一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS フウチソウ(風知草)

<<   作成日時 : 2007/10/12 21:49   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 21

画像

ガーデニングとして出回っているフウチソウ(風知草)。
笹の葉みたいな細い葉で、一見するとただの草のようだが、僅かな風でも揺れて風を知る草として草姿が柔らかく自然の感じだ。
画像
       <2007/4/28撮影>

求めた当初から何年も同じ鉢管理だったので年々株が大きくなってきて、去年地上部が枯れてから一回り大きな鉢に植え替えた。
冬場枯れても春には新しい芽が出て、これは枯れることなく丈夫で育っている。
ウラハグサ(フウチソウ)2006/08/10

画像

長い茎についた緑の葉が涼しげに揺れて風を知らせてくれ、風知草と言う名前からも涼風が吹いてくるようで、玄関先に一鉢置いたこれが暑い夏場心癒してくれた。

江戸時代には「裏葉草」として本でも知られていて、基部が捩れて葉の表面が下側となり裏面が上になる。それで裏葉草と呼ばれていたそうだ。

画像

これはイネ科ウラハグサ属で、関東から近畿にかけての太平洋岸の限られた場所にだけ生える日本特産で1属1種だそうだ。
学名は Hakonechloa macra、「箱根の草」の意味で、原生地の箱根の地名をとって牧野博士が命名したと言う。
山地の崖や渓谷の巌に群生して垂れ下がって自生地しているらしい。

葉に黄色い斑入りのものをキンウラハグサ。白黄の斑入りをシラキンウラハグサという。春先には黄色い斑入りだったのに、何時の間にか黄色い斑が消えて緑が濃くなっている。


画像

日本では盆栽として地味な植物だったが、イギリスのイングリッシュガーデンで持て囃されたのち、観葉植物として日本でも急に人気となったようだ。
鉢とポット苗でも出回っているが、こんな草か?と思われるかも知れない。
洋にも和にもあう便利な植物で、店先などの入り口などでもよく見かける。

画像

イネ科なので9月から葉の先に花穂がたくさん出てきて、ズームで撮って見ると紫っぽい花が咲いていた。これは稲や竹の花にも似るようだ。

おと年まではペットのプレーリードッグが外に出てはこの葉を食べていたが、去年から外に出たがらずに葉が食べられておらず、青々と育っている。
2005/07/20 フウチソウとプレコ

画像





この時期散歩に出ると道端ではイネ科のエノコログサを見かけるが、葉がフウチソウに似る。穂先を見るとエノコログサにも種類があるようで、幾分色形が違っているようだ。
ムラサキエノコログサ(小型で痩せた感じ)、アキノエノコログサ、キンエノコログサなどもあるようだ。

画像
   <ムラサキエノコログサ>
画像

画像



「来む世にはゑのころぐさとわがならむ抜かれるやうに踏まれぬやうに」(大西民子)

「この道を久しくゆきしこともなくてゑのころ草の穂はなびきけり」(長谷川銀作)


<フウチソウ(風知草)>
イネ科ウラハグサ属(1属1種)
学名 Hakonechloa macra (牧野博士命名)
和名 ウラハグサ
別名 フウチソウ
原産地:日本(群馬県から和歌山県にかけての太平洋岸)
花期:8〜10月
性状 :落葉多年草、乾燥に強い。草丈40〜60センチ
葉色:緑・黄緑・黄色・斑入り(オウゴンフウチソウ、斑入りフウチソウ、キンウラハグサなど)

「秋風に葉先の揺れて風知草細き緑葉裏葉を見せて」

「秋の野にえのころぐさの群れ生えて風は穂先に波うち揺らす」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちのフウチソウも穂が出て雰囲気が出てきましたね。プレ子ちゃんに齧られると風情が台無しになってしまいますが、齧られないとは良いですね。知らないひとには、ただの雑草といわれてしまうのですが、昔から風を感じる草として、夏の涼味と秋の紅葉を愛でられて、草物盆栽でもよく使われますね。
 僕もこのフウチソウが好きで、もう20年近く育てています。丈夫なもので年々大株になり、見事ですよね。
 丹沢や三ツ峠の尾根で自生を沢山見ましたが、山のはまた良いですね。
なおさん
2007/10/12 22:07
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。これは観葉植物として夏場涼しい風を運んでくれていましたが枯れずに丈夫ですね。
なおさんはイネ科がお好きでしたが、そちらでは20年近く育ってますか?もう何株も増えているのでしょうね。
山の尾根で自生が見られるのですか?自然の感じでいいでしょうね。
大鉢はいいお値段ですが、ポット苗でも安くで出回ってきましたね。
カシワバアジサイの葉はもう紅葉していますが、これはまだまだのようですね。
なおさんへ
2007/10/12 23:41
フウチソウの花も可愛いものですね。
いつも感心します。水遣りだけでも大変だろうなと
私にはサボテン辺りが良いようです。o(*^▽^*)o~♪

あ・サツマノギク大分大きくなりました。
9月末鹿児島に帰省しました。
ゆう
2007/10/13 00:00
おぉ〜〜ジャスト2007/10/13 00:00
なぜかこんな事もうれしいお年頃です。
ゆう
2007/10/13 00:01
「秋風に葉先の揺れて風知草細き緑葉裏葉を見せて」風知草これだけで嬉しい感じです。この名前が好きです。風を知っているなんて素敵じゃないですか?誰が名をつけたのかなといつも思います。
はなはな
2007/10/13 02:15
イネ科の植物も育てておられるのですね。イネ本来の力からいえば繁殖力も強くて手に負えないような気がいたしますが、鉢植えなら大丈夫でしょうか?
地味でつつましいのが外国で観賞されて日本で見直されるというのが面白い。
目黒のおじいちゃん
2007/10/13 06:21
風知草・・・その名の響きに、惹かれて
気になっているので、時々庭先に揺れている様子を
垣間見ては、優しい草だなぁと、思っています。
chiemi
2007/10/13 08:41
風知草・・・なんて素敵な名前でしょう。
風を知っているなんて、心憎いですね。
なんでもネーミングにこだわる私、とっても惹かれます。
小さな紫がかった花も、かわいらしいこと。
今、私、葉ものに惹かれており、
玄関周りにいくつもの葉っぱのコンポートを作っています。

秋の野にえのころ草の群れ生えて風は穂先に波打ち揺らす・・・・
ああ〜、秋の風景ですね。
何かメランコリーを感じます。
にりんそう
2007/10/13 09:33
フウチソウが元気に育っているし花を付けていて良いですね、裏葉草という名前も面白いですし、アップになっている花穂も紫色とぶら下がったようになっている処が面白いと思います。
OSAMI
2007/10/13 17:59
ウラハグサは何処かで聞いた名前だな、と考えていたら昨年の一花さんのブログで会っていました。フウチソウは忘れていましたが(笑)。イネ科の花をマクロで見ると綺麗ですね。私もススキの花をマクロで見たらこの様な感じでした。
デコウォーカ
2007/10/13 19:12
ゆうさん、こんばんは。お久しぶりです〜。夕べ遅い時間にコメント有難うございます。
毎年鉢が増えて水遣り大変です〜。暑い夏を乗り越えるとまたガーデニングしたくなるのでですよ。サツマノギクそろそろでしょうね。あの時はわざわざ有難うございました。ピンクっぽい花の咲くサツマノギクを見つけて求めたのですよ。開花が楽しみです〜。そちらでも開花したらアップして下さいね。
9月の十五夜行事の頃帰省されたのですね。篤姫ブームでこれから盛り上がってくるのでしょうね。
ジャスト0時、私も同じ数字が並んだりすると宝くじが当ったようで嬉しい気分になります〜。
ゆうさんへ
2007/10/13 22:55
はなはなさん、こんばんは。真夜中の2時過ぎのコメント有難うございます。風地草の説明みたいな歌になってしまいました。風を知っているなんて、素敵な名前ですよね。本によると、中国名は知風草だったとかで風知草とだれかが命名されたのでしょうね。いつもいい加減な即詠ですみません〜。
はなはなさんへ
2007/10/13 22:57
目黒のおじいちゃん こんばんは。コメント有難うございます。これはガーデニングでも人気で、自然の風を知らせてくれるので1鉢玄関前に置いておくと、風情がありますよ。雰囲気が和洋にもあうようです。地植えだと広がるようで、仙台の野草園内では蔓延ってましたよ。
イングリッシュガーデンや外国で持て囃されて日本で見直されるもの(アオキ、ギボウシなど)が多いようです。植物だけに限りませんね。
目黒のおじいちゃん へ
2007/10/13 22:58
Chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
名前と響きがいいですよね。花は地味ですが、草姿が風を知っているって素敵ですよね。裏葉草だったら、こんなに人気とならなかったかも知れませんね。ご自宅でも庭先で揺れて眺めてらっしゃいますか?
夏の涼風、秋風、そして北風の頃は紅葉から枯れてしまいますね。
chiemiさんへ
2007/10/13 22:59
にりんそうさん、こんばんは。コメント有難うございます。
裏葉草だとなんとなくイメージ悪いですが、風知草って名前が風を知っているようで素敵な名前ですよね。裸眼では見えなかったのですが、カメラズームで見たらこんな花でした〜。葉もの、藪ランは常緑でいいですが、これは冬場枯れてしまいます〜。
エノコログサはこの時期、群れ咲いて穂先が輝いて実りの秋の野の風情でよかったですよ。秋はちょっとメランコリーになられますか?これから落ち葉の季節になるとそんな気分ですよね〜^。
にりんそうさんへ
2007/10/13 23:01
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは枯れずに元気で毎年株が増えるようです。手間いらずですが、風を運んでくれるようで、結構和風の店先などでも見かけます。
ウラハグサだとあまり人気がなかったかも知れませんが、風知草のネーミング受けもあるようです〜。眼では見えないですが、カメラズームで撮ると紫の花で綺麗でした。
OSAMI さんへ
2007/10/13 23:02
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
ウラハグサの方がクラシックな感じですが、こちらを覚えてらっしゃったのですね。去年もアップしましたが、1年が早いですね。他の植物は枯らすものが多いですが、これは枯れずに元気ものです〜。イネ科の花ってマクロで見ると似ているようですね。竹とかもこんな感じのようです。ススキのマクロはまだ撮ってないですが、同じなんですね。
デコウォーカ さんへ
2007/10/13 23:04
一花さん、フウチソウ(風知草)浅いグリーンで玄関に置くと涼しそうでいいでしょうね。エノコログサは沢山ありますね。
彦左
2007/10/14 19:10
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます
フウチソウは一鉢玄関にでもあれば自然の感じで柔らかく涼しげでいいですよ。冬場枯れてしまいますが、春にはまた柔らかい葉が出て丈夫です。
エノコログサはこの時期あちこちで見ますが、穂の色が種類によって違うようですね。
彦左 さんへ
2007/10/14 23:43
思い立って、40年余り前に読んだ宮本百合子の「風知草」を近くの図書館から借りて読み始めたところです。「そうだ、ネットには小説『風知草』に触れた情報があるかも知れない」と気づき、ネットにアタックしました。
大阪のヒラク
2008/02/18 21:47
思い立って、40年余り前に読んだ宮本百合子の「風知草」を近くの図書館から借りて読み始めたところです。「そうだ、ネットには小説『風知草』に触れた情報があるかも知れない」と気づき、ネットにアタックしました。
大阪のヒラク
2008/02/18 21:47
フウチソウ(風知草) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる