一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ブッドレア

<<   作成日時 : 2007/08/05 21:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

草丈30センチ位の小さな鉢として、何年か前に求めたブッドレア。
ブッドレア2005/07/19
ブッドレア 2006/07/12

画像

リビング前の花壇の端に植えたのだが、生育旺盛で今では大株となって3m位の丈となり、枝が何本も増えてまるでブッシュ状態だ。

画像

これは原産地が中国西部でフジウツギ科フジウツギ属となっており、現地では常緑低木だそうだが、我が家では落葉する。

育てて見ると、春から新枝がどんどん伸びていくので、新梢が10〜20センチの頃に剪定するとコンパクトに仕立てられるようだ。それでも随分逞しいもので、こんなにまで庭に適合して薮になるとは思わなかった。

画像


本来中国ものだが、花の美しさなどから西ヨーロッパで品種改良され、19世紀末になって日本に移入されたようだ。やはりこの木は日本の気候にも適応し、本州ではしばしば野生化したものが見られるとある。

画像


花は6月下旬ぐらいから開花して10月までと期間が長いが、長い房状の小花は2〜3日で終わって、まるで燃え尽きたような干からびた姿となってくる。枯れたその下の分枝した所からまた花枝が伸び、そこから花穂が出て咲き、花が絶えることがない。
小花一輪はランタナのような形にも似て、全体の花房はライラックのようだ。

画像

英名ではバタフライブッシュとも呼ばれているが、紫の小花に微かな香があり、蝶が集まってくる。
我が家でも「ツマグロヒョウモン」のオスであろうか、花に1匹がとまっていた。

画像

画像

画像


このツマグロヒョウモンの食草はスミレだそうで、去年の秋にはトゲトゲのある毛虫が何匹も見られて気味が悪かったが、害はないそうだ。
画像
  <去年のツマグロヒョウモンの幼虫:2006/9/15撮影>

求めた頃、花色は藤色だけだったが、近年白、ピンク、濃紫、赤紫、花が黄色の球状のもの、葉が銀葉で花は藤色のものなど多様な園芸種が出回っている。

別名がフサフジウツギ(房藤空木)とあり、大きな枝を剪定して見ると、樹木に洞が見られてウツギの名前の謂れが分る。
日本は1種、フジウツギが自生するそうだ。
フジウツギ(藤空木) 植物園へようこそさまHPより

画像

夕方、一羽のアゲハチョウが何度も庭をゆっくり飛んでいたが、ランタナの花とアブチロンの葉に長く止まっていて、この花やカノコユリには知らん振りだった。
蝶にも好みの花があるらしい。

画像


「夏帽子かぶらぬ君に降る来たる古鏡砕片なおもうつし世」(水原紫苑)

「一生に一度出逢はむうつくしき雲のかたちを血もてゑがきぬ」(々)

「はるかなる舞台のひとにパラソルをかざせり野辺もゆめならなくに」(々)



<ブッドレア>
フジウツギ科フジウツギ属
学名:Buddleja davidii
別名:フサフジウツギ(房藤空木) 、バタフライフィッシュ、ブッドレヤ(Buddreaja)
原産地:中国西部
開花期:6〜10月
花色:紫・赤・桃・橙・白・黄・青紫・紫紅・藤
世界の温暖な地に100種ある常緑低木だが、日本では落葉低木。
※日本には1種フジウツギが自生する。


「夏空を背に繁りたるブッドレア花穂垂れつつ木陰を作る」

「炎天に焼け焦げ見るかのブッドレア開花の終わる枝先の花」

「藤色の花穂豊かに垂れ下がる庭に一羽の揚羽行き来す」

「微かなる匂いの花穂ブッドレア一羽の蝶の豹紋見せて」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、ブッドレアが花盛りですか。バタフライガーデンにはなくてはならない花ですよね。蜜に惹かれて飛んでくるいろいろなチョウを観察するのも楽しいことでしょうね。いろいろなチョウの画像も見事です。
 一花さんちのははびこり、ブットイ茎になったのですね。花つきもよく見事です。
 ブッドレアにも色いろな花色があり、それぞれに面白いものですね。

 僕は埼玉の奥武蔵の山でフジウツギを見たことがあります。この植物は有毒で、魚毒を利用した漁に使われたこともあったそうですね。
なおさん
2007/08/05 22:05
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
うちのこのブッドレアは薮そのものですよね。花付が良いのですが。リビング前の日除けにはなってくれています。雨で枝が撓ってだらりんこ〜です。蝶はこのツマグロヒョウモンとシジミチョウが多いのですよ。
このアゲハは何故か見向きもしないようです。
山野草は枯らし専門ですが、これとスッパティーだけは元気ものなんですよ。。フジウツギは未だ見た事がないですが、魚毒の漁に使うとか聞きましたよ。このブッドレアの葉や枝、根皮に殺虫、解毒、打撲傷等に薬効がある成分が含まれるとか・。去年、北海道の空き地で、これの実生苗みたいなものを何本も見ましたが・・種って出来るのでしょうね(汚い花は何時も切ってますので・)
なおさんへ
2007/08/05 23:07
クロアゲハとツマグロヒョウモンの雄を捉えて・他にはシジミチョウ類・・
それ以外にも、これだけお花があると、色んな蝶が訪れるでしょうね。
薩摩節
2007/08/05 23:55
またまたへんてこな時間で失礼します。本当暑いですね。「夏空を背に繁りたるブッドレア花穂垂れつつ木陰を作る」はそんな中、優しい花の日陰を想像させますね。
hanahhana1952
2007/08/06 03:41
そう、蝶も皆同じではないんですよ。不思議と違いが分かるようで、蜜を求めて、様々な種類の昆虫がやってきますね。きっと、一花さんのお庭には数多くの昆虫が楽しんでいることでしょうね。
mint
2007/08/06 10:53
 こんにちは。ブットレア、色によって香りが違うのでしょうか。うちのは、パールピンクとかいいましたが、とても良い香りがあります。大きくならないように、鉢に植えたままになっています。もう少ししたら、花が咲いてきます。これは、寒さに強いので助かっています。
 ヒョウモンチョウも、もし大切にしているスミレがあったら、幼虫には気をつけてください。大食漢で、1日で丸坊主にされますよ。
ひめだか
2007/08/06 18:30
ブットレアが大きく成長して綺麗に咲いて素晴らしいです、しかし大きくなるもののようで広い庭のある住宅でないと困りますね、もちろんマンションのベランダというわけにはとてもゆかない植物でしょうか。
バタフライブッシュの名前のように丁度蝶がうまく来てくれて良かったですね、蝶は羽を良く動かしていて開いたときのチャンスが難しいですよね、最後の写真はとてもいい感じです。
OSAMI
2007/08/06 19:58
薩摩節さん、こんばんは。昨夜遅くコメント有難うございます。お蔭様でデスクトップが華やいでいます^〜。
今日もこの画像の クロアゲハが庭をうろうろしていましたが、ブッドレアやカノコユリには止まらないで、葉ものに止まるようです。産卵前なんでしょうか?
蝶はどうも名前が分らないのですが、模様のあるアゲハや、モンシロ、ツマグロヒョウモンの雌も飛んで来ますが、蝶にも時期があるようですね。名前を聞いては忘れて〜〜です。オニヤンマも昔飛んで来ましたが。。夏場の花管理は大変です〜^。

薩摩節 さんへ
2007/08/06 20:44
hanahhana1952さん、こんばんは。昨夜も変てこな時間のコメント有難うございます。暑くて暑くて、植物達もぐったり〜ですが、人間さまも冷たいものだけ飲むので、バテ気味ですよね。エアコンから出ると熱気が凄いです。ブッドレアはブッシュ状でリビング前の日除けにもなっていますが、雨の時はだらり〜と垂れて邪魔です。これはhanahhana1952さん宅と同じ色でしたよね。これは丈夫で枯れずに、夏場も毎日元気で咲いてくれます。
hanahhana1952さんへ
2007/08/06 20:51
mintさん、こんばんは。コメント有難うございます。
蝶も花を選ぶようで、匂いで見分けるのでしょうか?飛んでくる蝶にも種類があり、昆虫はさっぱり分りません。昔田舎で見飽きていた所為かも知れません。庭には害虫も多く、蟻?ナメクジ、ヨトウムシ、蛾等うじゃうじゃです^。小さいムカデも居ましたよ。蛇は居ませんが、トカゲがちょろちょろです。トカゲは悪い虫を食べてくれるとかで、害虫扱いではなさそうです〜。 花も虫を呼ぶために色、薫り形等で誘っていますよね。
mint さんへ
2007/08/06 20:58
ひめだかさん、こんばんは。コメント有難うございます。今日も暑かったですね。この時期、鉢花の水遣りで、夕方は大変です^。藪蚊も多いし。。ひめだかさん宅は鉢物が多く、ブッドレアも鉢管理でしたか?お互い、この時期のガーデニングには閉口しますね。
他所で見ると、思い切りコンパクトに剪定されてブッシュになっていない所もあるようですが、これは強剪定しても大丈夫のようです。
この赤紫も甘い匂いがありますが、アゲハは止まらず、ツマグロヒョウモンとシジミ蝶が好んでます。ヒョウモンの幼虫は、9月頃多かったですよ。まさに一夜で丸坊主の経験がありました〜。他所では、レモンが丸裸で、アゲハ幼虫を羽化させてらっしゃいましたよ。アゲハはミカン類が好きのようで、蝶も食べ物選びするようですね^^。シジミチョウはカタバミだったようです・・
ひめだか さんへ
2007/08/06 21:11
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これはリビング前に植えたので、日除けを兼ねていますが、少しブッシュが過ぎるようですよね。 剪定が甘かったのか、でも大株となって元気ですよ。コンパクトに鉢で育ててらっしゃる方もいらしゃるようです。
ひと月以上前から開花していましたが、蝶がなかなか飛んで来ず、なんとか待っていたら、やっとバタフライブッシュのように蝶が止まってラッキーでした。何枚も撮ったのですが、焦って上手い写真が撮れませんでした。プロさんのものは蝶を呼ぶ無心術を心得てらっしゃるのか、とても素敵ですよ。
夕方自動で撮ると発光して、アゲハの写真が平面的になってしまっています〜。最後のものも、少しピントが甘いようですが、難しいです。
今日もアゲハを追いましたが、液晶で丁度真ん中に見えて居ても、仕上がりで見ると半分切れていたりしています。
OSAMI さんへ
2007/08/06 21:21
一花さん、この花も小さい木がこんなに伸びるのですね。
下から撮し上げたのを見ると大きいですね。花の色がいいし咲き方も涼しげです。蝶々を旨く撮りましたね。留まってくれたのでしょうか?動きがひらひらで中々撮れません。毛虫(幼虫)まで綺麗ですよ。
彦左
2007/08/06 23:04
彦左 さん、こんばんは。小さい木でしたが、年々大きくなって、これは丈夫で家では薮のようになってしまっています。
この花色は赤紫で、匂いが良いのですよ。ライラックを思わせますが・・
蝶は以前、彦左 さんも同じこの蝶(雌だったでしょうか?)をとても上手に撮ってらっしゃいましたね。その後色々PCテクニックで楽しませて戴きました〜。PCで遊ぶ飛ぶ蝶も思わずびっくりでしたが・・。
去年撮った毛虫ですが、これが親で、幼虫とは感じが違いますよね。
彦左 さんへ
2007/08/07 00:29
まーお客様がたくさん見えていますね。バタフライブッシュとは名の通りですね。ところで一昨日駒ケ岳千畳敷カールに行ってきましたが、ホテル
(二人静)に一泊したところ、なんとまーオリジナル菓子で「一花一葉」というのを販売していました。機会がありましたらおたずねください。
目黒のおじいちゃん
2007/08/07 13:24
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
名前のように蝶が飛んで来てくれて慌ててカメラでした^。
一昨日駒ケ岳千畳敷カール にお出かけでしたか?お花畑が見られたことでしょうね〜〜。以前都合で出かけられませんでしたが、私も一度は出かけてみたいです〜。この時期素敵な花との出会いがって、ワクワクですよね。ゆっくり出かけてみたいものです^。
ホテルのオリジナル菓子が「一花一葉」ですか?どんな御菓子でしょうね〜。是非尋ねて食べて見たいものです^。このブログ名で、華道をなさってらっしゃる方もいらっしゃるようで、偶然同じ名前でビックリでした。
目黒のおじいちゃんへ
2007/08/07 22:33
ブッドレア 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる