一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS コマツナギ(駒繋)

<<   作成日時 : 2007/08/07 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

野山に生えるマメ科の植物でコマツナギ(駒繋)と言うのがあるが、自然の中では見かけたことがない。
本州北部から四国、九州、中国大陸に分布する高さ50〜90センチ位の落葉小低木ということだが、路傍や野山の日の当る場所に自生するらしい。

画像

名前のコマツナギ(駒繋)は、茎が丈夫で、土中での根の張りも強く、引き抜くのも難しいので、駒(馬)をつなぐことも出来るという説らしく、ネット画像で何度か見かけたが、葛のような逞しい野草のイメージを持っていた。


以前このコマツナギのポット苗を山野草店で偶然見かけたが、小さな野草のイメージで、これが駒繋?と思ってしまった。求めて今プランターで育てているが、開いた花がひと月以上も咲き、この暑い中を元気に咲き継いで随分花持ちがよい。

画像

実物で見ると、大きな葛の花のイメージとは違って小低木だが、楚々とした可愛い山野草の感じだ。
マメ科特有の紫紅色の4〜5ミリある小さな花だが、花穂状の5センチ前後のものが葉腋に付き、下から順次開花している。
葉も小さな小判形の7〜9対の柔らかい葉で、カラスノエンドウのようなイメージだ。

画像


夜間になるとネムノキのように閉じるそうだが、先程見たら半閉じしていた。

画像


これはマメ科コマツナギ属だが、同じ仲間にニワフジ(庭藤)やチョウセンニワフジ(朝鮮庭藤)というのがある。ニワフジ(庭藤)は聞いたことがあったが、花期が5〜6月と早く、花が美しいので庭園の石組みの間や鉢に植えられ、庭木、花材に利用されるようだ。
コマツナギもニワフジも茶花として使われており、あの薮のイメージのある逞しい葛も茶花扱いだ。
ニワフジ(植物園へようこそさまHP)

画像
<コマツナギ>

マメ科として鉢でエドシボリ(江戸絞り)(ハギ属)の萩を育てているが、葉や花を比べて見ると、こちらのコマツナギの花の方が名前に似合わず可愛くて美しいようだ。
画像
<エドシボリ(江戸絞)葉と花:右後方&コマツナギ:左手前>

駒(馬)がこの柔らかい葉も食べる程美味しいようだが、我が屋のヨトウムし、ナメクジハは今のところ見向きもしない。
花後、マメ科特有の果実が出来るようだ。

自然の状態で見るこのコマツナギは、場所によっては大樹にもなるようで、ブログ画像で見せて戴いてびっくりした。葛は小さい頃嫌という程見てきたが、こちらのコマツナギは何時か自然の中で出会ってみたい花だ。

画像


「をさなごの氷菓を舐むるながき舌爆心塔の陰より出でく」(竹山 広)

「風の道ひろがりながらクズの葉をしろがねいろに山渡りゆく」(鳥海昭子)


<コマツナギ(駒繋)>
マメ科コマツナギ属。
学名:Indigofera pseudo-tinctoria
花期:7〜9月。
性状:落葉小低木

「育てたる駒繋の花楚々として可憐な小花野の風情あり」

「誰彼もしかと繋ぐか駒繋可憐な小花に寄せる想いは」

「ベランダに止まる二匹の蝉咥え夏の仔猫の野獣となりて」

「葉の上に宿す雨粒涼しげに真夏の汗も一時消えゆく」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちでは、育て主に似て、なんちゅあならんむぞかぁ〜!というコマツナギが咲いているのですね。ポット苗を買われたのですか。日向で育てると丈夫なもので、可憐なピンクの花が長々咲いてうれしいですよね。
 ハギよりも小型で、鉢植え向きです。種子を播いても挿し木でも増えますね。以前清里でものすごく太い木のようになったコマツナギを見たことがありますし、武蔵丘陵森林公園では2メートルくらい伸びて、たくさん咲いているのも見かけます。
 うちでは小ぶりの白いコマツナギが咲いています。白いのも清楚で良いですね。
なおさん
2007/08/07 22:56
 こんばんは。おかげさまで、ようやく一輪、サギソウが飛び立ちました。師匠のところでは、そろそろ一面の鷺飛翔になる頃です。今年も見に行けそうにないなぁ。
 マメ科の花は、役に立ったり好まれたりするものもあれば、ちょっと嫌われてしまうものもあって、色々ですね。確か、沖縄やもっと暑いところでは、ナンバンコマツナギというものがあって、藍色の色素を持っているので染料に使われています。このコマツナギとどれぐらい似ているのか、似ていないのかは、よくわかりませんが。葉が、眠るのがかわいいですね。レンゲの葉にも、似ています。浴衣の柄が、まさにこんな感じです。
ひめだか
2007/08/08 00:00
葉っぱは見たことがあるようですが・・花も?
違う似た葉っぱも多そうですね。
園芸種はもちろん、野の花も名前は判りませんが、清楚なピンクの花が咲いていると、癒されますね。
薩摩節
2007/08/08 09:43
ウンウン。。コマツナギは花がしっかと上向きが
よしゅう〜ごわんどな。
山野で見ると逞しい気がするんですが、一花さんナ。
こげな花も愛でて育てておいやっとナ〜〜ヒッタマガッタがよ。
たてもの園もヤマハギとかが咲いてきています。
2輪並んで咲く様が むじょかネ〜〜〜
葉っぱも可愛くて 夜になっと、おねむしやっとな?
まっこちムジョカもんじゃいが。
我が家は大きく枝を伸ばすのを植ゆっとは無理じゃっで
出かけた先で見てみもんそな。
加治木の友人が高千穂牧場からどっさい乳製品を暑中見舞いに
贈ってくいやったが・・・懐かしかーっち。思い方〜〜♪
nobara
2007/08/08 10:07
山野草のお花は、まさしく、日本のお花といった感じで
愛らしく、凛としていて、大好きです。
このお花も、小さいお花で、(小さいお花が好きです)
色も控えめで、何とも愛らしいですね。
chiemi
2007/08/08 10:50
コマツナギを自宅で育てられていると花もじっくりと鑑賞出来るし良いですね、夜は葉を閉じるという事ははじめて知りました、区立の植物園のものも早くから花を付けていましたが、今も咲き続けていますよ。
OSAMI
2007/08/08 11:50
なおさん、こんにちは、昨夜コメント有難うございます。何度かそちらで見せて戴きましたが、イメージが葛の花だったのです。実物を見たら、ま〜〜、なんちゅあならんむぞかぁ〜!花でした。草のようですが、低木で、鉢向きだったのですね。他の方のブログで、大木のようなものも見ましたよ。条件のいい所では、あちこちで大株となるのですね。
自然の状態で一度見てみたいものです。
以前なおさんちでアップされた白種も素敵でしたね。これは種で増やしてみたいものです〜。
なおさんへ
2007/08/08 13:34
ひめだかさん、こんにちは。昨夜0時のコメント有難うございます〜。白鷺の1輪飛翔の優雅な舞に涼んでらっしゃって、羨ましい限りです〜。お師匠さん宅は一面真っ白な白鷺群団でしょうか?
>梅雨が明けるころからは真夏の直射(熱射)を避けて、日除けを作ってやるか半日陰に移動すると良い。 「熱中症」にかかると成長が止まり、花芽が上がってこなかったり、花が咲かなかったり、あるいは枯れたりします。
うちはこの状態で成長が止まってます。先日出たランの花芽が同じ場所で枯れていて、即柿の木の下に移動しました。去年まではこの場所でOKだったのですが、年々気象事情が違いますね。
沖縄ではナンバンコマツナギですか?インドコマツナギ、タイワンコマツナギ、ナンバンコマツナギなどが知られていて、帰化植物となっているそうですね。。天然藍、インド藍はナンバンコマツナギからなんですね。ネットで調べたら中南米の遺跡に残る壁画や、土器・絵文書を彩るマヤンブルーもこの藍色からとか。花だけ注目していましたが、葉から重要な青色の染料のインディゴを採るそうで、情報有難うございます。
ひめだかさんへ
2007/08/08 14:14
薩摩節さん、こんにちは。コメント有難うございます。毎日暑いですね〜。これは山野草として鉢で育てれば小さく可愛い感じです。
自生のものをブログやネットで見ると凄い大株でブッシュでしたよ。。
北海道を除いて九州沖縄まであるので、見ればこれか〜なんて。
沖縄やアメリカではナンバンコマツナギがあり、葉が藍染めの染料に使われるそうです^。葛より小さくて可愛い花ですよ〜。コマツナギにも仲間があって、帰化植物として蔓延っているようです・・。カラスノエンドウの感じもありますが、それより山野草っぽくて可愛いです。
薩摩節さんへ
2007/08/08 14:25
ノバちゃん、こんにちは〜。まこってぬっかな〜^。コメント有難うさんです^。毎日鉢の水遣りで何処にもでかけられんが〜よ〜^。鉢が増えてすったーいテワンとお〜。このコマツナギはなんちゅあならんむぞかぁ〜花ごわんど^、。野山で見た事がまだなかので、どげんたろかいち想像しかた。夜になっと、はよさっさオネムで〜、朝は早起きごわんそな〜。こんな自然な生活が羨ましか〜。是非見つけて見て〜。
牧園でなく、高千穂牧場からどっさい乳製品が届いてうんまかろそ〜。近くだったらずーずーしく貰いに行くのにね^^^:うちは貰った高級!!メロンを箱のまま和室にひっきゃすれて〜〜、こげな調子〜で相変わらず〜ごわんど〜。これは暑さボケではなさそう^^。
nobaraさんへ
2007/08/08 14:37
chiemiさん、こんにちは。コメント有難うございます。
これって和風な花で、しかも葉も花も可愛いです〜。野山の自生地では大きく薮のようになっているようですが。。萩とはまた違って、楚々とした感じです。クズの花を小さくした感じですが、庭藤の仲間だそうですヨ^。chiemiさんは小さいお花がお好きなんですね。何時も色々育ててらして素晴らしいです〜。
chiemiさんへ
2007/08/08 14:43
OSAMIさん、こんにちは。コメント有難うございます。
何時もブログ画像でした見た事が無く、イメージとしてクズの花を思ってましたが、実際ポット苗で見たら小さな花でビックリでした。デコフォーカーさんの所では凄い大株でブッシュでしたね。
毎日見ていますが、花は随分長く咲いているものですね。萩は今2度目が咲いていますが、花期が短いです。
ねむの木でないのですけど、夜は何故葉を閉じるのか知りませんが・・。今のところ虫が付いていなくて不思議です。
OSAMI さんへ
2007/08/08 14:52
目に飛び込んできたのは、萩の花かなと思ったら、違う花でした。でも似ています。ブッドレア、ハギとおそろいでアップかなと思いました。いつも思うのですが、同じ花があると嬉しくなります。あ〜あ同じ花を見て、美しいと感じ、心が和む想いであります。「葉の上に宿す雨粒涼しげに真夏の汗も一時消えゆく」はかない水滴ははかない花のと同機してしまいます。人の命もそうですね。
hanahhana1952
2007/08/08 20:37
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
萩に似ていますが、これはコマツナギと言う野草です^。でも山野草として育てると可愛い花です。自然のなかではブッシュになるようですが。。
ブッドレアはお揃いでしたね〜。今日はそちらは若しかして萩でした?
毎日暑い暑いですが、葉の上に宿された露に暫し涼みます〜。でも花も人の命も儚く忽ち消えていきますが。。露という言葉は意味が深いですよね。うたかた(泡沫)は「はかなくも」の代用語で「浮かび漂う」が「うかただ」に省略され、やがて「うたかた」へ、はかない、かすかに、一瞬の意味ですが、玉響(たまゆら)という言葉も。
hanahhana1952さんへ
2007/08/08 21:10
一花さん、こんな小さな蔓草に駒をつなげるというのですから根が余程強いのですね。アップの花を見ると素晴らしく綺麗です。永く咲いてくれる花は貴重ですね。
彦左
2007/08/09 19:25
彦左 さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
そんなんですよ〜。こんな小さな茎に何故駒を繫ぐのでしょうか?根が強いのも意味があるそうですが、花も美味しいのでしょうね。
アップの花は葛に似ていますよね〜。
これは一月以上も咲いて有難いです〜。
彦左 さんへ
2007/08/09 23:10
コマツナギ(駒繋) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる