一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道旅行P−3(登別その1)

<<   作成日時 : 2007/11/10 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

北海道は山岳や湿原、そして天然湖沼など自然に恵まれており、山岳としてはまだ活火山が多く、それに付随して約226か所の温泉地があるそうだ。
その中でも登別は「温泉のデパート」とも呼ばれて北海道でも人気の温泉地だが、ある歌の歌詞にもあったようだ。
登別温泉の自然湧出量は1日1万トンで源泉温度は45℃〜90℃とあり、温泉質も11種類と豊富で、食塩泉、ミョウバン泉、硫黄泉 、鉄泉など世界的にも珍しい多種類の温泉が湧き出しているそうだ。(登別市HPより)
画像

さて登別市に入ると道路際に巨大な赤鬼が立っていて一瞬びっくりしたが、温泉街に入ると車が多く、道路傍にも赤鬼と青鬼がいて、閻魔様までが控えていた。
画像

画像

ここでは「地獄祭り」と呼ばれるものがあり、年一度8月に地獄谷の「地獄の釜のふた」が開いて閻魔大王が赤鬼、青鬼などを引き連れて温泉街に現れるという変わった祭りがある。
この地獄まつりを体験した人の1年間の罪はすべて帳消しになるというご利益のある有難いお祭りのようだ。
画像

画像

さて駐車場で車を降りてすぐ道沿いには、アジサイの花がドライフラワーのようになって咲いており、またオオイタドリにはたくさんの実ができていた。松の葉の間に咲いていた黄色い花はオオマツヨイグサのようだ。
画像

画像

画像

ここには「地獄谷」と呼ばれる火口跡が有名で、地獄谷と言えば大地獄と呼ばれていた箱根の大涌谷の方が良く知られる。
画像

この火口跡は、今から約1万年前に倶多楽湖を中央火口とする倶多楽火山があって数千年に渡って水蒸気爆発が繰り返されて出来た爆裂火口の跡だと案内板に書いてあった。この地下には巨大な火山エネルギーが潜んでいる。
その広さは約11ヘクタール、東西長径450メートル、熱湯の最高98度と盛んに熱気や蒸気が吹き出して量が多く、ここは最も大きな泉源となっているそうだ。
画像

箱根の大涌谷はロープウェイーに登らなければ見れなかったが、ここは道路際の駐車場から歩いてすぐ見られる場所にあった。下を覗くと蒸気が吹きあがって地肌が白く硫黄色をしている場所もあり、隆起した山や川はまるで地獄のさまだった。大涌谷より広い感じだったが、こちらの中の見学場所は限られていた。
画像

地獄谷の下まで降りて行けるようになっていて、隆起した山には七色富士など夫々名前が付けられているのが見えた。
画像

画像

画像
              <↑七色富士>
画像

画像

画像

温泉温度が80度となっている鉄泉池。ここは間歇泉となっており、ボコボコと絶えず噴いていた。
画像

周囲の山は地獄谷と対照的に赤や黄色に木々が紅葉して、地獄谷の露な地表を一層引き立てていた。
画像


「いかにせむ思ひそめても初紅葉よにはづかしのもりの梢を」(本居宣長)

「身を沈め湯舟より湯を溢れしむ何ほどのわが人間の量(かさ)」(来嶋靖生)

「おのづから至れる朱(あけ)に身は染めて秋日のなかに立つはぜもみじ」(々)

画像


「赤青の鬼に守られ登別地獄谷温泉町の賑わう」

「露なる地表剥き出し地獄谷白き蒸気のそこここ噴き出す」

「地獄谷の背後を囲む山々の木々のもみじ葉赤黄乱るる」

「いい湯だと湯気立つ湯舟に身を沈め北の大地の温泉長閑」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ登別は、北海道旅行の最終章でしょうか?地獄谷とそれを囲む紅葉と黄葉が素晴らしいですね。最後の画像は秋の紅葉の錦絵ですね。
デコウォーカ
2007/11/10 21:28
活火山に付随した温泉がたくさんある北海道の画像、硫黄などの臭いまでが伝わってきそうです。
地獄谷の付近でも木々は素晴らしく紅葉するのですね。(^_-)-☆
凄い生命力を感じます。
やまびこ
2007/11/10 21:55
 一花さん、今日は登別ですか。いいですねえ。僕は行きたくとも行けないので、貰い物の「登別カルルス温泉」の素の入浴剤でガマンです。
 まさに、この世の地獄のような荒涼としたさまで、いかにも鬼がいそうな眺めですね。イオウな匂い?もするのでしょうか。
 白い山肌にさまざまな紅葉が映えますね。一番の盛りのようで、色とりどりの木々が見事です。いい時に行かれたのですね。
なおさん
2007/11/10 22:39
デコウォーカーさん、こんばんは。コメント有難うございます。
すみません〜、長々と拙い文と画像を貼ってきましたが、明日までです〜。箱根の大涌谷と違ってここ地獄谷は、場所的に眼下に見下ろせて、まさに地獄の底にあるようでした。
カメラで撮って見ると紅葉は真赤なんですが、リサイズしてブログ画像として張り付けると何となく薄っぽくなっています。カメラ設定のせいでしょうね。
デコウォーカ さんへ
2007/11/10 23:26
やまびこさん、こんばんは。コメント有難うございます。
北海道はあちこちと活火山と温泉、湖が多いのですね。
硫黄の匂いなんですが、それがそんなに異様な匂いがしなかったのですよ〜。箱根の大涌谷では温泉卵を食べましたが、こちらではそんなのが売っていなかったです〜。その代り大きな鬼様が居てビックリ。(@_@;)
木々は逞しく溶岩台地でも、あっというまに生えて林になりますよね。
周りの木々の紅葉は、赤黄色の彩りとなってとても綺麗でしたよ。
やまびこさんへ
2007/11/10 23:30
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
なおさんち、「登別カルルス温泉」入浴剤に浸かって疲れを癒してらっしゃいますか?それでそんなにお元気なんですね〜。うちは森林入浴剤とか竹炭液とかですので・・今度こちら試してみますネ。今回は「地獄の果てまでも〜」ということで此処まで来ましたが、赤青鬼様までがいて、節分?ではあるまいしと思っていたら、ご利益のある鬼さまでした。地獄の釜の蓋が閉まるというキランソウは、ここには生えていませんでした。イオウな匂いは異様にしなかったですよ。紅葉が奇麗でしたが、カメラ腕が悪いでした。きっと何時か、なおさんも地獄の果てまでもお出かけされる日がきますので、それまでは極楽トンボなさってください〜。

なおさんへ
2007/11/10 23:33
紅葉がすばらしいですね。荒涼とした景色もまたすばらしい。宿はいかがでしたか?第一滝本館に2回泊ったことがあります。色々な湯質におどろき入浴剤を入れてるのかと誤解しました。多彩な源泉がちゃんとあったのですね。それから当時珍しかった?打たせ湯ですが男用にしかなかったので、男女の仕切り扉からいつも昔お嬢様たちがどっとやってきて、男はいつも打たせ湯の場所から駆逐されていました。なつかしい思い出です。
目黒のおじいちゃん
2007/11/11 06:36
登別の地獄谷は水蒸気の出る荒廃した感じの谷間と周囲の山の紅葉が対照的で素晴らしい景色ですね、青鬼と赤鬼は怖さというよりユーモラスな感じがあって面白いと思います、楽しませて頂いています。
OSAMI
2007/11/11 10:29
クラシックしか縁のない一花さんには判らないでしょうが・・(笑)
♪のぼりべつ〜〜の〜〜湯♪⇒いい湯だな(いいゆだな)は日本の楽曲で各地の温泉を歌っている。作詞は永六輔で、作曲はいずみたく。デューク・エイセスとかドリフが唄った調子の良い歌ですね。ババンバ、バンバンバン♪? 景色そのものが違いますね。鬼さん。結構都会的なお顔立ちじゃごわはんか?あじさいのドライフラワー状が綺麗。虎杖の実も興味があるわね。こんな飾りの付いたブラウス、お嬢に着せた記憶があいもんが。弔問や友人の作品展に追われてる週末です。


nobara
2007/11/11 15:49
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
さすが、日本中の観光名所をあちこちにお出かけされて旅行マニアでらっしゃいますね。そして色々楽しい思い出がおありなんですね。滝本旅館は老舗のようで、地獄谷のすぐ傍にあるようでした。
その向かいの神社の境内に真っ赤な紅葉があって、写真を撮りましたが、画像に透けて建物が写ってました。旅館では大抵男湯の方が広くて設備がいいですね。朝夕の時間帯で男女の湯のを交代する場所がありますよ。
登別の湯は他と違って湯質が豊富で、万病に効きそうですよね。また出かけてみたい場所です〜。
目黒のおじいちゃんへ
2007/11/11 19:12
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
谷底は地肌があらわで水蒸気が噴き出、まさに地獄のさまでした。箱根も昔は大地獄と呼んでいたそうですが、天皇陛下のお出ましで地獄の名前ではいけないので、大涌谷となったそうです。
背後の山は紅葉が進んでいましたが、画像で見ると色がイマイチです。カメラ設定かカメラの問題でしょうか?
鬼にはご利益があるようで、ここでは観光の呼物とされて面白い趣向ですよね。
OSAMI さんへ
2007/11/11 19:15
ノバちゃん、あら〜またおじゃいやしたもんせ〜。コメント有難うさんです〜。クラシック・オンリーで育ったけど、ハズさんは結婚前当時、モーツワルト大好きとか仰って〜いたのに、結婚してみたら何と職場では芸能部長さまだったそうで〜ビックイ。、(@_@;)。ま〜今流行りの歌がお好きなハズさんで、しかも歌うのが好きで〜、食事時はTVを一緒に見らされて覚えましたが〜ヨ・例の「ババンバ、バンバンバン(婆ん婆晩晩晩???)♪!!!」も〜〜。(●^o^●)
子供には何時もクラシックばかりを聴かせて育てたのですが・・。それで頭がコテンぱ〜(古典派〜)。
あら、昨日ときゅも明日も鬼さんが居なくて楽ごわんど〜〜。でも朝から自治会の仕事でした^。今月・来月も休みになると出方です〜〜。ノバちゃんも何かと人付き合いが多く忙しかね〜〜。寒くなってきちょっいもんで、お互いに風邪でもひかんごっつしもんそ〜〜。
nobaraさんへ
2007/11/11 19:17
一花さん、登別温泉は最初に北海道旅行した会社関係の人たちとでしたが泊まった記憶は山の中であまりよかったという印象がないのですよ。でも一花さんのこのブログでは本当に素晴らしい自然ですね。吃驚していろんな写真をじっくり見せて頂いています。青鬼や赤鬼は最近作ったものでしょうか地獄祭りも知りませんでした。
彦左
2007/11/11 22:09
彦左 さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。最初北海道旅行された場所が登別でしたか?車で出かけましたが、山の中というより結構開けた温泉街でしたよ。高速度道路の御蔭でしょうか?
地獄谷も賑わって、駐車場があちこちあり、観光バスが多く、韓国のツワーの方も目につきました。鬼は最近でしょうか?テカテカ新しい感じです。お祭りも賑わうのでしょうね。
紅葉時期で人が多いでしたが、これから雪深くなると、ちょっと少なくなるでしょうね。
彦左 さんへ
2007/11/11 23:39
北海道旅行P−3(登別その1) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる