一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ショウキズイセン(黄色彼岸花)

<<   作成日時 : 2007/10/09 21:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

画像

今から4年前、彼岸花球根の黄色を生前の姑が送ってくれていた。
おと年は10月半ばに咲き、去年は赤花種より早く8月の22日には開花していた。
黄色い彼岸花 2005/10/14
ショウキズイセン(黄色ヒガンバナ)2006/08/22
画像
        <2007/9/27撮影>

彼岸花は忌み嫌われて半日陰の隅に植えていたが、赤花は年々花数が少なくなってきた。
今年の赤花は9月の彼岸の頃には開花していたので、黄色は咲かないのかと思っていたら、去年より大幅に遅れてやっと開花してきた。
ヒガンバナ(彼岸花)赤・白 2007/09/23


画像

画像

黄色は1株しか今迄咲かず、今年はその横から株が増えて2株咲いてきた。
そしておと年秋に帰省し折、また小さな2株を庭から貰ってきて南花壇の方に植えてたら去年は咲かず、今年それも時を同じにして2株初めて咲いてきた。

画像
    <別花壇で今年初開花したもの:2007/10/5撮影>

だが今年の花を見ると、去年までは1株から6つの花が出ていたのに今年はなぜか4つしか咲いていない。
これら2株ずつ半日陰と日当たりの場所に植えてあるが、日照にはお構いなしに同時に4株が満開となっている。

画像

この黄色い彼岸花もヒガンバナ科ヒガンバナ属で、昔ショウキランと呼ばれていたが、ラン科に同じ名前のものがあるので、ショウキズイセン(鍾馗水仙)と呼ばれるようになったそうだ。
鍾馗とは、疫鬼を祓い病を除くという神で、端午の節句に飾られるあの鍾馗様で、朱で書いたものは疱瘡除けとなるそうだ。(広辞苑より)
自生地は中国、台湾、日本南部で、沖縄では群生が見られていて乱獲されたそうだ。耐寒性球根植物だが、こちらは強い霜や凍結には弱いと書いてあった。

画像

ヒガンバナの学名はリコリス(Lycoris)と呼ばれ、ギリシャ神話の海の女神の意味だそうで、花が放射状で美しい。
近年、白花、黄色、そして赤花彼岸花もリコリス名で出回っており、7〜8月に咲くナツズイセンやキツネノカミソリも同じリコリスの仲間だ。
植えっぱなしで増えて手間要らずなので、ガーデニングとしても人気だ。
我が家でも今年8月にナツズイセン、キツネノカミソリ、白、黄色ヒガン花球根を夫々求めて植えていたが、その中で白花は9月の彼岸に早々と開花した。
今年植えた黄色のリコリス・オーレアは今日見たら、芽が少し見えていた。

画像
               <2007/9/27撮影>

画像
           <2007/9/23撮影>  

画像
     <2株分>

白花種は黄色と赤の交配種だそうで、別名で銀橙花とも呼ばれるようだ。うちでは黄色と赤を同じ場所に植えているが、白花の交配種はできていない。
花を比較して見ると、ショウキズイセンは赤や白より大きく華やかだ。

彼岸の頃咲いた白と赤の彼岸花もすっかり咲き終わって、白花には種が出きていたが、株が弱るので切った。
赤花は今年は去年の半分も出てこなかった。

画像

この黄色も花後暫くすると葉が出てきて、冬から春に光合成を行っている。
そして夏場に枯れて、「葉は花を見ず、花は葉を見ず」というサイクルを繰り返していく。


「怖れては遠目にみたる花なりきキツネノカミソリ群れる初秋」(鳥海昭子)

「父母の亡き家に帰りてみつけたるナツズイセンを告げる人なし」(々)

<ショウキズイセン(鍾馗水仙)>
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
学名:Lycoris aurea
原産地:日本、中国 、台湾
開花時期:9月〜10月
花色:黄色、
性状:球根(毒草)
管理:日当たり、株分けで殖やす。


「今年また華やか黄色の彼岸花四輪となり庭は輝く」

「亡き姑の荒れたる庭より戴きし鍾馗水仙二輪咲き初む」

「赤白黄彼岸花三色庭にあり増えるものあり減りゆくもあり」

「主なき庭に今年も咲き継ぐや鍾馗水仙黄色眩しく」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
「父母の亡き家に帰りてみつけたるナツズイセンを告げる人なし」(々)「亡き姑の荒れたる庭より戴きし鍾馗水仙二輪咲き初む」すでに亡くなりし親たちの花感じて過ごす秋の日って感じです
はなはな
2007/10/09 22:16
 一花さんちは、今日はショウキズイセンですか。昭和記念公園の日本庭園には黄色のこの花が植えてありますね。ただ、白や赤ほど一般的ではないのか、あまり多くは見かけないような気がします。
 黄色と紅の交配で白が出来るというのも、自然界の不思議という感じですが、思いがけないものが出るというのも、交配の面白みなのでしょうね。

2007/10/09 23:16
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。鳥海さんも夏ズイセンには父母の思い出がおありなんですね。告げる人なしと、花が咲きましたよと言いたいのでしょうね。
うちも姑からいただいたもの、今年2株に増えていました。そして亡き人の庭から小さな2株戴いたものが増えて初開花でした。花は覚えてはいないですが、きちんと毎年咲いて、時々の思い出を見せてくれていますね。

はなはなさんへ
2007/10/09 23:31
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
昭和記念公園の日本庭園に植えてありましたかしら?その時期に出かけたことがないので〜〜。
沖縄や鹿児島の南の方に多いようですね。こちらではあまり見かけないようですが、ガーデンセンターでも球根がリコリス・オーレアで出てましたよ。
花が赤より大きい感じです。黄色と赤を一緒に植えてあっても白が出来ないのですね。
なさんへ
2007/10/09 23:39
赤、白、黄色。
赤い彼岸花しか、知らなかった私は、
白い彼岸花でも、驚きなのに・・・・
黄色なんて・・・三種類、しっかり見させていただきました。
もう、他の色なんてないんですよね。

今日は、久し振りの晴れ間が見えました。
初冬のような寒さは、一時預かりの様子。
風も無く穏やかな一日が、静かに終わっていきます。
夕焼けまで、見られます。深呼吸一つして、又仕事に戻ります。
chiemi
2007/10/10 16:15
ショウキズイセンが綺麗に咲きましたね、他のリコリスの仲間も同じなのかもしれませんが、4枚目と最後の写真の咲き始めのものは何だか別の花のような感じがしますが、この感じは他のものも一緒でしょうか?、自宅で育てている一花さんでないと分からないような気がします。
OSAMI
2007/10/10 17:37
一花さん、彼岸花は最近では鉢でも育てるところがありますね。
昔は田んぼの畦に沢山咲いて赤と稲の黄金色はマッチしていました。
友人が沢山植えてるから、今咲いてるからとわざわざ電話してくれたのですが
忙しくて写真を撮る間が無く翌日行くと雨に打たれて白花が黄色になってました。ショウキズイセン(黄色彼岸花) て云うんですか。花びらが赤と少し違うように思います。
彦左
2007/10/10 19:26
黄色のヒガンバナまで有るのですね。こちらでも白色のヒガンバナは良く見られる様になりましたが、黄色は未だ全然です。ショウキズイセンが正式名ですね。
デコウォーカ
2007/10/10 21:01
Chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
彼岸花は彼岸の頃に咲き普通は赤ですが、黄色が中国、沖縄など暖かいところに自生し、その交配で白が生まれたそうです。学名のリコリスとしてガーデニングとしてこの頃人気で、大型ガーデンセンターで見かけたのが、白、赤、黄色と、他に夏季的に早い、ナツズイセン(桃色)(リコリス・スカミゲラなど)と、キツネノカミソリ(リコリス・サンギニア)です。これらは同じヒガンバナ科です。

今朝は曇っていましたが、午後から晴れてラッキーでした。明日は秋晴れのようですね。でも朝夕ちょっと肌寒いです〜。お仕事頑張ってらっしゃいますね。PCだけしていると肩も凝りますので、リラックスタイム必要ですよね。

chiemiさんへ
2007/10/10 21:12
OSAMI さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
花をよくご覧になってますね。花びらが出たての頃と開花がすすんだものの花びらは違って別物のようです。その後花びらも日に日に表情を変えてカールしてきますよ。花姿も毎日違うようで面白いです^。
他の赤も白も蕾から開花まで姿が変わっていっています。黄色はある時期、ヤブカンゾウにも似ますよね。
OSAMI さんへ
2007/10/10 21:14
彦左 さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そちらでも鉢で育ててらっしゃいますか?昔は田んぼで見られたものが、企画整理で田舎ではほとんど見られないそうですね。
友人の方からわざわざお花の写真撮りのお誘いがあるのですか?いいですね〜。PCテクニックが上手で有名でらっしゃるので、皆さんが情報をお知らせして下さるのですね。白は黄色と赤の交配種だそうで、真っ白より少し黄色っぽかったですよ。ちょっと残念でしたね。
これは彼岸花科で黄色い彼岸花ですが、ショウキズイセンが正式名だそうです。スイセン似でないですけど・。ナツズイセン(桃色)という彼岸花の仲間もあるのですよ。
彦左 さんへ
2007/10/10 21:18
デコウォーカ さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
白はそちらでも良く見かけられますか?黄色と赤の交配で白だそうですので、黄色も出回っていいですのに、まだ少ないのでしょうね。
大型ガーデンセンターでは出回っていましたよ。これは田舎の姑が生前に庭に植えていて、球根で送ってくれたものです。沖縄では昔群生が見られたそうですが、乱獲で少なくなっているそうです。
スイセンでないのに、ショウキズイセンです。(スイセンも彼岸花科ですけど)ナツズイセンの桃は夏場見かけますよね。今年植えたのですが開花しなかったです。
デコウォーカ さんへ
2007/10/10 21:24
ごめんなさい。文中ミス「企画整理」でなく「区画整理」でした〜。
彦左 さんへ
2007/10/10 22:35
ショウキズイセン(黄色彼岸花) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる