一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS スズムシバナ(鈴虫花)

<<   作成日時 : 2007/10/23 18:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像

山野草として、今年地植えで育てているスズムシバナ(鈴虫花)に花が咲いてきた。
春に咲くスズムスソウ(鈴虫草)というラン科の植物があるが、それは鈴虫によく似ている。
スズムスソウ(ヤスコのHPさま)

画像

こちらのスズムスバナはキツネノマゴ科イセハナビ属で山地の林下に生える多年草だ。
以前これもスズムシソウと呼ばれていたそうだが、ラン科のものと混同を避けるさためにこちらはスズムスバナになったようだ。

画像

どんな花が咲くのか楽しみだったが、鈴虫に似ず、薄紫の小さな唇弁の花だった。
開いた花は花期が短く、この時期1日で散っているが、調べると朝には開いて午後に散る儚い花のようだ。
草丈は30〜80センチにもなるようだが、我が家のものはまだ20センチ弱の小株だ。花は枝先について青紫の鮮やかな小花だ。

画像

なぜスズムシバナとなったのであろうか?花びらを鈴虫の羽根に見立てたとかあるが似ていないようで、恐らく鈴虫が鳴く頃に咲くからであろうか?


画像

分布としては近畿以西から四国、九州、朝鮮、中国に生えるものだそうだが、高尾の野草園でも看板が2か所にあってたくさん群生していた。だが花付きのものはそんなになかった。
撮影時間が午後4時前だったので、朝開いた花がもう午後に散ってしまったのだろうか?
これは田舎の小さい頃には見たことがなかったようだ。

<スズムシバナ:高尾野草園にて2007/10/7撮影>
画像

画像

画像


なお、スズムシバナはキツネノマゴ科イセハナビ属で、イセハナビ(伊勢花火)は見たことがなかったが、これも同じ高尾の野草園内で初めて見た。イセハナビとスズムシバナは花色が似ているだけで、そんなに似ていないようだ。
イセハナビ(植物園へようこそさまHP)

              <イセハナビ:高尾野草園:2007/10/7撮影>
画像

画像


子供たちが小さい頃は鈴虫を飼っていたことがあり、暑い夏の夜に涼やかな鳴き声を聞かせてくれていた。
夜長の秋には、庭からコオロギ、キリギリスが忙しく鳴いている。

画像
         <スズムシバナ・自宅庭にて:2007/10/9撮影>


「鈴虫がいつこほろぎに変わりけん少しものなどわれ思ひけん」(与謝野晶子)

「鈴虫の声のかぎりを尽しても長き夜あかずふる涙かな」(紫式部)

「露しげき草葉の上は静かにて下には虫の声ぞ乱るる」(永福門院)


<スズムシバナ(鈴虫花)> 
キツネノマゴ科イセハナビ属
学名:Strobilanthes oliganthus Miq.
分布:本州近畿地方以西、四国、九州、 朝鮮、中国
花期9〜10月 
山地の木陰に生える多年草。
草丈:30〜80センチ
白花種もある。
※昔はスズムシソウと呼ばれていたが、ラン科に同じ名前のものがありスズムシバナに改名。


 
「朝開き午後に花散る鈴虫花木陰の庭にひっそり咲きぬ」

「鈴虫の鳴く音聞こえず蟋蟀の忙しくも鳴く綴れ刺せよと」

「締め切りの窓辺に写る十三夜欠けたる月の光さやけし」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
スズムシバナは初めてです、シベの違いを除くとアキギリと感じか似ているようですね、綺麗な花なのに半日くらいというのは何とも残念に思いますが、綺麗な花は短命(笑)でしょうか。
OSAMI
2007/10/23 19:21
一花さん、スズムシバナ(鈴虫花)私は初めて見るはなですが小さい花なんですね。大きくアップされると紫がとても綺麗です。鈴虫草とは全然違うのですね。一花さん宅は鉢も沢山地植えされてる花も非常に多いですね。
彦左
2007/10/23 20:15
トップ画面を見たら、今日私がアップしたコシオガマの色違いかと思ってしまいました。コシオガマはゴマノハグサ科でスズムシバナはキツネノマゴ科ですね。スズムシバナとスズムシソウはどちらも初めてです。虫の名前の付く花で、マツムシソウが有りましたね。どちらも紫ですね。関連付けて覚えておきます。
デコウォーカ
2007/10/23 20:39
「鈴虫の声のかぎりを尽しても長き夜あかずふる涙かな」(紫式部)
「朝開き午後に花散る鈴虫花木陰の庭にひっそり咲きぬ」
すずむしは、やっぱり、ひそやかな感じなんでしょうね。なき姿もなんとなく、ひそやかで、ちょい悲しい、花もやっぱり、ちょい悲しいのかなあ
はなはな
2007/10/23 21:30
此方は、夕方に北風が吹く様になったので
めっきり虫の音も聞こえなくなりました。
又も、初めて聞く名前のお花。嬉しかったです。

張り詰めてた気持ちが、急に緩んだので、少し体調を崩しました。
今日は、少し早めに眠ろうと思います。
少しお話足りない気がして寂しいですが、
又ゆっくりお邪魔しますね。おやすみなさい。
chiemi
2007/10/23 22:15
上から5枚目のお写真の、左の花がちょうど鈴虫♂が羽を広げて鳴いている姿に似ていませんか〜? きれいな色のお花を見せて頂きました。 好きになりました。
mint
2007/10/23 22:22
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは小石川植物園や自然教育園にも生えていそうですが、ご覧になられなかったでしょうか?近畿以西に自生して暖かい場所を好むようですが、高尾の野草園でも群生していました。
アキギリのような感じもありますよね。でも穂状に咲かず、なんとなくゴマノハグサ科に似るようです。本には半日で萎むとありましたが、花を撮影して翌日見たら、全部しなびていました。スズムシソウを一度育てて見てみたいものです。
OSAMI さんへ
2007/10/23 22:37
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。これはそんなに大きくなく、小さな花です〜。青紫の花で目立っていますよ。スズムシソウはまた鈴虫にそっくりですよね。どこかの山野草展でみたようですが、売っていないようです。チャンスがあれば育ててみたいものです。花は好きで、育ててみたいものがたくさんありますが、庭も狭いしなかなか思うようにいきません。枯らしてばかりで、洋蘭はまるでダメです〜。
彦左 さんへ
2007/10/23 22:40
デコウォーカーさん、こんばんは。コメント有難うございます
そちらのコシオガマの花によく似てびっくりしました。花が穂状になるキツネノマゴ科より、何となくゴマノハグサ科にも似ますよね。スズムシソウは育ててみたい植物ですが、なかなか見かけません。
マツムシソウは奇麗な青紫で洋風な花でしたね。虫の名前に因んだ植物、命名した古人はゆかしいですね。

デコウォーカ さんへ
2007/10/23 22:42
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
紫式部のうた、鈴虫ってリーンリーンって美しく涼やかな鳴き音ですが、秋の夜を鈴虫のように声限り泣いても、長い夜をたりないくらい降りこぼれる涙よと、女こころを詠ったもので、秋の淋しさも感じさせる虫だったのでしょうか?飼ってみたら、よく鳴いて元気だったようですが。きゅうりやナスをよく食べていました・・昔は鈴虫と松虫の名称が入れ替わっていたようですね。
この花も午後に散って儚いイメージですよ。
はなはなさんへ
2007/10/23 22:45
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。大きなイベント無事終わられて、ご無理されたようですね。何もしない普通の人でさえ、この時期風邪をひきやすいですよね。私もちょっと風邪気味で今朝起きたら喉が腫れて、また昼まで薬を飲んで寝ていました。
今日は十三夜ですが、風が冷たいようです。スズムシも寒くてもう鳴かないようですよ。充分に温かくしてお休みくださいね。ご無理されないようになさってくださいね。お大事に〜。
chiemiさんへ
2007/10/23 22:50
mint さん、こんばんは。コメント有難うございます。
画像、そう仰れば羽根にも似ますね。スズムシに似ない似ないなどと言われていますが、昆虫好きな方のお目にとまって、この花も喜んでいると思います〜。
花色は奇麗な青色で人目を惹きますが、なにせ花期が短くて、下陰でひっそりと咲いていると可憐な感じです〜。温かい場所に自生するようですが、高尾の野草園でも群生していました。
mint さんへ
2007/10/23 22:55
 一花さんちにはスズムシバナもあるのですか。いろいろ和洋の品揃えが豊富でスバラシイことですね。
 僕は、京都府立植物園の生態園でみましたが、此処にはユキミバナもあり面白いです。高尾山にもスズムシバナがあるのですか。知りませんでした。やはり、高尾も1度は行かないといけませんね。

 一花さんは風邪ぎみですか?おだいじに。
なおさん
2007/10/23 23:00
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。高尾野草園も神代と違っていろいろ取り揃えてありましたよ。京都の植物園も品揃えが良さそうですね。ネットで出ていますね。ユキミナバというのもあるのですか?
ネットで見るとスズムシバナによく似ていますね。
「スズムシバナと以前は同属とされていたのが、1993年に新種とされた。スズムシバナとの違いは、茎は立ち上がらず地を這うこと、花茎に開出毛がびっしり生えていることなど」と書いてありました。名前のユキミバナも素敵な名前ですね。
昨日張り切ってレースカーテン洗って家事頑張ったら、無理したようです。
喉が痛くて、風邪ぎみです。なおさんは丈夫でらしゃいますが、少し早寝されないといけませんね。
なおさんへ
2007/10/23 23:21
先日でしたかね〜八ヶ岳薬草園でコレに似たもっとピンクっぽい花の問い合わせがありました。スズムシバナでなければ?ユキミバナ(雪見花)では?っとお知らせしたのですがもっとピンクっぽいと。それに葉っぱに特徴があって、でした。花だけをみたらコシオガマにも似てたような。キツネノマゴ科とゴマノハグサ科もどことなく似ていもんどな。一花さんなどこで山野草を手にいれやっとな?私サクラタデが欲しか〜〜どっか知っちょらんね?(笑)上高地を歩いて20000歩稼いできもしたどん。花はなぁんもなかったど。(-_-;) キュはこれから家族の合同の誕生会を吉祥寺ですっとよ。(10/25ー11/3までに4人)
nobara
2007/10/24 17:39
スズムシ花ですか・・・・。今日のお花も素敵な名前ですね。
朝咲いて午後には散ってしまう・・なんと儚い命なのでしょう。愛しさを感じますね。

昨夜の十三夜、きれいに見えましたね。
満月とは又違う風情で、これもまた楽しめましたね。
にりんそう
2007/10/24 17:46
ノバちゃん、こんばんは。お久〜です〜。あら〜〜またハズさんと秋の紅葉を見にお出かけされたのですか?良かったですね^。八ヶ岳薬草園にもお出かけでしたか?まだ出かけたことがないです。
これは青紫の花で、ユキミバナというのもネットで見ると花色が似ていますね。コシオガマもこれによく似ているけど、本で見たら桃色っぽくて花穂があるようでした。あんね、山野草は神代に出かけたときに買い出ししてきます。
それと今は山野草の本を買って読んでいるので、そこに花通信が載っていました。そこから注文で株もしっかりしていましたヨ。以前ネット通販で求めたのと違って山野草専門から届いたようで良かったです。梱包もしっかりしていました。サクラタデ、増えたら送ってあげたいですけど。まず増えるかどうか?奇麗な花だけど花期が短くて、でも次々と出てきます。山野草展などで販売されるかも知れませんね。以前12ちゃんTVでも明神池などやっていたよ〜。今度是非河童橋から先も行ってみたいものです〜。4人もの家族合同の誕生会ち、一挙に出来てラッキーね。豪華にパーーーとでしょうが、この頃年はとりたくないね〜^。私はツイ2日前でしたヨ
nobaraさんへ
2007/10/24 19:57
にりんそうさん。こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
名前も風流なお花で、午後に萎むって儚い花ですよね。ブルーの青い花が憂いを含むようです。1日花も儚いですが、それより半日しか持たないって、お花を見損なうこともありますね。山野草は知らないものが多く奥が深いですが、名前も素敵なものも多いようです。命名者のセンスもありますが。。
少し欠けた十三夜の月は、秋の寂しさも感じさせましたよね。昼間と違って、朝夕寒く、どんどん秋も深まって紅葉も進むようですね。鉢の冬仕度もこれからですネ。

にりんそうさんへ
2007/10/24 20:01
スズムシバナ(鈴虫花) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる