一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイビスカス・「スピカ」

<<   作成日時 : 2007/08/09 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


夫が昔、屋久島土産で貰って来た普通の赤いハイビスカスが一鉢あるが、2年くらい花が咲いて、その後何故か何年も花が咲いていない。
本を見ると、ハイビスカスの花は新枝咲きなので、剪定した新しい枝に咲くとあり、また生育旺盛なので植え替えもしないと花が咲かないようだ。

画像

「剪定して植え替えた方が花付が良いのに」と夫にアドバイスするが、「自生地では、ほったらかしで剪定されずに大株となり、自然状態で花が咲いている。」と頑固に主張する。
私が剪定すると嫌がって手が出せない。

画像
    <2006/6/29撮影>

そこで自分用のハイビスカスをおと年求めて来た。それは従来のトロピカルな真っ赤な感じでなく、矮性のもので白地に赤のぼかしの入った珍しい花色だった。
銘が「スピカ」とあり、別名フィジアン・ホワイトで、従来の赤く大きなタイプとは違って、直径7cmくらいのコンパクトで育てやすい品種だ。
ハイビスカス‘スピカ’ 2006/07/25

画像

株が小さいながらも元気で花が付き、その後冬越しも上手くいって、今年も順調に何輪か花が咲いている。だが柔らかく艶のよい葉は、虫も食べるようだ。
優雅で華やかに咲いても一日花なので、翌日には散って惜しい花だ。
この花のオシベは長く筒状になっており、メシベはオシベより長く、花弁は5枚だ。

画像

管理としては1年中日光が当る場所だが、冬場は5℃以上が必要で室内だ。
経験から、夏場に高温多湿で熱帯夜が続くと株が弱ってくるので、涼しい所で管理したほうがよさそうだ。

夏場次々と花を咲かせるので、この花は肥料を好み置き肥と夏場の液肥を切らさないように管理しなくてはいけない花だ。去年は7月中旬から9月まで何度か花が咲いてくれた。

画像


去年も書いたが、ハイビスカスはアオイ科の植物で、似たような花が咲くものに、ムクゲ、ワタ、タチアオイ、ケナフ、オクラなどがあり、葉が桑に似ているので和名でブッソウゲ(仏桑華)と呼ばれているそうだ。
ハワイでは州花、マレーシアでは国花となっていて、またその赤いハイビスカスの花色がお茶としても人気である。

画像


以前、ブルーハイビスカスと言う濃い紫色の優しい花を育てたが、ハイビスカスはアオイ科だが、ブルーハイビスカスはアリオギネ属で葉がキクの葉のようだった。綺麗な花だったが、寒さで駄目にしてしまった。
また去年、8月にこの「スピカ」以外にも黄色い花色を求めて育てて10月まで開花していた。だが冬場室内管理で枯らしてしまっていたが、温度差が原因だろうか?

画像
  <去年のハイビスカス(冬場枯らしてしまった):2006/10/16開花>

花屋では、今花色の珍しいタイプや八重、2段咲きタイプ、ミニの花タイプ、そして室内でも開花するインドアハイビスカスも出回っている。


昔南国の徳之島に遊びに行った時、大株となったハイビスカスとブーゲンビリアが強烈な真夏の太陽の下に花を咲かせていた。
そこには丁度ハブも枝に巻き付いていて、思わずぞっとなった。
真っ赤なハイビスカスはハワイの青い海に良く似合う花だが、この白地に赤のぼかしは日の丸イメージがある。

画像


「村人にハイビスカスの長き舌」(有馬朗人)

「夜の道蛍籠持たる女らがすれちがいざまの蛍のにほひ」(佐佐木信綱)


<ハイビスカス‘スピカ’>
学名 Hibiscus rosa-sinensis Hibiscus
アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属
別名:フィジーホワイト、フィジアンホワイト
落葉低木
開花期:5〜10月

「寝苦しき熱帯夜の明く朝光(かげ)に白地に赤のハイビスカス咲く」

「街中に白より黒のパラソルの増えて科学の常識変る」

「芯赤く燃え立つ白の仏桑華真夏の太陽頭上にありて」

「昨日咲くハイビスカスの華やかなる花の空しく今朝は開かず」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「昨日咲くハイビスカスの華やかなる花の空しく今朝は開かず」毎日のように咲いているハイビスカス。」ちょっとお休みもしたいね。
はなはな
2007/08/09 22:43
 一花さん、原色の艶やかなハイビスカスも南国の風情で、いかにも夏らしい花ですが、このやさしい淡い色のハイビスカスは、またいい雰囲気で涼しげですね。スピカは乙女座の星で真珠星とも呼ばれるようですね。
 うちでも奄美大島からきた、やさしいピンクのハイビスカスが咲きだしました。やや小ぶりですが、良いものですね。
なおさん
2007/08/09 23:00
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
毎日咲く花も疲れるのでしょうか?
槿も一日花で同じ仲間ですが、花弁も5枚で似てますね。
アオイ科の花は一日花が多いのでしょうね。芙蓉も似てますが、まだ蕾のようですね。。
はなはなさんへ
2007/08/10 00:08
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
原色の真っ赤なハイビスカスは、夫が好みのようですが、花咲かずに・・。
この矮性のものは、小さいながらも花付がいいのですよ。可愛い花でお気に入りです。スピカは麦の穂の意味もあるそうで、乙女座の首星だそうですが、何故こんな銘なのでしょうね〜。
お姉さまの所からランやハイビスカスも送って下さっていいですね。
奄美にはまだ行ったことがないのですよ。小ぶりで小さいのが可愛らしいくていいですね。冬場大変ですけどね・・
なおさんへ
2007/08/10 00:16
一花さん、今日のハイビスカスに付いての記述で隣の息子のハイビスカスも最近咲いて居ないのを思い出しました。植えかけもしないし。刈り込みの市内からですね。すごい沢山の種類ののハイビスカス見せて頂きました。
彦左
2007/08/10 20:23
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
夫の真っ赤なハイビスカスには、何故か花が此処何年も咲かないのですよ。夫に剪定と植え替えをアドバイスするのですが、頑固なんですよね〜。実は冬場も外に置いていたのですよ。屋久島の山の上では雪が降るのに、ハイビスカスは外でも耐えている??とか言って。。。
でも枯れそうになって慌てて室内に取り込んでいましたよ〜〜。よっぽど大事にしたいのでしょうかネ。
私の求めたものは、剪定植え替えしていますので、今年も小さいながらも花が何度も咲いてくれています。黄色は去年咲いて、今年の冬の室内でか枯らして残念でした。今年また違う種類をとも考えますが、鉢が増えるので、ぐっと我慢しています〜。熱帯のものは根が生育旺盛で花付もいいので、植え替えた方がいいようです。
息子さんのハイビスカスも次に開花すればイイですね。
彦左 さんへ
2007/08/10 22:48
父に何度もハワイに連れて行ってもらって、とってもハワイのイメージが強いハイビスカス。大好きなんですよ。宮古ではアカバナと言って、父も大好きな花でした。 黄色、真っ赤な花が特に好き。今は実家にありますが、そのうち赤をもっと増やしたいと思っています。髪にさしていますよ。
mint
2007/08/14 05:18
mintさん、昨日の早朝からのコメント有難うございます。都合でお返事遅れました。
お父様とご一緒にハワイに何度もお出かけされたそうで、思い出のお花なんですね。ハワイの州花ですが、真っ赤な花には青い海が似合いますね。
華やかで美しい花ですが、一日花ですので惜しいです。
実家で育ててらっしゃるとのこと、たくさん咲かせてくださいね。
うちの赤はちっとも咲きません〜。
昔、歌手の日野照子と言う方が、髪に挿してハワイアンを歌ってらっしゃいましたが・・。
mint さんへ
2007/08/15 22:37
ハイビスカス・「スピカ」 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる