一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS コンギク(紺菊)&ノコンギク(野紺菊)「夕映」

<<   作成日時 : 2007/11/21 21:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 22

画像
            <コンギク>

野原のあちこちで見かける野菊の代表と言えばノコンギク(野紺菊)だ。
そのノコンギクの花色は淡い紺色から濃い紺色まであり、特に色の濃い花色の園芸種はコンギク(紺菊)として花屋で見かけた。
他に濃い紫色をユウバエ(夕映え)、桃色のものとしてモモヤマ(桃山)など様々な園芸品種が作出されて山野草として出回っている。

我が家でもコンギクは去年10月に鉢で求めて花後花壇に植えたが、半日陰の場所だったため開花も遅く、今年咲いた花は去年より小さめで株も貧弱だった。
コンギク(紺菊)2006/10/05
画像
   <去年求めた時の様子:2006/10/5撮影>

普通の野山では植え替えをしなくても毎年同じような花が咲くように見える。やはり日当たりなど条件が揃わないと株が細っていくようだ。
今年斑入り葉のフイリノコンギクを育てていたが、コンギクの花色と比べて見ると花色の違いが著しい。
フイリノコンギク(斑入り野紺菊)2007/09/01
画像
    <右のフイリノコンギクと:2007/11/1撮影>

また先日出かけた山野草の店でユウバエ(夕映)という銘のノコンギクの開花株を見かけて求めてきた。花の大きさはコンギクと似ているが、色はちょっと赤っぽかった。
画像
            <ユウバエ:2007/11/20撮影>

このノコンギクの仲間は、本州から九州の野山・道端などに自生するが、キク科シオン属となっており、花姿と葉の似たものにヨメナがあるがヨメナはヨメナ属と分けてある。ヨメナの葉は無毛で光沢があり、枝分れが少なく冠毛が短いなどノコンギクと相違点があるようだ。
画像
        <ユウバエ>

野菊の仲間はキク属とシオン属に分かれており、キク属は日本に15種ほど分布し、シオン属は20種ほどあると山野草の本に書いてある。
キク属とシオン属に分れても花が似ているものがあり、葉の切れ込みで見分けるようだ。
キク属のものは切れ込みが深く日本の海岸線に自生するものが多いようだ。(イソギク、アシズリノジギク、ナカガワノギク、キクタニギクなど。。)

画像
           <コンギク:2007/11/13撮影>

シオン属の仲間としてよく名前を聞くものに、オキナワギク、キヨスミギク、シラヤマギク、タカネコンギク、ダルマギク、ハコネギク(別名ミヤマコンギク)、エゾノコンギク、タニガワコンギク、チョクザキヨメナなどがある。
この中で、チョクザキヨメナはノコンギクの変種として花びらが管状に変化したもので、オビトケコンギクまたはスプーンギクと呼ばれるそうだ。
チョクザキヨメナ(ボタニックガーデンさまHP)

画像
         <ユウバエ>

我が家のダルマギクはもう開花が終わったが、オキナワギクは花が小さく開花も遅くて今年1月に開花しており、まだ株も小さく花も咲かない。
ダルマギク((達磨菊)2007/10/22
オキナワギク(沖縄菊)2007/1/11
北海道の道路端でも赤みを帯びた濃い花色のノコンギクを見たが、エゾコンギクのようだった。
なお、キクの仲間は数年で親株が枯れ、野菊類を並べておくと交配して雑種ができるそうで挿し木で株更新しないといけないそうだ。
木枯らし1号も吹いた花壇のコンギクの花はもう寒そうで、侘しく見える。
画像
            <コンギク>

「秋の色をはらひはててやひさかたの月の桂にこがらしの風」(藤原雅経)

「わが袖のこけのみだれをいかがせん木枯らし吹きて冬はきにけり」(藤原光峻)

「呼吸すれば、胸の中にて鳴る音あり。凩よりもさびしきその音!」(石川啄木)


<コンギク(紺菊)>
キク科シオン(アスター)属
学名:Aster ageratoides ssp. avalus
原産地:日本(本州、四国、九州)
草丈:40〜100cm 
花色:青紫 花径:2〜3cm 
開花期:10〜12月
性状:耐寒性多年草、ノコンギクから選抜された園芸品種。

「木枯らしの一号すでに吹く庭に紺菊紫色冴えて咲く」

「冬暮れの山の端染まる夕映え色明日も天気と家路を急ぐ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
コンギクの紺色は濃くて綺麗です。ノコンギクの紺色の濃いものを探しても白っぽいものばかりで物足りなかったです。それに比べればコンギクは鮮やかです(当然ですけど・・・)。
デコウォーカ
2007/11/21 23:01
 一花さんちのコンギクも鮮やかな色で咲いていますね。うちも以前地植えにしていたのですが、何年もそのままにしておいたら、ジリ貧になり、絶えてしまいました。今は普通の色のノコンギクが主です。でもノコンギクも、いろいろ変り種があり、面白いですね。
 うちの桃山も何輪か咲きましたが、ちいさい鉢ですので花数はすくないです。
 昭和記念公園のこもれびの丘でもコンギクが冴えた色で咲いていました。
なおさん
2007/11/21 23:36
「木枯らしの一号すでに吹く庭に紺菊紫色冴えて咲く」野で咲くノコンギクははtっとするほど生き生きしていますね。木枯らしが吹くもう冬なんですね。花達よ頑張って咲いてておくれと思うこのごろです
hanahana
2007/11/21 23:51
ノコンギクにもこんなに種類があるんですね。こんなに濃いコンギクがあるなんて、いいな〜。こういう色の花好きです。 そう言えばヨメナもこんな感じですよね。 時々買い物の時などに見つけたノコンギクを撮ってきては、仏壇横の父と叔父の写真の所に飾っています。園芸種の花よりも例のうさぎの一輪挿し(ホントは楊枝入れ)には野の花の方が似合います。
mint
2007/11/22 00:49
すっかりお寒くなりました。
庭仕事も早々に引き上げたいですね。

今の季節は、やはり菊ですね。
”夕映え”・・・なんて素敵な名前の野紺菊でしょう。

私、物事なんでもネーミングから入っているみたいです。
素敵な名前のもの大好きなんです。
時々、名前と全然かけ離れたものに出っくわすことありますが・・・。
映画なんて特に、タイトルから見に行きます。
にりんそう
2007/11/22 08:26
野に咲いているような、キク科のお花が大好きです。
細い花弁が、とても愛おしく感じる時があります。
こんなに寒いのに、健気で・・・
chiemi
2007/11/22 09:25
街を歩いていてもノコンギク系統の花は良く見かけますが、花は小さくてもかわいらしくて色も綺麗で良いですよね、困るのは名前の方で最近は名前を木にしないで観賞する事にしています。
最後の綺麗なコンギクの画像は止まっている蝶ですか、羽の先端が面白い感じに写っていますね。
OSAMI
2007/11/22 10:55
一花さん、コンギク(紺菊)って紺色でなくて紫ですか。私など野紺菊との見分けがつきません。菊って本当に種類が多いですね。私などは一束一絡げで菊と入ってます(*^_^*)
彦左
2007/11/22 13:31
ノコンギクの中から色の濃い花をコンギクと呼称するのは面白いですね。
はじめて聞きました。それにしても一花さん栽培のバラエティの多さには感嘆するばかりです。さぞ管理にもご苦労されているのでしょうね。逆にそれだけに花を育て花を愛でる楽しみも多いわけですが。
目黒のおじいちゃん
2007/11/22 15:39
デコウォーカーさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。
コンギクはノコンギクの園芸種として花屋さんでも出回っていました。
このコンギクも、もう花期も終わりそうです。ノコンギクの園芸種も山野草として色々出回っているようで、結構このノコンギク類の選別種を育てる方も多いのですね。山野草の本にも載っていますよ。普通の栽培ギクで、紫の濃い菊はあまり見ないようです^。
デコウォーカさんへ
2007/11/22 19:16
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。なおさんちでもコンギクを地植えされて、その後やはり絶えましたか?ノコンギクは強いのでしょうね。桃山、夕映は山野草の本で見ていましたが、先日出かけた時、掘り出し物?の夕映があって求めて来て地植えしましたが、来年どうなるでしょうね〜?昭和記念公園のこもれびの丘では閉園時間も迫っていて、キクタニギクとシラヤマギク、リンドウ、ノコンギク、ノコンギクだけしか目につきませんでした。そうそうカンアオイも見ましたよ。(神代でも・・。)これびの里の下の出口辺りでコンギクを見ましたが、花の大きさに大小あり、花色にも薄き濃きがありました。慌てて撮ってきてボケ写真だけでした。野菊にも種類が多く、頭で整理してみました。

なおさんへ
2007/11/22 19:18
はなはなさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。
野で見るノコンギクは何故か生き生きとして元気ですよね。
このコンギクは花壇にあって、寝たようにだらり〜となっています。ここが嫌で野の風や空気が欲しいのでしょうね。
先日木枯らし1号が吹いたとか。明日朝も冷えるようで、朝夕暖房しています。冬が近づき、お花も元気がなくなるようですね。
hanahanaさんへ
2007/11/22 19:20
ミントさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ノコンギクにもまだ種類があるようです。花屋さんでは濃い色のものが出回っていますよ。そして街中の花壇でも植えられているのを見ます。
紫色は高貴な色で、普通のキクでもこんな色は見ないようです^。
ヨメナはノコンギクに似て花色が白っぽいですよね。葉と花姿が違うそうです〜。野菊は優しい風情で、何となく懐かしく故郷や遠い日の頃を思い出してくれそうですよね。ホント、一輪ざしによく似合う花です。
mint さんへ
2007/11/22 19:21
にりんそうさん、こんばんは。コメント有難うございます。
朝夕暖房なしでは過ごされなくなりましたね。庭仕事も昼間、暖かい時だけにしています。植え替えや室内に取り込んだり、この時期忙しいです〜。この時期、庭では普通の菊が咲いて賑わっています。
ノコンギクは終わって、コンギクも終わりかけですが、夕映はまだ満開です。「夕映え」の銘にも惹かれますよね。花色が少し赤っぽいでした。これから時期のサザンカや椿には、素敵な銘のものがありいいですよ〜。
カタカナ名のお花はなかなか覚えられないですが、言葉の美しいものには惹かれますね。
今日22日の美人の日本語は「琴瑟」でしたが、初めて知りました。
11月22日で、いい夫婦の日だそうです〜。
にりんそうさんへ
2007/11/22 19:24
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
野菊類って、キク属とシオン属に分かれています。その中でもシオン属にも色々あり、ノコンギクが代表みたいです。このノコンギクの園芸種として色々作出されているようです。
一見すると似たような花ですが、何所か違うのでしょうね〜。
「夕映」、頑張ってます^。明日はもっと冷えそうです。

chiemiさんへ
2007/11/22 19:26
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
散歩コースでも色の濃いコンギクが植えてあり、植えっぱなしだとやはり花が小さくなっていましたよ。
ノコンギクの方が野にあってはやはり強いのですね。
ユウゼンギクとかヨメナとか似たような花が多く、頭がこんがらがってきますよね。一応シオン属とキク属に野菊は分れているそうです。
覚えてもこの頃忘れっぽくて〜。!(^^)!。
黒っぽい羽根の模様が面白い蝶でした。もう寒くて蝶も見ません。


OSAMI さんへ
2007/11/22 19:27
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
紺色は青と紫の混じった色ですので、これは紫が濃いようです〜。菊にも花屋さんで切り花で売っているような菊は家菊、栽培菊と呼ばれ、日本の野山に昔から自生しているものは野のキクと言うことで野菊です〜。
その野菊の代表がノコンギクです〜。野原や道端など生えますが、その色の濃い園芸種がコンギクなんです。ノコンギクにも種類が多いのですよね。似たような花の感じですが〜。ちょっとでも花色が違うと、名前を違えるのですよね。こんな紫の濃い普通の菊はチョット見ませんね。
彦左 さんへ
2007/11/22 19:29
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
ノコンギクにも花色の濃いものがあり、それはコンギクだそうです。似たような花が多く、名前を覚えるのがなかなかです〜。野山に自生する野菊も結構種類が多いです。
栽培菊と違って、楚々としていますが、このコンギクは普通の花屋さんでも出回っていました。洋菊は華やかさがあり、それもいいのですが、野菊もそれなにり好ましいです。鉢が増えてきていますが、枯れてしまうものが多く、プラスマイナスゼロです。
寒い時期になり、熱帯ものが室内管理で、それが大変です〜。
好きなので仕方ないですね^。自分で育てて経験としています。
目黒のおじいちゃん へ
2007/11/22 19:31
ノコンギクは野草の中でも好きな花の一つです。山野でこの花を見つけると嬉しいものです。
一花さんのブログは花の百科事典ですね。
ミニミニ放送局
2007/11/23 14:44
ミニミニ放送局 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
ノコンギクは皆さんお好きでらっしゃいますよね。野に楚々と咲き、その薄紫の花はを見ると何故か1輪摘んで挿したくなる花ですよね。野菊の墓のイメージもありますし〜。
お花好きで、つい花にのめり込んで、駄文、コピペと画像だけが多いブログです〜。(^◇^)
ミニミニ放送局 さんへ
2007/11/23 19:24
たてもの園をウオーキングしていましたらね。このコンギク?が咲ぃちょったがよ。ノコンギクっち思ったんだけど、花色が濃いから コンギクとしました。わっぜぇー風でね〜ちっともファインダーの中に収まってくれんで、もう何十枚撮ったもんか覚えチョランがよ。そん中でましかとをやっとupしもした。助手さんな、さっさと遠くにいっちょっせ〜なぁんも役にたたんとよ。^^; 今の時期名残花はキク科ばっかいじゃっどな。一花さんが詳しく説明してくいやっで、ここにもTBかけておきもんそかい。いっつもすんもはんな〜m(_ _)m 野菊を摘んで飾ぃもんそかい!
nobara
2007/11/27 09:53
ノバちゃん、あら^こんばんは〜。またまたコメントあいがともしゃげもした〜。(コレがなかなかまだ覚えられません〜)
このコンギクは、まだたてもの園で頑張ってましたか?あっちこっちでも見ましたがよ〜。風に吹かれてそら〜テワンこっでえ〜。曇り日や風の日はブーントよかとが出来もはん〜よネ。ご一緒に助手さんも〜仲良くウォーキング?時間がかかっと忙しかで〜。やっぱいオイテキボリな〜!!
この時期、外では菊と実もので花も乏しくなりもんで〜。貴重な画像、しっかい写って欲しか〜よね。
あらまたTBしてくいやっと〜。いっつも御世話になります^。記事は駄文で〜詳しくというか、コピペが多くて〜見る方もダルっで〜〜。どっさい書いては忘れて、こんごろブントテワント〜。花も去年と同じことの繰り返し〜で・・。野菊、摘んで一輪挿すと優しい感じです〜。今日は曇り日で寒かね〜^。♪遠い山から吹いてくるこ寒い風に揺れながら気高く清く・・薄紫よ〜〜♪です〜。
nobaraさんへ
2007/11/27 19:36
コンギク(紺菊)&ノコンギク(野紺菊)「夕映」 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる