一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) ほか。

<<   作成日時 : 2007/11/24 19:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

去年10月中旬、鉢で求めた「クラリンドウ(クレロデンドルム・ウォルキー)」がいま開花している。
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)2006/11/18

画像
          <2007/9/30撮影>

これはクサギの仲間で、原産地はヒマラヤのものとラベルには書いてあり、冬場室内管理していた。温かくなって外管理していたがなかなか蕾が出来ずに、同じクサギの仲間のゲンペイクサギは開花しなかったので、こちらも蕾を諦めていた。
画像

やっと9月末に房状になった蕾を確認し、良く見たら4か所の枝先に出来ていた。
毎日蕾が膨らんで来たが、去年求めて咲いた花房よりも少なかった。
画像

株は去年よりも大きくなって、葉も艶々としてとても元気がいい。
これはクサギの仲間だが、クサギは落葉小高木で8月に花が咲き、茎や葉に臭みがあって樹高が3mくらいになる。
だがこちらは非耐寒性常緑低木で原産地では1〜2mとなり、葉や茎にはクサギ特有の匂いがない。
画像

白い花は微かに香り、まるで蝶が飛んでいるようで、同じクサギの仲間のブルーウェルフィン(クレロデンドロム・ウガンデンセ:クマツヅラ科)の花に似る。ガクは赤く、クサギのそれによく似る。
クレロデンドロム・ウガンデンセ (ブルーエルフィン)

画像
         
去年の花後にクサギの赤い萼と同じように萼が残って赤く色付き、その後の実を期待したが、残念ながら実が出来る前に萼が落ちてしまった。
画像

今まだ昼間暖かいのでベランダの外に置いてあり、夕方から室内管理だが、結構湿気を好む。また冷たい風に弱く、すぐ葉が傷んできた。
夏場に直射日光を当てていたら葉がだらりとなって弱かったようだ。
画像




先日11月18日、神代植物公園に出かけた折、温室の中にあるブルー・ウェルフィン(クレロデンドルム・ウガンデンセ)の横に、見慣れない白い花が咲いていて初めて見た。
画像
    <インキスム:神代植物公園温室:2007/11/18撮影>

それには、「インキスム」とあり、樹高が1m位で、雄蕊の紫色の長い花がユニークだった。
これも同じクレロデンドルム属が付いていたので、クサギの仲間と分り、葉を嗅ぐとこれには独特の強烈な臭みがあった。
画像

調べて見ると、熱帯アフリカが原産のインキスム種(C. incisum)の変種で、「 クレロデンドルム・マクロシフォン(Clerodendrum incisum var. macrosiphon)」とあり、一年を通して枝先に半球状の花序をだし、白色の筒状花を咲かせるとあった。
画像

蕾の時には音符のような形に見えることから、英名では「ミュージカルノート」と呼ばれるそうだ。
クサギの仲間はこの他にゲンペイクサギ、カリガネソウなど奇麗な花が多く、こちらはまだ花屋では見かけないようだが、そのうちこれも出回るかも知れない。
ゲンペイクサギ(源平臭木・クレロデンドロン)2006/07/27
カリガネソウ(雁草)2007/10/04

画像
     <インキスムの蕾>


「正確に何かを掴みひきしまる拳殖えゆき冬に入る視野」(岡井 隆)

「波うてる山ことごとくもみぢしぬ遠世のひとは神を見にけむ」(大野誠夫)

「なにもなにも見えざるわれが見られゐてからくれなゐの一葉とどけり」(春日真木子)


<クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)>
クマツヅラ科・クレロデンドルム(クサギ)属
学名:Clerodendrum wallichii( = Clerodendrum nutans )
別名:タガヤサン、クレロデンドルム・ヌタンス、クラリンドウ、グレープバニラ(流通名)
原産地:アッサム地方,ヒマラヤ
花期:10〜12月
性状:非耐寒性常緑低木(室内で越冬)
管理:水掃けのよい、保水性のある土を好む。挿し木または取り木で殖やす。


「葉の先に垂るる花房クラリンドウま白き蝶の羽化を見るごと」

「店先のクリスマスツリーの華やげる奥の棚には注連飾り並ぶ」

「木守りの柿の実既に食べられて色づく最後の一葉も散りぬ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
「木守りの柿の実既に食べられて色づく最後の一葉も散りぬ」冬に一歩一歩近づくのを感じるのは、色々な日々の出来事ですね。柿の葉もそのひとつでしょうか?それにしても冬が間近な感じ
はなはな
2007/11/24 20:30
 一花さんちではクラリンドウが咲きましたか。僕は初めこの名前を聞いたとき、どんな色のリンドウなのか?と思いましたが、クサギの仲間と聞いて、クラリン?としてしまいました。

 クサギは武蔵野の雑木林でも馴染みの花ですが、今は星型の面白い実になっていますね。クサギは花の香りは良いですが、こちらのクラリンドウは香りがありますでしょうか?
 
 今は見られませんが新宿御苑の温室にもこの仲間がありました。神代でも温室で見られるのですね。

 神代のインキスムも蕊の様子が面白いものですね。蕾が音符のようというのでミュージカルノートというのも面白い命名ですよね。可愛らしい感じです。
なおさん
2007/11/24 20:31
クラリンドウの花は初めてみました。一花さんへ訪問すると珍しい花にお目にかかれるので 嬉しいです。(^_^)
「インキスム」は、花と しべが長くて珍しい花ですね。
花の咲いているのは噴水のようで、蕾は音符のように見えますね。
やまびこ
2007/11/24 21:05
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)の花はクサギに似ていますね。実も似ていますかね?昨年は実が稔る前に落ちてしまったようですが今年はシッカリと稔ることを期待します。インキスムは皆様がご指摘の様に、面白い蕾であり雄しべですね。
デコウォーカ
2007/11/24 21:57
葉っぱはコーヒーの葉を長くしたような、アボガトの葉のような感じですね。初めて見たお花、クサギの仲間だと言う特徴がありますね。しべの長い事! 下のお花もとっても珍しく、いいものを見せていただきました。
mint
2007/11/24 22:54
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
柿に実が生ったら鳥のために一つは残して「木守り」としておくのですが、すっかり鳥に食べられ、最後の一葉ももう散ってしまいました。
利休のもので最後まで人手に渡らなかった赤い楽焼の茶碗が「木守り」という銘でした。
今年は晩秋が短くいきなり冬でしたね〜。昼間はまだ温かいですが。。
朝夕寒いこと。植物もビックリでしょう〜。うちでは、紅葉もあっという間に終わって、モミジとヒメシャラ、シャラだけが残っています。
はなはなさんへ
2007/11/24 22:57
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
クラリンドウは一体、誰が名付けたのでしょうね〜。
Clerodendrumをクラリンドウと訳したのでしょうか?グレープバニラが流通名だそうですが。花にはクサギ同様甘い香りがあるようですが、日によって匂わないです〜〜??お花は太陽を浴びると匂うようです?
クサギの花は神代で見てきましたが、実はまだです〜。今頃でしょうか?
新宿御苑でも色々揃えてあるようですね。
神代ではインキスムのこの花を初めて見ました。葉を嗅いだら凄く強烈な臭い匂いでした。ネットで調べたら開花は早朝とか書いてある記事がありましたが、これは午後撮影でしたのでそうでもないです。蘂が長くてユニークで、蕾も♪のようで、命名者のセンスに拍手ですね〜。
なおさんへ
2007/11/24 23:01
やまびこさん、こんばんは。コメント有難うございます。
クラリンドウ、面白い名前ですけど、お花はクサギに似ます。
珍しい植物はそううちにないのですが、花屋で見るとお財布と相談して?育ててみたくなります。洋蘭などは今まで失敗ばかりで、まるで育てられません。枯らすものが多いです〜。
「インキスム」は花の蘂がユニークで蕾も面白く、帰ってから調べたら、♪のようで、英名「ミュージカルノート」だと知って納得でした。
やまびこさんへ
2007/11/24 23:05
デコウォーカーさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これはクサギの仲間で花も似ますね。でも葉と茎にはクサギ特有の臭みがないです。何故でしょうね?
去年ガクのあとの奇麗な実を期待しましたが、遂に出来ませんでした。ネットで調べても実の記事がないようです〜。今度はどうでしょうか?
インキスムは雄蕊で、紫の色が独特です〜。葉は相当臭いでした。雌しべは隠れて見えませんでした。
デコウォーカ さんへ
2007/11/24 23:06
ミントさん、こんばんは。コメント有難うございます。
そうなんですよ〜。これはコーヒーの葉に似て艶々しています。
あるところで、観葉植物として育ててらっしゃるコーヒーの花と実を初めて見ました。葉がこれに似ると思いましたヨ。
アボガドはまだ未見です。
クサギの仲間は葉に匂いがありますが、これは何故か葉は臭くないです。花は奇麗なものが多いですよね。
神代で見たインキスム、ユニークな花でした。葉が臭いこと!!

mint さんへ
2007/11/24 23:08
可愛いお花。。。蕾を見つけるまでの
ドキドキ感が、伝わってきました。
しっかり育ってくれているようで、良かったですね。
さすが一花さんです。
chiemi
2007/11/25 00:05
この季節に花を付ける花木は少ないですから貴重なクラリンドウですし、クサギの仲間で良く似た花で良いなと思います、インキスム初めてだす、シベが異常に長くて植物の不思議を感じる花ですね。
OSAMI
2007/11/25 12:35
chiemiさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。
これは蝶が飛んでいるような可愛いお花です〜。蕾が出来ないと思っていたのに、思わずも出来てラッキーでした。
これ、しっかりと育ってくれていましたが、花房が今年は小さめでした。一夏水遣り頑張った甲斐ありました〜。枯らし専門で、chiemiさん程上手でないです〜。
chiemiさんへ
2007/11/25 19:17
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
この時期に花を咲かせていますが、去年は10月中旬でした。
うちで開花したのがちょっと遅かったようです〜。寒風で葉が傷んできますので、朝夜は室内です。
クサギの仲間は奇麗な花が多いですね。
インキスムは名前も??ですが、蘂が長くて独特でした。知らない花が温室にはたくさんあり、名前を覚えられそうもないです〜。
OSAMI さんへ
2007/11/25 19:19
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) ほか。 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる