一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS パキスタキス

<<   作成日時 : 2007/10/01 19:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

鉢で育てている熱帯植物のパキスタキス。
パキスタキス2005/07/14
パキスタキス 2006/08/16

画像

越冬には5℃以上確保しなければいけなくて冬場には室内管理だが、12℃以上あればいつでも開花するので、温室などでよく見かける花だ。

画像

その黄色い花穂が良く目だつが、その花穂は苞と呼ばれ、実際の花はその黄色い苞の中から出てくる白く細長い花だ。

画像

白い花が順次苞の下から出てきて、花期が随分長く見える。
花の中から出てくる蕊の先を良く見ると、緑っぽいものだ。

画像

正式名はパキスタキス・ルテアで、別名がウコンサンゴ(鬱金珊瑚)と呼ばれる。
これはキツネノマゴ科で、花はキツネノマゴには似ていないが、花穂状の穂状花序と呼ばれる苞を狐の尾に喩えられ、花は一斉に咲かず、1〜2個ずつ順番に咲くのがキツネノマゴ科特有のようだ。
キツネノマゴ(狐のまご):植物園へようこそさまHP

我が家で今まだ開花している、クロサンドラ、及びクロサンドラ・リフレブルーも属は違うが、同じキツネノマゴ科でその苞と花の咲き方がよく似ている。
クロサンドラ・リフレブル−2007/08/06
クロサンドラ 2007/08/23
画像
       <クロサンドラ・リフレブルーの苞>

「パキスタキス」と言う名前は余り聞きなれない言葉だが、『ギリシャ語で厚いを表わすパキス(Pachys)と穂(Stachys)から来て、黄色い苞が幾つも重なっている姿から命名された』との記述があった。

画像

この花と同じような苞の中から白い匙のような花の咲くものに、コエビソウ(別名ペロペロネ)と言うものがある。
温室でも見かけるが、最近関東地方でも地植えとしてフェンスに這わしてあるようだ。
これも同じキツネノマゴ科であるが属が違う。
コエビソウ(小海老草):植物園へようこそさまHP

今日から、天高く馬肥ゆる秋ということで10月がスタートし、一昨日、昨日そして今日もまた肌寒い一日だった。
熱帯の黄色い花が庭で明るく鮮やかに異彩を放っているが、また暖かい太陽と青空が恋しくなってきた。

画像


「秋彼岸すぎて今日ふるさむき雨直(すぐ)なる雨は芝生に沈む」(佐藤佐太郎)

「十月(かむなずき)時雨に逢へる黄葉(もみじば)の吹かば散りなむ風のまにまに」(大伴池主)

「真萩散る庭の秋風身にしみて夕日のかげぞ壁に消えゆく」(永福門院)

<パキスタキス・ルテア>
キツネノマゴ科パキスタキス属
学名:Pachystachys lutea
別名:ウコンサンゴ(鬱金珊瑚)、パキスタキス、パキスタス、ゴールデン・キャンドル
原産地:ペルー、ギニアなどの中南米、西インド諸島
性状:樹高(90〜120cm)、常緑小低木、
管理:日当たり、最低温度5℃以上、生育適温は15〜25℃程度、12℃以上で開花。
   肥料を好む。株を殖やすには挿し木。

「太陽と青空見ぬまま黄の花のパキスタキス咲く十月朔日」

「郵政の民営化となり少しだけ遅れて届く我が家の郵便」

「肌寒き秋霖の中黄の花の庭に明るむパキスタキスは」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
「十月(かむなずき)時雨に逢へる黄葉(もみじば)の吹かば散りなむ風のまにまに」(大伴池主)秋と雨と木の葉にも心をかけていますね。
「郵政の民営化となり少しだけ遅れて届く我が家の郵便」もう民営化の影響ありかしら?新しい日本の象徴となるか、それとも、失敗かと
はなはな
2007/10/01 21:21
一花さん、これこそ随分変わった花ですね。鉢で育ててられるとの事ですがかなり大きな鉢ですか?すごい量の花です。黄色いのが花と見てましたが違うのですね白く細く突き出て居るのが花ですか。大変面白いです。やはり熱帯の花らしいですね。
彦左
2007/10/01 22:35
本家のキツネノマゴは目を凝らさないと良く見えませんが、こちらは大きそうですね。黄色の苞が綺麗ですね。キツネノマゴはこれが黒と緑色(?)で損をしている。やはり花も派手でないと損ですね。
デコウォーカ
2007/10/01 23:36
はなはなさん、こんばんは、コメント有難うございます。
万葉の歌は無理なくすらすらと詠われており、読み手にも伝わってきますよね。昔の人は自然の葉の色にも季節をしっかり捉えて四季折々を感じでいますよね。こんなにすらすらと詠いたいものです〜。
今日は民営化の影響でなく、イベントで遅くなったのではと思っています。日本でも過疎化の場所では、郵便が遅くなるようですね。一体どうなるのでしょうね〜〜。
はなはなさんへ
2007/10/01 23:48
彦左 さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
これは熱帯の花ですが、そんなに大きな鉢ではないです。
黄色いものは花でなく苞だそうです。随分目立った花ですが、雨の日は黄色が鮮やかに見えます。此処連日寒いですが、花も寒そうに見えます〜。
神代植物園の温室でも大株を見ましたが、画像がボケて此処にアップできませんでした。
彦左 さんへ
2007/10/01 23:53
デコウォーカーさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
本家のキツネノマゴをそちらで以前アップされてましたが、お花は似ませんね。苞の部分と、花は一斉に咲かず1〜2個ずつ順番に咲くのがキツネノマゴ科特有のようで、そこが似ますね。
あのキツネノマゴと違って、黄色い苞で随分得をしている花のようです〜。蕊の先が黄緑ですが、黄色い苞と色違いすることでお洒落?しているのか、虫を呼ぶためか分かりません。お花も工夫しているようです〜。

デコウォーカ さんへ
2007/10/02 00:00
 一花さんちではパキスタキスの花が見頃ですか?今年は南国の花は暑さが続きましたので、ふるさとにかえったような気分でしたでしょうか。
 温室のなかではよく見かけますね。

 うちでは育てたことがないのですが、コエビソウは何株か元気に育っています。

 きゅうにすずしくなりましたので、やや風邪気味ですので気をつけませんとね。
なおさん
2007/10/02 00:03
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。これはキツネノマゴとの関連が思いつかなかったのです。花は似ないですが、苞の部分と花が一斉に咲かず1〜2個ずつ順番に咲くのがキツネノマゴ科特有のようですね。
神代の温室でも立派なものを見かけましたよ。画像がボケでした。
そちらではコエビソウが咲いていますか?
この時期、うちではハイビスカスも元気に咲いていますよ。
今年は暑い暑いと言っていたのに、急に寒くなっていますね。風邪気味でらっしゃいますか?それは大変ですネ。ハーブティー(カモミールの牛乳割り)でも飲まれて、早寝されてください。
なおさんへ
2007/10/02 00:16
バキスタキス・・・どこかで聞いたような名前です。
花の様相は、ベロペロネという花(えびそう)にそっくりですね。
でも葉が全然違います。色も薄いオレンジ色かオレンジに近い赤です。
今我が家でもベロペロネがたくさんの花が咲いています。花期も長く気が付くといつでも咲いています。
一花さんは、本当にいろいろなお花を育てていらっしゃるのですね。
にりんそう
2007/10/02 06:24
この花もベロベロネも苞の方に眼が行きますよね、沢山元気に開花していますが株は一個なのでしょうか?、この花と少し似ているダニア(アフェランドラ)を以前枯らした事がありますけれど、冬の管理は大変では有りませんか?。
OSAMI
2007/10/02 11:15
パキスタキスは苞がコエビソウに似ていますね。
ご近所で、コエビソウの背が高くなった赤い苞を良く見かけます。
急に寒くなりましたね! 
これから温度管理の必要な花たちのお世話に気をつけなくてはならない時期ですね。
やまびこ
2007/10/02 18:34
にりんそうさん、こんばんは。早朝からコメント有難うございます。
皆さん、コエビソウは馴染みでらっしゃるようですが、にりんそうさん宅でも花が今たくさん咲いていますか?それも結構花期が長いようですよね。
神代の植物園の温室でも見ましたが、横浜辺りでは外のフェンスに這わしてある所もあるようです。
育てた事がないものは見ると欲しくなって、後先考えず鉢が増えて困っています〜〜。(~o~)
にりんそうさんへ
2007/10/02 21:07
OSAMI さん、こんばんは。何故これがキツネノマゴ科なのかな?と判らなかったのですが、苞の感じと花が下から順次咲いてくのが特徴なのでしょうね。随分これは花付がいいですが株はひとつです。
ダニア(アフェランドラ)は私も去年求めて育てましたが、独特の葉で目だちますよね。そして黄色い苞も似ていますよね。今年は外に鉢を置いてあります。まだうちは枯れずに大丈夫のようですが、花が咲かないです〜。
そちらでは枯れてしまいましたか?残念でしたね。
これは他のものと比べて5℃以上と冬の管理は楽で、葉が散っても翌年しっかり出ていますよ。私が枯らさす何年も育っていますので、意外と丈夫だと思いますよ。
OSAMI さんへ
2007/10/02 21:10
やまびこさん、こんばんは。お久しぶりです〜。九州の方は残暑が厳しいようですが、こちらは11月初旬の季節で、寒い?ですよね^。
皆さんコエビソウは馴染みでらっしゃいますね。同じキツネノマゴ科だそうですが、そちらはエビのように赤い苞ですよね。この頃地植えされているお宅もあるようでブログでも屡見かけますよ。こちらより耐寒温度が高いのかもしれませんね。こちらも5℃以上で、結構管理しやすいですよ。
熱帯の花が多く冬場室内管理ですので、この頃鉢物の管理もしんどくなっています。でも見るとつい買って毎年増えるようです^^。
やまびこ さんへ
2007/10/02 21:13
パキスタキス 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる