一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 庭のユリ・その5・カノコユリ(鹿の子百合)2種

<<   作成日時 : 2007/08/08 20:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

花びらに、赤い鹿の子絞り模様と小さな突起があるカノコユリ(鹿の子百合)。

7年前に母から球根を5球送って貰って、庭のあちこちに地植えした。
それから何年か綺麗に咲いたが、樹木が繁って半日陰となる場所では花付が悪かった。
カノコユリ2005/09/01
カノコユリ(鹿の子百合) 2006/08/01

画像

今年出てこないと思っていたら、半日陰の所に3本出て蕾が出来たと喜んでいた。だが、その後茎と葉が枯れて駄目になっていた。

去年開花したもう1箇所の場所では、完全に何も出てこなかった。

今年開花した場所は、夏場日当たりが良いので一株だけ元気に出て花が3輪付いた。
カノコユリは他の百合と違って、花期的に7月中旬から8月にかけてと遅く、夏の暑さには強いようだ。

画像

これは日本の野生種の百合で、自生地は四国南部、九州西部、南部に分布するが、特に甑島には分布密度が高いとある。日本だけでなく中国、台湾にも分布する。
場所的に草原の斜面や森のヘリなどに自生するそうで、育てて見ると日当たりに植えると丈夫なようだ。植えっぱなしだと花付が悪くなり葉も黄色くなる。


画像

カノコユリに似たヤマユリも斑点があり横向きだが、こちらは山百合ほどの強い香がない。
横向きに咲き、花びらがくるりと反って庭に咲いてくれると、明るい華やかさがある。

画像

カノコユリは切花やガーデニング人気となっているオリエンタル系のカサブランカやスターゲーザの品種改良親ともなっており、花びらの中心の突起が遺伝している。
庭のユリ・その4(カサブランカ) カサブランカ2007/07/31
庭のユリ・その3(スターゲーザー)2007/07/26
画像



去年カノコユリの白種もある事を知ったが、ガーデンセンターで秋に出回っている球根に、白種の他に黄色種もあった。
この白、黄色の球根も求めて秋に植えてみたが、今年黄色の蕾が出たと思ったら、ラベルを差し間違えて白種が出てきてラッキーだった。

画像


白いカノコユリは、「シラタマユリ」、「シロカノコユリ」とも呼ばれ、紅色の斑点がないが、花びらに白い突起がある。花びらは純白だが、真ん中に薄緑の筋があり、横向きに咲いて強く反っている。
シラタマユリは九州に自生しているカノコユリの中から発見されたそうで、花壇栽培されるとある。

画像

白種は日当たりの良い場所に植えたが、丈夫に育ち、花も普通の鹿の子百合の色が変っただけだ。
匂いは何れも微かに甘い。
画像


別の場所に植えた黄色種はまるで出てこなかった。他の姫百合、天蓋百合なども同じ所に植えたが上手く育たず、其処は場所的に良くなかったようだ。
黄色いカノコユリは「キカノコユリ」と呼ばれ、中国の湖北省石灰岩地域の草原に自生するようで、ラベルには丈夫で植えっぱなしでもよく育つとあったが。。


普通のカノコユリは甑島に多く自生するが、綺麗な花には様々な蝶が飛び交っているようだ。島の花色はこちらより赤く感じるが、彼の島は平家の落人たちが隠れて住んだ島なので、平家の人たちの流した血の泪が赤く染めたようにも思える。

画像



「不用なる富よ誇りよ さはあれど威厳を持ちてカノコユリ赤し」(鳥海昭子)

「山百合(さゐぐさ)の祭りの壺はわが立てて窯変(えうへん)ちかきあかときのいろ」(山中智恵子)

「炎昼を蜻蛉(せいれい)の影よぎりゆきかすかに咽頭は痛みそめつも」(々)

「夏山河のはてに思へば地図蒼き氷見境(ひみざかひ)とふ駅のありにし」(々)


<カノコユリ(鹿の子百合)>
ユリ科ユリ属
学名:Lilium speciosum
別名:ドヨウユリ、タナバタユリ
自生地;四国南部、九州西部、南部(特に甑島には分布密度が高い)中国、台湾

「身を反らし赤く燃え立つ鹿の子百合夏陽の中を華やぎ咲きて」

「どの花にも止まるかと見せて揚羽蝶鹿の子百合には知らん振りして」

「落人の流せし泪か鹿の子百合南の島の斑点赤し」

「レース越し夏の西日の差し込みて絶えなき熱を伝導している」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、昨日に引き続き、ピンクの可憐で気品のある花ですね。カノコユリはうちでは育てたことがありません。お隣にはあったようですが、今年は見ていません。
 可憐で良いですが、あまり長くはもたないようですね。

 野生品は激減して、絶滅危惧種に指定されているようですが、栽培品も多く、オリエンタル・ハイブリッドの交配親としても人気のようですね。
 鹿の子模様に見立てた点々も面白いものですね。
なおさん
2007/08/08 22:25
「不用なる富よ誇りよ さはあれど威厳を持ちてカノコユリ赤し」(鳥海昭子)鳥海さん晩年の歌かしらねえ?人の晩年は、何故かある欲を越えるともう欲を持たなくなるんでしょうね。「落人の流せし泪か鹿の子百合南の島の斑点赤し」歌はその背景を知って初めてわかるんだろうなと思います。絵もそうですが、、映画もそうですが・・・それが学問をする意味なんだと実感します
hanahana1952
2007/08/09 03:55
カノコユリが綺麗に咲いていますね、この花はなんといっても花弁が綺麗に反り返るところでとても可愛い感じがします、白いものはそのてん清楚な感じがあって良いですね。
OSAMI
2007/08/09 09:32
毎日、伺うのが楽しみです。
今日の百合は、可愛い色合いですね。
こんな不思議に咲くのですね。
白も素敵ですが、淡い桃色が何とも色っぽくて
大好きになりそうです。
「かのこ」と言う名も、可愛いですね。
chiemi
2007/08/09 11:14
一花さん、カノコユリ・シロカノコユリ見事ですね。
これこそ「歩く姿は百合の花」という文句にふさわしい綺麗さです。
私の家の庭のアッチコッチに鉄砲ユリが咲き出していますが、邪魔になるくらいですので殆ど根から引き抜いてます。なのにまた出てきます。
コノコユリの様なユリだと大事にするのですがね。
彦左
2007/08/09 19:31
なおさん、こんばんは。昨夜コメント有難うございます。
カノコユリは田舎ではお隣にあって、小さいながらも華やかで欲しいなと思ってました。育ててたいとずっと憧れだったのですよね。
この百合も2〜3年は同じ場所で咲くようですが、その後球根が細るようですね。
なおさんちの黄色い夕張メロン色は随分逞しく何年も咲いていますね。
市販で出回っているのは園芸種なんでしょうか?
花びらが反って、斑点があるのが特徴ですね。白も素敵ですけど、やはり本来の色がいいですね。
なおさんへ
2007/08/09 22:27
hanahana1952さん、こんばんは。真夜中?か早朝のコメント有難うございます。鳥海さんの歌は、このカノコユリの花言葉「富と誇り 威厳」からです。年を取ると名誉財産などには無欲になるのでしょうかしらね^^。今の世知辛い世の中でお年よりの方は暮らしにくいのでは。。年金問題などもありますしね。住み難い世の中ですよね。
>歌はその背景を知って初めてわかるんだろうなと思います。絵もそうですが。
甑島には、平家の落人や源氏の落人・南朝方の落人もいて、特に菊水の家紋のお家や、宇治川先陣争いの子孫・有名なそのままの名前の人たちの集落もあるそうです。甑島にはカノコユリが何故か多いようですよ。
>学問の意味ですが、生涯学習って大事ですね。
今日は歌会でしたが、一緒に勉強している先輩の方達に習うことが多いですね^。学の深さ、教養、生きてこられた生活経験など。。
hanahana1952さんへ
2007/08/09 22:43
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
カノコユリは花弁が反り返って、斑点と突起が特徴でしょうか?そんなに強い匂いがないのですよ。
去年白いカノコユリの存在をそちらで初めて知りましたが、ガーデンセンターでは白、黄色種の球根も出回っていました。
白は清楚ですが、やはりカノコユリのイメージから少し離れる感じがします〜。
OSAMI さんへ
2007/08/09 22:48
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
このカノコユリはプリンセスのような可愛い華やかさもありますよね。小さい頃お隣さんに植えてあって、いつも憧れだったのですよ。うちは赤いオニユリがありましたが。。白より赤い方が色っぽい?ですよね。
かの子といえば、岡本かの子の歌「年々にわが悲しみは深くしていよよ華やぐいのちなりけり」
chiemiさんへ
2007/08/09 22:55
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前も仰いましたが、鉄砲百合が種から出ていますか?鉄砲百合はうちで植えても一番早い開花でしたが、まだこの時期出てきますか?若しかして高砂百合?では
ネット引用ですが、「タカサゴユリはよく種子を稔らせ、風によって種子を散布する。侵入した1年目は茎を形成せず、数枚の細長い葉を伸ばすだけである」とあります。うちの近くでも今花壇で蔓延って困るってこちで、うちも2株戴いて貰ってきました。蕾中ですので、開花したらまた比べて見て下さいね・。時期的に高砂ゆりは遅く咲くようです。葉が細い上向きの葉です〜。
彦左さんへ
2007/08/09 23:07
一花さんのお宅はずいぶん色々な種類の花(植物)がありますね。植物園のようです。さぞかしいっぱいになっているのでは。
ユリは夏に爽やかさを感じさせてくれます。シロカノコは花嫁衣裳のように清楚ですね。
ミニミニ放送局
2007/08/14 08:44
ミニミニ放送局 さん、こんばんは。昨日コメント有難うございます。都合でお返事遅くなりました。
植物好きですので、見ると欲しくなり、狭い庭に何でも植えています。
実の物好きな人?が居て、果樹が多いような気もしますが・・。
球根植物は植えっぱなしで手間要らずなので、いろいろ求めて植えていますが、やはり植えっぱなしだと株が細って終に消えてしまってます。半日陰は増えている所為もあるようですが。。
歩く姿は百合の花で百合は好まれますが、中でも白は清楚で爽やかですね。
カノコユリにも白があると知り、初めて育てましたが、今日も咲いていて涼しげです。猛暑日は白や青の花が涼しげですよね。
ミニミニ放送局 さんへ
2007/08/15 23:00
庭のユリ・その5・カノコユリ(鹿の子百合)2種 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる