一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS スミレイワギリソウ(菫岩桐草)

<<   作成日時 : 2007/10/17 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

イワタバコ科のイワギリソウの仲間に、まるでスミレのような花を咲かせるものがあり、育てて見たいと思って開花株を求めた。
名前はスミレイワギりソウ(菫岩桐草)だが、葉は表裏イワギリソウ独特の毛があり、花茎・ガクにも細かい毛が生えている。
花は直径1cm位の濃い紫色の菫色で形は菫似だが、後ろの距と言うのがない。葉は小さくスミレの葉のようで、草丈も5cmくらいだ。

画像

セントポーリアも同じイワタバコ科で良く似ているが、このスミレイワギリソウは中国原産のものだ。
イワタバコ科58属463種中、中国には27属375種(2005年発表)もあるそうで、その中からスミレイワギリと呼ばれるものが日本には昭和8年に導入されたそうだ。(山野草本より)
本で見るとスミレイワギリは中国山地の道端では岩陰のあちこちで簡単に見られるとあるが、日本に持ち帰ると栽培が難しく誰も成功しなかったそうで栽培棚から消えたそうだ。
そのスミレイワギリはポエア・ヒグロメトリカとも呼ばれているが、現在スミレイワギリとして流通しているものは、ペトロコスミア属のものだそうだ。

画像

日本で入手できるペトロコスミア属のものは5種ほどあるようで、P.グランディフロラ(P. grandiflora)、P.フラッキダ、P.ネルウォーサは美しいとある。我が家のものはP(ペトロコスミア).フラッキダのようで、求めたこのラベルには「スミレイワギリソウ(菫岩桐草」と最後に「ソウ(草)」が付いていた。

イワギリソウは手の届かない高い岩場の湿気のある場所に生息しているそうだが、毛の多い葉や花の形がキリを思わせ、岩上に生えるのでこの名が付いた。
画像
     <花のガク、裏の様子>

ネットで調べると、スミレイワギリソウも結構出回っているようで、関東地方でも地植えしてある所があった。耐暑性も高くベランダでも楽に夏越しできるようで、栽培も容易で人気が高まっている。耐寒性もあり冬場は休眠するようだ。
雲南省西北部から四川省西南部にかけて分布し、3000m級の高山に生え、これは学名の「ペトロコスメア・フラッキダ」としても流通しているようだ。

画像

おと年から我が家で育てていたセントポーリア(別名アフリカスミレ)は冬越しして2月に開花したが、この夏に枯らしてしまった。
セントポーリア(ドリー)2007/02/28
画像
        <セントポーリア:2007/2/28撮影>

だが、去年から育てているウンナンイワギリソウ(雲南岩桐草)は今年はたくさん花を咲かせて、今また新しい葉が出ている。
ウンナンイワギリソウ(雲南岩桐草)2007/08/31
画像
   <ウンナンイワギリソウ:2007/8/20撮影>

葉はウンナンイワギリソウの方が厚くて大きく、本来のイワギリソウに似るようだ。

画像



「秋の日のあかるき空のもとを行く人あらはにも小さなるかな」(金子薫園)

「ゆく秋の川びんびんと冷え緊まる夕岸を行き鎮めがたきぞ」(佐佐木幸綱)

「滝しぶき浴びて涼しきイワタバコさみしげにして細かく揺れる」(鳥海昭子)

<スミレイワギリソウ(ペトロコスメア・ フラッキダ)>
学名:Petrocosmea flaccida
イワタバコ科ペトロコスミア属
分布: 雲南省西北部から四川省西南部(海抜約3000m)
開花期:9〜10月


「紫の小花可憐に咲き揃う初めましてと菫岩桐草」

「異国より遥遥運ばれ岩桐草菫の花似の色濃き紫」

「両手に盛るササゲの豆のいと軽ろく秋日に音立て弾け転がる」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
一花さん、初めて見せて頂いたスミレイワギリソウ(菫岩桐草) です。軸に毛が生えてますね。紫がすごくいいですね。案外大きな花びらの様に見えます。
これもお宅で育てているはなですか?本当になんでもありですね。
彦左
2007/10/17 20:24
スミレイワギリソウは一番最初の画像を見るとスミレに似ています。最後から4枚目の画像を見ると、セントポーリアにも似ています。それにしても毛深い花ですね。花びらにも毛が生えているように見えますが。しかし毛と言っても産毛みたいなものでしょうか?産毛ならば、かえって可愛いですね。
デコウォーカ
2007/10/17 21:24
 一花さんちでは、さすがの品揃えでいろいろ育てていらっしゃいますね。スミレイワギリもあるのですか。濃い紫の花がいいですよね。
 セントポーリアの仲間と言われると、なるほど似ていますよね。
 うちでも中国のイワギリソウの仲間をいただきましたが、面白い花型と葉のかたちですよね。
 中国は広く、山も深いですから、まだまだ未知の面白いものがあるのでしょうね。
なおさん
2007/10/17 22:31
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
私も今年初めて求めて、その色深い菫似の花をまじまじと見ました。
ネットで見ると山野草として出回っていて育ててらっしゃるようです。
花びらは1cm位で紫がとても濃く、花が可愛いのですよ。
御花は好きなので見ると育ててみたくなり、水遣りの大変な夏場を過ぎるとまた鉢が増えて困っています〜。
彦左 さんへ
2007/10/17 23:11
デコウォーカーさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
これはイワタバコ科でスミレの花に似るのでスミレイワギリソウになったようです。イワタバコ科のイワギリソウの仲間は葉が分厚く毛深いですよね。セントポーリアも同じイワタバコ科ですが良くご存知ですよね。アフリカスミレとも呼ばれているそうです。花はそんなに毛深くなく産毛のようで、スミレと違って厚みがあります。セントポーリアはどうも相性が悪いようで、こちらが上手く育ってくれるといいのですが。。
デコウォーカ さんへ
2007/10/17 23:13
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
セントポーリアはお花が可愛くて色々求めて育ててきましたが、何故かうまく育たないのです。イワタバコ科のものは何種か育っていて、ウンナンイワギリソウも今年開花して育てやすいようでした。
このスミレイワギリソウは可愛い菫似で花がたくさん付いています。うまく育ってくれるといいのですが。
そちらでもシシンランなど育ててらっしゃいましたよね。そろそろ開花でしょうか?中国はイワタバコの宝庫のようですね。本当のスミレイワギリは本で見ると桃色花で花が茎立ちしてたくさん付いており、葉も大きいですね。
なおさん へ
2007/10/17 23:17
「滝しぶき浴びて涼しきイワタバコさみしげにして細かく揺れる」(鳥海昭子)
「紫の小花可憐に咲き揃う初めましてと菫岩桐草」花の感じ方はどう決まるのかなあと思う。花そのもののときも、自分自身の状態のときもあるんだろうなと。お二人が対照的で面白く感じました
はなはな
2007/10/17 23:22
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
イワギリソウの歌がなかったので、イワタバコの歌は以前出したと思うのですがすみませんまた書きました。イワタバコも滝のしぶきを浴びるような湿気のある場所に生えているそうです。水を弾き飛ばすように毛深いのでしょうか?
人の近寄らない場所に生えてさみしげに感じられたのでしょうね。
これは可愛い菫のようで、初めましてとお辞儀している感じです〜。これから仲良く付き合っていきたいので、是非来年も咲いて欲しいです〜。
お花の感じ方、それを見る場所、背景にもよるのかも知れませんね。
はなはなさんへ
2007/10/17 23:30
スミレイワギリソウの花は1cm位だそうですが、一花さんの画像で見ると、よく撮れていて、特徴がとても分かりやすく参考になりました。
耐暑性・耐寒性があると育てやすくてイイですね。(^_-)-☆
葉っぱがセントポーリアに似ています。
やまびこ
2007/10/17 23:30
やまびこさん、こんばんは。コメント有難うございます。
葉を見なければ、小さな1cm位の可愛い菫そっくりの花です。
ズーム画像で見ると、少し産毛がありますよ。
私は今まで幾つもセントポーリアを枯らしましたが、それと違って耐寒、耐暑性があるようで育てやすいとネットで書いてありました。
セントポーリアの別名はアフリカスミレだそうです〜。同じイワタバコ科で似ていますよね。
やまびこさんへ
2007/10/17 23:39
珍しい花ですね。スミレに良く似ていますがイワタバコ科なんですか。高山植物のようですが平地で栽培できるようになったのですね。
愛らしい花です。
ミニミニ放送局
2007/10/18 10:37
紫の色が、明るく光り、とても鮮やかで綺麗です。
スミレに見間違いますね。それほど可憐です。
わたしも、「はじめまして」と、挨拶させてもらいました。

PS。ヘキサゴンのスザンヌさん。
とっても可愛い方ですが、ビックリしないように・・・
ちょっと、変わった頭脳の持ち主の方です。
ごめんなさい。。。でも、すごく可愛い方ですよ。
chiemi
2007/10/18 10:57
ミニミニさん、こんばんは。コメント有難うございます。
菫似の花でイマワタコ科ですが、イワタバコ科のものはまだまだ知られていないような花がたくさんあるようです。海抜3000メートルの場所に生えるそうで、涼しい所が好きなんでしょうね。他にもスミレイワギリという別種のものが日本に昭和8年に入ってきたそうで、そちらは日本の風土に馴染まなかったそうです。ネットで検索したら、この花を、さいたまでは地植えで育ててらっしゃいましたよ。こちらは性格(性状)?が柔軟で人慣れしやすいタイプ?だったのでしょうね?セントポーリアと違って、丈夫で有難いですよ。セントポーリアも一応別名がアフリカスミレだそうです〜^。
ミニミニ放送局 さんへ
2007/10/18 18:00
Chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。これって紫が濃くてスミレそっくりで可愛いですよね。どんどん増えて欲しいものです。
鉢で出回っていて、小さな菫の花のようなヒナスミレ?とか言うのもありましたよね。(スミレのヒナスミレでなく。ちょっと記憶が・・)

ヘキサゴンのスザンヌさん、変わった頭脳の持ち主でしょうか?発想がユニークっていいことですよね。ピンボケ??(私もその気ありなんです〜。)
TVあまり見ないものですから、そのうち見てみますね。
chiemiさんへ
2007/10/18 18:04
スミレイワギリソウは色が鮮やかで確かに良く見ると小さな毛が付いていて綺麗な花ですね、何となくセントボーリアに似ている感じがします。
OSAMI
2007/10/18 18:09
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
これはセントポーリアと同じイマタバコ科で、セントポーリアはアフリカスミレとも呼ばれますので、何処か似ているのでしょうね。
菫に似ますが、葉や茎や花に小さな産毛があって、イワタバコ科独特です。
OSAMI さんへ
2007/10/18 23:12
スミレイワギリソウ(菫岩桐草)  一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる