一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS マーガレットコスモス 

<<   作成日時 : 2007/09/07 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

去年の秋にポット苗で求めて鉢に寄せ植えしていたマーガレットコスモス。
小さい苗だったので、ミニバラの鉢に一緒に寄せ植えしていた。

画像
      <2007/1/13撮影>

暖冬の影響か、冬の間も枯れずに12月頃から今年の1、2月も小さな花を付けていた。

画像

その後も絶え間なく花を咲かせ続け、この炎暑には黄色の花色が眩しかった。

画像
       <2007/5/16撮影>

これは昔育てたユリオプスデージーの花似だったので、てっきりユリオプスデージーの一種と思い込んでいた。

ユリオプスデージー(季節の花300さまHP)

画像
     <マーガレットコスモス>

普通ユリオプスデージーは秋から出回って冬の間も花を咲かせ、シルバー色の葉に軟毛が生えて丈夫で花期が長い。
ユリオプスデージーは南アフリカ原産のキク科ユリオプス属 で、半耐寒性の常緑だ。
暖地では露地栽培として冬を越し、冬の花壇に植えられて開花しているのを見かけ、大きくなって木質化している。
我が家では昔、花壇に地植えたものを寒さで枯らしてしまった。

画像

ユリオプスデージーと思っていた我が家の花は、葉が白くなかったので調べて見るとマーガレットコスモスと言うものだった。

さて、このマーガレットコスモスも同じ南アフリカ原産のキク科で、属がステイロディスカス属 とある。
花はユリオプスデージーに良く似るが、葉が普通の緑葉だ。
これも南アフリカ原産だが、暖地では地植え可能で冬場も開花する。
うちの近所でも花壇で大株となって木質化しており、草姿からして我が家と同じ頃に植えられたようだ。
画像
   <2007/8/25撮影>
            
我が家のものは鉢の寄せ植えにしてあるが、こんなに元気に大株になるとは思いもよらなかった。
草丈も乱れて来たので、切り戻りも必要なのだろうか?
花付はまーまーのところだが、他所で見たらもっと立派だった。

画像

やはり南アフリカ原産なので夏の暑さにも強いし、花も次々と咲いて丈夫で長持ちしている。

夏場に見ると黄色い花色は暑苦しくて欝陶しい感じだったが、これからはこの黄色い花色が元気を与えてくれるようだ。

何時までこの花は咲くのか随分花期が長いが、花後は枯れずに今年も越冬してくれるだろうか?
台風一過の明日はまた残暑が厳しいようだが、うちでは台風惨禍もなく、また穏やかな日々が送れて有難いことだ。

画像


追記:このラベルが9月9日に出てきて、やはりユリオプスデージーと書いてあり、その下にマーガレットコスモス「イエローエンジェル」とあった・・・。


「はなびらの恋占ないのもどかしさマーガレットの白いはなびら」(鳥海昭子)

「空たかくコスモスゆれる花原(はなはら)をほそほそと行き来る道がある」(々)

「台風の水禍ここまで壁の線」(田中康雄)

「肉眼で見ることの無き台風眼」(福田万紗子)


<マーガレットコスモス>
キク科ステイロディスカス属
学名:Steirodiscus euryopoides(=Gamolepis chrysanthemoides)
原産地:南アフリカ
別名:ガモレピス 、イエローエンジェル
常緑低木(半耐寒性)
花期:5〜11月
性状:耐寒性、耐暑性あり、過湿を嫌う
草丈;40〜50p

 
「台風去る庭の草花乱れなく倒れし一本ブッドレアの木」

「サルスベリ花の赤くも散り敷きる昨夜の台風今朝は過ぎ行く」

「野分去る庭の草木の雨含み緑葉重く枝枝撓う」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
コスモスはキク科なんですね。マーガレットコスモスはしっかりキク花風情。
9号台風が何事もなく通過してよかったです。広い庭でブッドレアだけが旧風に煽られて倒れていた情景が眼に浮かんできました。一花さんが台風まで早速詠みこんでしまうのに驚いています。大いに学ぶべしです。
<久しぶりだな 直撃台風>
<寝耳に水の ホームレス>
目黒のおじいちゃん
2007/09/08 05:26
おはようございます。今日は寝坊して今起きたところです。庭を一巡り、お仕事たくさんです(笑)今日は庭でのんびり過ごそう〜「はなびらの恋占ないのもどかしさマーガレットの白いはなびら」(鳥海昭子)恋占い子供のときはしたけど、今もまたしてみれば、あ^あ誰との恋かなととまどうなあ(笑)「サルスベリ花の赤くも散り敷きる昨夜の台風今朝は過ぎ行く」一面に散る花びらが染める百日紅でしょうか
はなはな
2007/09/08 07:23
おはようございます。
キク科のお花の、開き始めは、何と美しく優雅なのでしょう。
勿論、咲いた花が風に揺れる、姿の美しさも知っていますが、
こうして、開いていく様子を見させて頂くと、
余計愛おしさが増します。素敵な写真ですね。
chiemi
2007/09/08 09:02
街でも大きくなったこの花を見かけますしキバナのマーガレットと思っていましたが、マーガレットコスモスという名前があるのですね、年末から咲き続けいいるというのは又なんとも長期間で花の代表選手のような花ですね。
OSAMI
2007/09/08 09:05
今日の花、マーガレットコスモスですね。
葉を見ると、白い5月頃に咲くマーガレットに良く似ていますね。
ユリオプストデージーの葉とは色も形も違うような・・・・。
春先のマーガレット、咲き終えるとばっさりと根だけ残しきっています。毎年新しい葉がでて咲いてくれますので、マーガレットコスモスも多分切っても大丈夫なのではないでしょうか。
もうコスモスの季節ですね。コスモスの花も大好きです。秋風に揺れるコスモスが早くみたいですね。
山口百恵さんの歌った”コスモス”大好きな歌。口ずさむと、感無量になって、胸がいっぱいになります。詩の情景が母を思い出すからです。
にりんそう
2007/09/08 09:36
 一花さんちは黄色が鮮やかなマーガレットコスモスの花が見頃なのですね。地元の駅のそばにも、この花を植えてあるうちがあり、やはりながなが咲いています。
 南アフリカは花の宝庫で、いろいろな新しい花が出てきますね。ユリオプスデージーは、葉の感じがずいぶんちがいますが、花の雰囲気は似ていますね。
 やはり、一花さんも花びら占いとかしたのでしょうか?
なおさん
2007/09/08 10:28
一花さん、このマーガレットコスモスは近所でも見かけます。
葉っぱも同じ様なので間違いないと思います。夏場黄色もいいですね。
最初は寄せ植えにされたのが群生になってますね。黄タテハ蝶ですか?
綺麗に撮れてますね。
彦左
2007/09/08 12:30
目黒のおじいちゃん、こんにちは。コメント有難うございます。そちらの台風被害如何だったでしょうか?
うちは、早々と非難させたり、大物の鉢は最初から倒していましたので、地植えの藪になっていたブッドレアだけが45度ぐらいに倒れていました。
これはマーガレットコスモスだそうで、キク科です。花はキバナコスモスにも、また花と葉が春菊にも似ていますよね。
マーガレットは別名が「木春菊」で、大きくなると草だった茎が木質化することからの命名だそうです〜。
コスモスは秋桜で御馴染みですが、淡い桃色の花が群れ咲く様子がまるで優しい桜のようですよね。秋の代表的な花でしょうか?調和、宇宙の意味があり、均整の取れた美しい花ですよね。花も葉も菊のような感じがあります〜。
自由俳句もまた頑張ってらっしゃいますね。
目黒のおじいちゃん へ
2007/09/08 17:22
はなはなさん、こんにちは。コメント有難うございます。
何時も4、5時に起床なさるようですが、7時だとごゆっくり〜だったですね。台風一過で今日はまた暑いですね。
庭の後片付けなど、お仕事が一杯で大変でしょうね。
「はなびらの恋占ないのもどかしさマーガレットの白いはなびら」鳥海さんはマーガレットで恋占いでもされたのでしょうね〜。花言葉の「恋占い、真実の愛」から歌を詠まれたのでしょうね。
白い清楚なマーガレットだと花言葉も頷けますが。。黄色い、このマーガレットコスモスの花言葉は何でしょうね?黄色は明るく元気なイメージですよね。はなはなさんも、「どの花見ても綺麗だな〜」のご心境で迷われることでしょうか?(^_^)/~ 光源氏?並〜にモテモテでらっしゃいませんか????
今、2本のサルスベリの花が満開ですが、台風で昨日の朝一面、赤く散り敷かれていました。


はなはなさんへ
2007/09/08 17:33
Chiemiさん、こんにちは。
キク科の花は、整っていて横から見ると特に綺麗ですよね。花びらも結構多く、蕾から開くさまも好ましいですよね。
本で見ると、キク科って一番たくさん花があるようで、山と渓谷社の「日本の野草」の本には、118ページも渡って画像がありトップです〜。
今日は残暑が厳しいでしたが、23日を過ぎるとコスモスや野菊が優しい風情で秋風に揺れ、秋も少しづつ深まっていきますね〜。
chiemiさんへ
2007/09/08 17:39
0SAMI さん、こんにちは。コメント有難うございます。
この黄色いマーガレットコスモスは、あちこちで見かけますよね。花期が長くて夏の暑さにも丈夫で重宝しております。
私は、ユリオプスデージーの色違いかと思ってました。調べて見たら、流通名が「マーガレットコスモス」だそうですが、店屋で販売されていたラベルは違っていたようでもありまりますが・・。
キバナコスモスにも似ますが、キバナコスモスは花びら枚数が少なくて、縁に切れ込みがあるようです。
OSAMI さんへ
2007/09/08 17:41
にりんそうさん、こんにちは。今日はまた台風一過で暑い一日でしたね。この黄色い花色が恨めしくなるようでした〜。
小さな苗で求めた時、ユリオプスデージーの葉の色違いかと思っていました〜。咲いて来た花もそっくりでしたし、でも調べて見たら、マーガレットコスモスとあり、聞いたことがないようで、今でもちょっと??です〜。花屋さんのラベル名は違った感じでしたが?
春のマーガレットは今年地植えで上手く咲いてくれましたが、花後剪定したら、夏場に蒸れて枯れた状態です。植物を植えすぎて風通しが悪いようです。鉢だと置き場所を変えたりできますので、これは大株になってうまく育っているのでしょうね。それに植物自体が夏に強くて逞しいですし・・。花後短く剪定して様子を見ますね。アドバイス有難うございます。
先日、土手にはキバナコスモスが咲いていましたが、やはり優しい桜色したコスモスが素敵ですよね。山口百恵さんの「秋桜」は国民的名曲となり、さだまさしさんの詩も曲もしっとりとしていますよね。聞く度に、嫁いだあの日の色々な思い出が蘇りますよね。

にりんそうさんへ
2007/09/08 17:43
なおさん 、こんにちは。コメント有難うございます。
これはあちこちで見かける花で、ユリオプスデージーの葉の色違いと思っていました。株も大きくなり花姿もそっくりですし〜。同じ南アフリカ原産ですが、寒さにも強いのですね。ユリオプスデージーは葉裏に毛が生えているようで厚葉でしょうか?それでもっと寒さにも強いのでしょうね。
このマーガレットコスモスと言う植物名は初めて聞きます・・。
生まれた時は身体が弱く、何時も病気ばかりしていましたので、その後は親戚の男の子たちと一緒に外で遊んでばかりいました。少女用の本より、少年雑誌の方が宇宙やロマン、剣術などスケールが大きく夢があるようで、とっても面白いでしたよ。花占い遊びは、したようなしないような??
なおさんこそ、お姉さまと一緒に遊ばれて女の子遊びなさいませんでしたか??フシグロセンノウの膳遊びとか、花占いとか?
なおさん へ
2007/09/08 17:47
彦左さん、こんにちは。コメント有難うございます。
この花はあちこちでよく見かける花ですよね。花がユリオプスデージーにそっくりですが、葉が白いのはユリオプスデージーで、緑葉がこのマーガレットコスモスだそうです。
去年の秋に小さなポット苗で求めたのですが、今では元気で大株ですヨ。
地だともっと大株になっているところがあります。蝶はシジミ蝶で、この頃たくさん飛んでいます〜。

彦左 さんへ
2007/09/08 17:49
 こんばんは、台風の花への影響もあまりなく、ホッとしましたね、マーガレットコスモスのブログをみせていただき、”あら、そういえばmyHPのマーガレットコスモスは、ユリオプスデージーになってしまっているわ”と気が付きました、良かったです。きょうのブログで拝見した”タヌキマメ”初めての名前です、ほんとに一花ガーデンはたくさんのお花を楽しませていただけます。
いけちゃん
2007/09/08 22:29
こんばんは。そちらの方では台風の影響がなくて良かったですね。
黄色い花のこれはユリオプスデージーとばかり思ってました。これがマーガレットコスモスと言う名前だと最近知ったのですよ〜。葉がシルバー色の葉色違いだとばっかり〜〜。先程見せて戴いたのですが、そちらのマーガレットコスモスも鉢管理されていて相変わらず花付が良く、ガーデニングお上手ですね〜^。
タヌキマメ(狸豆)って面白い山野草があるものですね〜〜。山野草店に行って、覗くのがこの頃楽しいです〜。育てられないのですが、見ると手元で一度花を見てみたいのです〜。何時も枯らしてばかりで植物には悪く、ごめんなさい〜ですよね。
いけちゃんへ
2007/09/08 23:15
マーガレットコスモス  一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる