一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

<<   作成日時 : 2007/11/28 21:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 17

画像

去年、1株のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)を近所から戴いて育てたが、その後種子が零れたようで、意外な2つの鉢から今年株が出て花が咲いている。
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) 2006/11/17
画像

直径1センチ位のこの桃色の金平糖のような花は、この時期あちこちでカーペット状になって桃色の絨毯を敷いたように美しいものを見かける。またコンクリートの間からも逞しく出ていて雑草並みの勢いだ。
この勢いの良さは、あちこちに蔓延るイヌタデ、ミゾソバ、ママコノシリヌグイ、ミズヒキ、イタドリなどと同じタデ科タデ属の仲間だ。
去年調べた時はこれはイヌタデ属になっていたが、山と渓谷社の「日本の野草」の本ではタデ属になっている。(ミズヒキも同じタデ属に分類されている。)
画像

V字模様の葉斑入り葉が最初鉢から出てきたとき、ギンミズヒキがこんな鉢の中まで蔓延ったかと思ったが、次第に株がだらりと伸びて先に小さな桃色の金平糖の形の花を付けてヒメツルソバだと分かった。
ギンミズヒキ2007/09/25
去年生えていた場所からは未だに出てこないので、恐らく湿り気がある場所に植えていて、そこを堀り起こしたりしたのが悪かったようだ。ソバ同様、多肥にも弱いそうだ。
画像

この金平糖のように見える花弁は萼または花被と呼ばれるものであり、花弁がないのがタデ科植物の特徴の1つだそうだ。
この花を撮影して見ると、イヌタデ同様開花しているものをあまり見ない。見ているととても花期が長いが、これは花弁(ガク)がそのままの色で種子を包んでおり、そのままの状態で落下していて、常に新しい花の状態で咲いているように見られる花のようだ。
枯れ花が見られないようで常に美しいが、サクラタデやイヌタデも枯れ花がなかったようだ。
これも他のタデ科独特に当てはまるのだろうか? 
画像

ヒメツルソバは、ヒマラヤ原産のもので日本にはロックガーデン用に明治期に入ってきたそうだが、耐寒・耐暑があり本来は常緑多年生の草本ということだ。
暖かい場所では多年草化していて−5℃までは耐えられるそうだが、育ててみると霜や寒さにはやや弱いようで真冬には地上部が枯れている。秋にはイヌタデ同様、葉の草紅葉が見られるようで、これから楽しみだ。
画像

流通名はヒメツルソバだが、学名のポリゴナムで去年の初夏に花屋で売られているのを見たが、暑い時期は花が咲かないようだ。
なおヒメの付かないツルソバという植物もあるが、これは暖地の海岸に自生する多年草で、花は白や薄桃でミゾソバに似る。
また先日、ソバ(蕎麦)の花を色々見てきたが、このヒメツルソバの花姿とは大分違っていて、蕎麦はソバ属だ。
ツルソバ(蔓蕎麦):植物園へようこそさまHP 

画像
              <蕎麦の花3種:2007/11/15撮影>

タデ科タデ属の花を見ると、ヒメツルソバやママコノシリヌグイ、ミゾソバなどのように丸くなったものと、イヌタデ、オオケタデ、ミズヒキ、イタドリなど穂状になったものに分かれている。
また、タデ科タデ属の中にイブキトラノオも含まれており意外だった。
下は今まで画像アップしたタデ属のものをいくつか纏めてみた。
画像
          <オオイヌタデ>

画像
                <左:サクラタデ、右:イヌタデ(アカマンマ)&サクラタデ>    

画像
                     <ミズヒキ&ギンミズヒキ>  

画像
                     <ミゾソバ&オオケタデ(ハブデコブラ)>

画像
                      <イタドリ>

画像
                   <ポリゴナム・アフィネ(タデ科タデ属)



先日、11月12日昭和記念公園の日本庭園の裏にある盆栽苑にてこのヒメツルソバとスギゴケ、ボケの寄せ植えしてある鉢ものがあった。
画像
<ヒメツルソバの盆栽寄せ植え:2007/11/12昭和記念公園盆栽苑>
画像
 

「ほろ酸ゆくほろ青くさくイタドリの茎かむ此処はふるさとの野辺」(鳥海昭子)

「オオケタデ塀越えて咲き一人住むあなたの声の明るく聞こゆ」(〃)

「あなたのため私は役に立ちたくてアカマンマ炊くままごとなりき」(々)

「街をゆき子供の傍を通る時蜜柑の香せり冬がまた来る」(木下利玄)

「我が屋戸の穂蓼古幹(ふるから)採み生(おほ)し実になるまでに君をし待たむ」(万葉集・巻11-2759)


<ヒメツルソバ>
タデ科イヌタデ(ポリゴナム)属
学名: Polygonum capitatum
原産地:インド北部(ヒマラヤ)
別名: ポリゴナム・カピタツム カンイタドリ
花期:7月〜12月
性状:本来は常緑多年草 、日当たり、日陰でも可。多肥多湿に弱い。
花色:ピンク
草丈:5〜10cm(匍匐性)
耐寒温度: -5 ℃(霜には弱く、上部が枯れる)
グランドカバー、ロックガーデンとして。

「コンクリの裂け目に這いて花咲かす姫蔓蕎麦の丸き小花は」

「一日ごと寒さ身に沁みる霜月も三日残して花咲き急ぐ」

「地に這いて桃色絨毯見るごとく姫蔓蕎麦の花の華やか」

「姫蔓蕎麦小さき花の金平糖ひと粒口に入れてもみたし」

「盆栽の鉢に身を寄せ姫蔓蕎麦桃色小花主張ありやなし」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒメツルソバのこといろいろと勉強になりました、カメラ目線のコンペイトウのような花のアップはなかなか綺麗ですね。
そのほかタデ科のいろいろの花楽しませていただきました、原画が何れも大きいサイズになっていて綺麗なところを十分見させて頂きましたよ。
OSAMI
2007/11/28 21:39
やたらと増えて困ったちゃんなのに、結構人気で売れました。あと、今年は夏雪蔓というタデ科の植物に出会いました。遠目には、イタドリのようにも見えましたが、その花が小さくてまるで新雪が積もった朝の庭木のようでした。そして先月近くの大きな川の土手に自生しているのを見ました。植物好きを自負している割に見逃している自然を実感しました。ついでに今年は藍タデを手に入れ鉢植えにしました。来年出てくるといいな、と、期待しています。
ラフレシア
2007/11/28 22:36
物凄い繁殖力であっという間に増えちゃいますよ〜。かわいい花なんですけどね。ピンクの金平糖みたいですよね。葉も赤く紅葉してくれていいのですが・・・自分も好きな花です。 アカマンマ(イヌタデ)も色具合がかわいいですね。
mint
2007/11/28 23:07
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ヒメツルソバは毎年そちらで桃色絨毯を撮ってアップされてますよね。
うちの周りでも結構蔓延っていますがあれほどはないです。コンクリの上でも伸びるのですよね。
これは撮影になかなか苦労してボケばかりの画像でした。今日アップ前に花を1つ採り、蛍光灯の下に置きフラッシュしてやっと撮れてヤレヤレでした。
こちらのブログサイトの標準設定画像が少し小さくて見難いようで、他のサイトの方の画像を見ると大ききのですよ。プロパティーで見ると、640×480ぐらいのサイズでアップしてありますね。私も手直ししてアップしていますが、これに暇がかかりますね。右左横並べ画像する場合、下のスペースを取らないと文字と画像がダブルようですが、何か方法があったようなんですネ。。それも面倒のようでした。。タデ科のイタドリ画像忘れて追加しました。
OSAMI さんへ
2007/11/28 23:26
ラフレシアさん、こんばんは。寒くなりましたね。コメント有難うございます。これって結構花のない時期丈夫で蔓延ってグランドカバーにもなり、人気ですよ。そちらでも売り切れですか〜。良かったですね^。
ナツユキカズラは聞いたことがありますよ。でも売っていないです〜。花が白く蔓性のものですよね。生育が早くのり面カバーにもなるとか。
花を見るとイタドリ似ですね。これもタデ属なんですね。
同じ属ではないのですが、タデ科のアサヒカズラ(ニトベカズラ、クイーンネックレス)を去年から育てていますが、まだ花が咲かないです^。植物園の温室で写してきましたが、ベゴニアのような桃色の奇麗な花です〜。
タデ科のタデアイを鉢植えですか?いいですネ〜。非耐寒性で温かい場所に生育ですよね。苗も売っているのですか?染料として使われていますが、花がイヌタデに似ていますね。来年出てくるといいですね〜。
そうそう、サクラタデが凄い人気ですよ〜〜。店で販売されていなくて山野草店、ネットで求めましたが、これお勧めです〜。
ラフレシアさんへ
2007/11/28 23:32
ミントさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは繁殖力旺盛で、近所でも車庫やコンクリートとの間から出ていて、うちになかったので一株貰って植えてみました。でも地植えしていた場所からは出ていないのです〜。
タデ科タデ属の中ではサクラタデとこれが金平糖のようで可愛いですよね。
イヌタデも植えた覚えがないのに花壇の外で咲いています。去年も紅葉奇麗でしたよ。
イヌタデも写真撮って見ると意外に可愛いものです〜。タデ狂い?の方もいらっしゃるようです〜。
mint さんへ
2007/11/28 23:36
「姫蔓蕎麦小さき花の金平糖ひと粒口に入れてもみたし」一花さんなら試したんじゃないかと思うほどいつも精緻な観察ですね
はなはな
2007/11/28 23:50
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
そちらでこのヒメツルソバのアップの時、一緒に本物金平糖画像がありましたね〜。美味しそうでした^。ずっ〜と昔食べたのですが、もう味忘れました。
きっとはなはなさんも先日アップ後か前?に食べられたのでしょうね〜。
可愛い花ですが逞しいのですよね〜。
はなはなさんへ
2007/11/28 23:58
そこらあたりに一面に逃げ出したヒメツルソバの花が初冬にもめげず繁殖開花していますね。原産地がヒマラヤであればこれ当然のことかも知れませんね。
ぽんぽこさんご指導のもとタデ科の花に特別関心をもつ人が増えてきました。
明後日から12月になりますね。今日は真冬並みの寒さを感じます。定期検診に寄った大学病院のドクターが「健康なおじいちゃんは病人が溢れている病院には来ないでください。」と申しました。予約なのに2時間半待たされて診察は5分。次回予約は来年6月です。インフルエンザの予防注射は済んだし今年はこれで病院とはご縁がないよう祈るのみです。向寒の折からご自愛下さい。
目黒のおじいちゃん
2007/11/29 14:48
目黒のおじいちゃん 、こんばんは。コメント有難うございます。
ヒメツルソバはここ何年かで急速に雑草並みに蔓延ってあちこちで見ますよね。他の花の少なくなったこの時期、金平糖のような可愛い花が元気に咲いてくれて人目を惹きます。この元気さはタデ科タデ属特有でしょうね。
ぽんぽこタデ博士さんの御蔭さまで、皆さんタデに目覚められて〜いますね。
サクラタデが来年は花屋でひっぱりだこかも?しれませんね。
ここ急に寒くなってきましたね。夕べも冷えましたが、今日も一日中暖房していますが、外も冷えていますよ。そんな中、定期健診で予約で2時間半待たされて診察5分ですか?私も何時もそんなものですよ。通院だけで具合いが悪くなりますが、病院に行ける人は元気な証拠?かもしれませんよね。5分診察ということは何も異常なしということで、その一言で2時間半の疲れも飛んでしまいますよね。次回は来年6月で、今年もうインフルエンザ予防もされて、お元気に暮れもお正月も迎えられますね。主婦はこれから12月が一番忙しい時です^。寝込んでいられませんが、目黒さんも益々お元気で風邪など御気をつけください〜。
目黒のおじいちゃん へ
2007/11/29 18:01
まっこち〜〜〜〜靱か、子じゃっどね〜
鎌首?もたげて咲いてる様が むじょかっちおもちょっと。
四角の平鉢に植えっせ〜塀の上から垂れ下げようと思うのじゃっどん。
昭和公園の盆栽でもこんな風に寄せてあったとね。
去年は小坊主がたてこんで植えてあって目を惹きましたガヨ。
蕎麦の写真。拡大すると大丈夫だけどそのままだと縦横の比が???
これはどんな操作でそうなっとじゃろかい?
都城弁じゃないけれど 師走になってん。てげてげで行きもんそな。
都の検査が(情報開示)終わってほっとしています。なんで月末に
やっとでしょうね〜〜まっこち、机上の仕事んシはわかりもはんナ。
nobara
2007/11/29 18:42
ヒメツルソバはジュータンの様に蔓延っていて、葉は少なく花の方が沢山付くのかと思っていました。2枚目の鉢植えや、最後の寄せ植えを見ると葉の方が大きくて花は小さく、花の間は空いていますね。ジュータンの様に咲くのも見事ですが、ゆったりと咲いている寄せ植えのヒメツルソバも良いですね。
デコウォーカ
2007/11/29 19:09
あら〜ま〜ノバちゃん、こんばんは。ま^忙しい時間、コメントありがとうさん。今日は寒かったね〜。これって丈夫でもじょか〜ので、人気で花屋さんでも売れっ子だって。丈夫と聞いていたのに、地植えしていたらこれはどろんどろんでした?鉢の寄せ植えだといいかも?うちも知らん間に出てきて、垂れてきているよ。
昭和記念公園の盆栽苑、これ可愛いよね。時期によって色々植えてあって、あそこも楽しいよね。行くたびに撮ってありますがよ。(アップまではなかなかです。)
蕎麦の写真、3枚組にして横比がうまくいっていないのよ〜。
2枚はなんとかOKだったけど、3枚は無理のよう。画像を左右で貼ると、下のスペース調整が面倒です。何か方法があったと見たようなんだけど。。??です。
師走テゲテゲな〜。ほんに、いろいろ今年は自治会やら忙しくて、すったいテワンと〜。じゃっどん、専業主婦は暮れに頑張らんな何時もお暇〜では申し訳なか〜て。
暮れはなにかにとそちらも忙しいのね〜。寒いので風邪ひかんごっつ、きばったもんせ〜。
nobaraさんへ
2007/11/29 23:58
デコウォーカーさん、こんばんは。コメント有難うございます。
あちこちで見かけるヒメツルソバは桃色絨毯のようですよね。
残念ながらここのもの、侘びしい感じです〜。葉が結構大きくて、花は1センチ位のものです。日当たりから日蔭まで耐えられるので、日当たりでは絨毯のようになるのでしょうね。去年OSAMIさん宅で見せて戴いたものは凄いでした〜。盆栽の寄せ植えも感じがいいですよネ。
デコウォーカ さんへ
2007/11/30 00:01
一花さん、ヒメツルソバは先日娘の家で地植して蔓延って芝生の様に広がったのを撮りましたが、鉢植えで見るとまた違った花に見えますね。地植のは全くの雑草としか見えないのです。
彦左
2007/11/30 19:32
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
ヒメツルソバは娘さん宅のもの、凄く蔓延って芝生のようで見事でしたよね。うちのもの、去年1株戴いたものが同じ場所から出てきませんでした。日当たりも悪かったのかも?しれません。でも鉢の中からこぼれダネとして出てきました。盆栽植え、可愛いですよ〜。地うえだと雑草?ですか?でもマクロで見ると金平糖のようで可愛いですね。
彦左 さんへ
2007/11/30 22:29
はじめまして。一ヵ月ほど前からベランダの排水溝の辺りにこの葉がどんどん伸びてきて、、一体何の草??と悩んで?いたら、今日花まで咲いてるのに気づきビックリ!でもそのお蔭でこの名前に辿り着く事ができ、このサイトに出会いました。ほんと、丁寧なお話を有難うございました(^^)/~~~
kure
2008/11/01 21:43
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる