一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS プルーンバーゴ(ルリマツリ)

<<   作成日時 : 2007/08/15 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

連日の猛暑続きの中、庭の花で涼しげな色をして咲いているのがプルーンバーゴだ。

花屋では和名のルリマツリ(瑠璃茉莉)として売っており、こちらの方が馴染みだ。
瑠璃茉莉名の瑠璃色の花びらが爽やかで、何年か前求めた時の銘は「ブルーオーシャン」だった。
ルリマツリ2005,7/22

画像

半耐寒性常緑低木だったので鉢植え管理としているが、おととしまで毎年花付きが良く、冬場地上部が枯れても春にはまた芽が出、夏には花を咲かせていた。
暖地ではフェンス等に露地植えされているようだが、寒さにやや弱く霜よけとして軒下管理がよいとある。

画像
    <おと年の開花様子:2005/7/30撮影>

我が家でも冬場は軒下管理していたが、去年の1〜2月の寒さで鉢植えのランタナが枯れ、このルリマツリも枝が黒くなって枯れたと思っていた。だが、その後何とか残った株が育って、去年の8月には以前より花付きが少なかった。
プルンバーゴ(ルリマツリ)2006/08/04

今年も一応何株か出てくるが、花が侘しい感じだ。
切り戻せばまた花が咲いてくれるそうで、挿し木で簡単に付くとある。
花色は青色の他に白もあるが、我が家の白株は去年生きていて1輪だけ咲いたが、今年はまだ見ない。

画像


マツリカと言うと、モクセイ科のアラビアンジャスミン言う匂いのよいマツリカ(茉莉花)があるが、花の感じはそちらでなく、見比べるとナス科のニオイバンマツリによりよく似た花だ。
だが、このルリマツリの花にはマツリカのような芳香がない。
マツリカ(アラビアンジャスミン)2006/09/07
ニオイバンマツリ(365花撰さまHP)

カメラで撮って見ると、花びらの中心に細い青筋が入っていて綺麗な花びらで、中心の雌蕊が長いようだ。
纏まった鞠状に咲く花はボリューム感があり、真夏の日差しの中でここだけが青々として涼しげだ。
カメラズームで見ると萼に柔毛が付いていて、花びらが衣類にくっ付いてくる。

画像

これは、南アフリカ原産のイソマツ科プルンーバーゴ属で、プルンバーゴはラテン語のplumbum(鉛)に由来し、鉛の中毒に効くとあるが、実際どうであろうか?
なお、「plumbago」は黒鉛、またはルリマツリと辞書にあるが、鉛の金属元素記号「Pb」はこのplumbumからだったのだ。
昔、科学の時間に必死に丸暗記したが。。

イソマツ科植物色々(日本の植物たち様HPより)

画像


去年、このプルンバーゴ(ルリマツリ)の記事を書いた8月4日の関東地方の日中温度は36℃ぐらいで熱風が吹いていたが、今日も同じような猛暑日だ。群馬県の館林では記録的な猛暑で40、8℃となり、焼け付くような暑さだったようだ。
年々温暖化が進んで真夜中も気温が下がらず寝苦しい日々だが、動植物たちにとっても試練の夏だ。

今日も猛暑日というので、急遽外出の予定を取りやめた。
プレーリードッグは朝からぐったりしているが、猫は一番涼しい場所を選んで、エアコン噴出しの下にある座布団2枚の上でちゃっかり寝ている。

画像

庭に夕方からホースで2回水撒きをしたので、ちょっぴり涼しい風でも吹いてくれると有難いが、コンクリの上は焼け石に水だ。

明日は今日より暑いと言う予報で、週末になると涼しくなるようだが・・。

画像


「とり返しつかぬことなどこの世にはありや応えなき時との対話」(尾崎左永子)

「やや暑き山の日ざかりの心よく大き西瓜をかりにけるかも」(古泉千樫)



<プルンバーゴ ・「ブルーオーシャン」>
イソマツ科プルンーバーゴ属
学名:Plumbago auriculata ラテン語のplumbum(鉛)に由来し、鉛の中毒に効くとされた。
別名;ルリマツリ(瑠璃茉莉)、プルンバゴ、アオマツリ、
原産地:南アフリカ(原種は10〜15種、日本ではauriculata(オーリキュラータ種)流通。
花期:6〜11月
性状:半耐寒性常緑低木、暖地では露地植え(フェンス等)、寒さにやや弱く霜よけに軒下
花色;青、白
※挿し木で容易に付く。


「猛暑日の真昼の零時に『黙祷』とテレビに流るる終戦記念日」

「夕暮れに二度打ち水の狭庭より吹く風ややに涼しさ運ぶ」

「海の青空の青さを映しつつ瑠璃茉莉の花灼熱の中」

「記録的猛暑続きの列島に花色涼しげ瑠璃茉莉の青」


※都合により、コメント欄を削除してあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
プルーンバーゴ(ルリマツリ) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる