宅しました。「炎天の扉の内はくらぐらと桔梗の花うちみだれ冷ゆ」(石川恭子)夏を感じますね。「涼やかな風吹き渡り八月のスタートとなる梅雨明け宣言」梅雨明け宣言は面白い言葉ずかいですね。こんな感じの入れ込み方もあるんだなあと勉強しましたよ
hanahhana1952
2007/08/02 00:14
桔梗色で、とっても姿が美しいお花ですね。
暑い夏に、一抹の清涼を届けてくれるようで、
涼やかな姿に、惚れ惚れしました。
ブルーエルフィン、もう咲いているのですか?
我が家のは、まだまだ・・・冬越しからの目覚めが遅く
秋から冬に掛けての開花かなと思っています。
懐かしい姿が見れて嬉しいです。
chiemi
2007/08/02 08:32
サワギキョウが綺麗に咲きましたね、関東も梅雨明けでこれから毎日暑い日が続くようですが、紫のサワギキョウは涼しさを運んでくれて良いなと思います。
私の行く植物園の池の側にある野生種のサワギキョウは未だ咲いていませんでした。
OSAMI
2007/08/02 09:13
お暑ぅございます、一花さん。
梅雨明けしたのに、むしむしとした日ですね。
今日のサワキキョウ、別名宿根ロベリア、宿根ロベリアは、ブルーの小さな花が咲くものとばかり思っていました。
きれいな色の花ですね。
花弁一枚を見るとキキョウの形をしていますが、
花全体は全然違いますね。
きれいな色に、涼しさを運んできてくれたようです。
私もほしくなりました。
にりんそう
2007/08/02 12:24
キキョウ科の花には、個人的に面白い発見があって・・・
花びらのギザギザの谷が、ほとんど皆、浅いという特徴がありますよね。キキョウにしても、ホタルブクロにしても、ツルニンジン、サワギキョウ、ソバナ、ツリガネニンジンなど、似た特徴を持っていて面白いです。
キキョウソウは、ちょっと違うかもしれません(笑)。
庭花
2007/08/02 17:02
お店にも昨日赤花のサワギキョウ入荷しました。午前中だけ日の当たる台の上に置きましたが、果たしてこの暑さ、耐えてくれと祈るばかりです。
ラフレシア
2007/08/02 19:53
hanahhana1952さん、こんばんは。昨夜遅くお疲れのところ、コメント有難うござます〜。。
「炎天の扉の内はくらぐらと桔梗の花うちみだれ冷ゆ」(石川恭子)
真夏の炎天をシャットするような桔梗の青い花に、涼しさ冷たさを感じますね。「桔梗の花」は若しかして作者自身の心情かも知れませんね。こんな詠い方素敵です〜。
私のものは見たまま感じたままですみません〜。昨日梅雨明け宣言となりまししたが、今日の外は風がありますがムシムシしてますね。台風進路どうなるのでしょうか?。これから夏バテご用心ですネ。
hanahhana1952さんへ
2007/08/02 20:06
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
昔この紫を求めて植えて枯らして、宿根ロベリアとして赤も植えてみました。やはりこの時期、青紫の色は涼しげで落ち着いていて、水辺を感じさせる青い花に惹かれます〜。
ブルーエルフィンも涼しげで今開花しています。以前これも枯らして再挑戦。chiemiさんと違って枯らし専門みたいです〜。人気上昇中の花ですよね。chiemiさん宅はこれから楽しみですね〜。
この宿根ロベリアの花も野性の趣きがあって素敵なんですよ。
chiemiさんへ
2007/08/02 20:13
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは日本産のサワギキョウと違って、宿根ロベリアでした。花屋さんではサワギキョウ名で売ってましたが。。他の鉢で育てたものが野生種のサワギキョウで、まだ開花していませんが、8〜9月頃でしょうか?
4株中1株だけ残ってますが、上手く開花するかが問題です〜。
OSAMI さんへ
2007/08/02 20:17
にりんそうさん、こんばんは。お昼間にコメント有難うございます。今日は風がありましたが、ムシムシでしたね〜。外の方が風通しがあって涼しいこともありますが、庭は藪蚊が凄いです〜。
さて、ロベリアとして、ルリチョウソウと言う青い小さな花もあり、間違いやすいですよね。これはサワギキョウ名で売っていましたが、園芸種か外国産のようです。キキョウ科で涼しげな花色ですよ。赤、桃など宿根ロベリアとして出回っていますが、この青紫が涼しげです。
場所的に湿りけのある場所で、真夏は半日陰、初夏、春・秋は日当たりがよさそうです^。花屋さんでも出回っているようですが・・。
にりんそうさんへ
2007/08/02 21:06
庭花さん、こんばんは。お久しぶりです〜。コメント有難うございます。
ご自身でキキョウ科の花の面白い発見?ですか〜。
>花びらのギザギザの谷が、ほとんど皆、浅いという特徴ですか?
花びら比べしたことがなかったので、気が付きませんでした〜。
それって花びらが一枚一枚になってなくて、花びら全部が繋がっていて、切れ込みがあるってことでしょうかね〜。キキョウソウはそんな感じですね。紫色で釣鐘の形をしたものが多いようですよね。
以前私がアップした「シデシャジン」(7月18日)もキキョウ科でしたが、もじゃのじゃ髪の毛みたいで凄いでしたよ〜〜。
人間同様、花の形も色々ありますよね〜。
キキョウは育てて見たくなる日本的な落ち着いたお花ですね〜。
庭花さんへ
2007/08/02 21:21
ラフレシアさん、こんばんは。コメント有難うございます。
お店にアカバナ種のサワギキョウが入荷ですか?アカバナ種は宿根ロベリアですが、和名サワギキョウで出ているのでしょうね。その方が馴染みやすいからでしょうか?
アカバナ種は良く見ますが、紫はあまり出回ってないですよね。
経験から真夏日には半日陰管理がよさそうですよ。これからの時期、花屋さんも管理が大変ですが、売れるといいですね。
ラフレシアさんへ
2007/08/02 21:26
また目が覚めるような青紫のいい色の桔梗ですこと・・☆咲き方もしなやかなで大きいような気がしますね!

一花さんのお宅には珍しい植物がた〜くさんですね*素晴らしいです〜!
meushiちゃん
2007/08/03 13:38
meushiちゃん 、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます〜。
これって紫青色で涼しげな桔梗色でお気に入りなんですよ〜^。
日本産のものかと思ってましたら、あちら産の宿根ロベリアのようで、和名がサワギキョウです〜。沢が付くので湿気た所が好きな花ですヨ。
日本産のものは、花がもっと楚々とした感じのようです。8〜9月から咲きます。
うちは小さなごちゃごちゃした花が多いですが、meushiちゃんのお宅は薔薇尽くしで素晴らしいですよ^^:。

meushiちゃん へ
2007/08/03 22:42
おはようございます、一花さん家の宿根ロベリアはきれいな紫青色なのですね、我が家のは赤系の2色です、紫青色もきっとそうでしょうが、花びらはビロードのようできれいですよね、昨年はじめて求め、繁殖力の凄さに驚きました、紫青色系はあまり出回っていないのですか?いいな!!
今度、花やさんでみつけてみます!
いけちゃん
2007/08/04 08:44
いけちゃん、こんばんは〜。今日は暑かったですね^^。
こちらに朝、コメント有難うございました〜。
以前いけちゃんちで、赤系を見せて戴いてましたが、上手に咲かせてらしてびっくりでした。紫は昔〜1度育てて、その後赤を何度か育て、また紫を見つけてラッキーでした。でもそこは和名のサワギキョウで出回っていたのですよ〜。普通の日本のサワギキョウより開花が早いようです。花付も逞しいですしね〜。この時期、紫は素敵ですが、紫色が花屋さんで見つかるとイイですね〜。
いけちゃんへ
2007/08/04 23:30
宿根ロベリア(サワギキョウ) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる