一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS サザンカ(山茶花)2種ほか

<<   作成日時 : 2007/12/01 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

小さな苗から昔求めて塀際に植えたサザンカが、11月から次々と咲いている。
サザンカ3種2006/12/16
6種植えてあるうちの4種が今咲いているが、一番開花が早かったものは一重の白だ。
画像

蕾のうちは薄桃色がかかっていたが、開花したら真白になり、花びらも波打って大きく目立っている。
画像

夫は茶毒蛾がつくと言って山茶花は植えたがらなかったが、私が欲しくて塀際に遠慮して植えたものだ。これには幸いにもまだ茶毒蛾は発生していない。
いつも椿に発生して、今年は何本かの枝の葉が全部食べられていた。
画像

銘があったがラベルがなくなり、他と比べるとこの葉の緑は濃い。
画像


2番目に開花したものは、花びらの内が薄桃色で外側と縁が濃い桃色だ。優しい感じと華やかさがあり蕾もたくさん出ている。
山茶花2005/11/15
画像

これにも銘があったが、なくなった。
画像

サザンカはその花がまだ枯れずに美しいうちから1枚1枚の花弁が散って花期が短くて惜しまれる。
画像

種類によって早咲きや遅咲き、そして花びらも一重、八重、半八重、色も、白、ピンク系、赤系、ピンクと白のぼかし系などを見る。
葉はギザギザで椿同様艶があるが細めだ。花には芳香があり、夫々の種類のサザンカによって香が微妙に違うようだ。
画像

サザンカは暖地の山地に生えるツバキ科ツバキ属の常緑小高木で原種は白花だそうだ。
田舎の山にも自生していて、その白い花を見たことがある。
原産地は四国、九州、沖縄の日本原産で、学名も英名もサザンカ「sasanqua」と書いてあり日本特産種だ。
画像

中国の「山茶花」は本来はツバキのことで、サザンカの中国名は「茶梅花」という。これは室町時代から観賞されて、江戸時代には一大ブームになって多くの品種が作られたようで、今では120種余りもあるようだ。
西欧には長崎の出島へオランダ人として来ていたスウェーデンの植物学者で医師のツンベルク氏が持ち帰って広まったそうだ。
画像

サザンカも開花期によって分類されているが、この2種は早咲きの大輪系でサザンカ群とよばれるもののようだ。
山茶花に去年の実が数個出来ていたが、昨日見たら全部中が弾けていた。昔はこの実から椿の実同様、油が採られていたようだ。
画像


「咲くもよし散りてやさしき山茶花のふたひらみひらの花びら拾う」(鳥海昭子)

11月18日出かけた神代植物園の椿、山茶花園でも満開の山茶花が見られた。
画像

画像

画像
           <2007/11/18:神代植物園にて>



「山茶花の散りしくあたり用のなき鶏のごとく歩めりわれは」(大西民子)

これは盆栽仕立てでも出来るようで、昭和記念公園で11月12日に見た。
画像



「静かなる雨に散りたる山茶花の踏まれやすきを踏むなりわれも」(伊藤一彦)

「堂塔のまうへの空も暮れゆきて寒き師走の古雲がをる」(前川佐美雄)

「山茶花はさびしき花や見れば散る」(池上不二子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考として(去年のブログ記事より)

<サザンカの分類と品種>
@サザンカ群:秋から冬咲き。一重か二重咲き。花は大輪系が多く、樹形は立性が多い。
Aハルサザンカ群:サザンカとヤブツバキとの自然交配種。冬から春に開花するタイプ。
Bカンツバキ群:サザンカ群とハルサザンカ群の中間で真冬に咲くタイプ。ツバキとの交雑種とされているが八重咲きなど品種が多く、樹形は立ち性。「勘次郎」「乙女サザンカ」「富士の峰」「朝倉」などに分かれる。

★「カンツバキ」と呼ばれるものには、サザンカとツバキの交雑種の「カンツバキ群」と、本来のツバキの「カンツバキ」の2種類ある。カンツバキの「獅子頭」はカンツバキ群のもとになった品種。

<サザンカとツバキの違い>。
子房(雌しべの一部)と新芽:サザンカには、子房と新芽の葉に毛がある。(葉が開くとなくなる)ツバキには、どちらも毛がない。
花期:サザンカは秋咲き、ツバキは3月(どちらも例外もある)
花姿、散り姿:サザンカは花びらが1枚ずつ散る。ツバキは花ごと散る。(例外もある)

山茶花品種
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「山茶花の花びら揺らし目白二羽庭の桜の古巣を知るや」

「咲き満つる山茶花花びら二三弁散りて美し師走朔日」

「山茶花の垣根の歩道急ぎ行く山と積れる欅の落葉」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
さざんかの花の種類はたくさんあって、それぞれに香りもちがうのですね。
友人と一緒に歩いている時、他家のお宅に咲いている同じ花を見て、私が♪”さざんかさざんか咲いた道〜”と歌うと、友人は♪”さざん〜かぁの〜や〜ど〜”ですって!
同じ花を見ても 頭の中でイメージする事が、互いに こんなにも違うおもしろさ!
やまびこ
2007/12/01 21:44
 一花さんちでも6種もサザンカが植えてあるのですか。この時期に咲いてくれる、貴重な花木ですよね。
 うちでも生垣にサザンカ、タチカンツバキを植えていますが、刈り込まれるのであまりいい姿ではないです。やはり、広い庭でのびのび咲かせたいですよね。

 白いのも淡いピンクのも良いですが、ツバキよりもひっそりと咲く風情で初冬に相応しいですね。

 紅のタチカンツバキの花びらは、沢山集めると花びら染めでスカーフなど染めることも出来ますね。
なおさん
2007/12/01 22:00
12月に入り、私も初冬の花のサザンカを取り上げました。流石に香貫山にも花が無くなってきましたがサザンカはその中で頑張っていました。そちらの庭では、未だこれからのサザンかも有る様で、楽しみが続きますね。神代植物園の八重のサザンカは見事ですね。
デコウォーカ
2007/12/01 22:01
 こんばんは、ちょっとご無沙汰している間に、お花がどんどんかわっていました〜!、山茶花、一花さんのお宅は6種類もあるのですね、今の時期、沢山の場所でいろいろな種類を見ることが出来ますよね、我が家でも、垣根にしていますが、チョット花付きが悪いのですが、淡いピンクの一重です、  そうですよね、夏にはチョット油断をすると茶毒蛾がつきます、私はいつもキンチョール片手に、チェックです(笑)
でも、新しい住まいにも山茶花は植えたいなと思っています。
 オキザリスも、一花さんが言われたように”オキザリ”にしていたら、今色々なオキザリスが開き始めました。
いけちゃん
2007/12/01 22:58
やまびこさん、こんばんは。コメント有難うございます。
サザンカは種類が多いですが、花色は似たような感じですよね。花それぞれに香りが少しずつ違うようですが。。公園や垣根では桃色の一重を多くみますね。
垣根に多く見ますが、私は♪”さざんかさざんか咲いた道〜”です〜。
夫は”さざん〜かぁの〜や〜ど〜”かも知れません??、
この花を見ると、「焚き火、霜やけお手手がもうかゆい〜」が思い出されて、冬が来たな〜としみじみ思います。師走ですものね^。
お花の歌が多くて、人夫々のイメージがあるのでしょうね。カラオケさっぱり〜です。
やまびこさんへ
2007/12/02 00:17
なおさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
うちは狭い庭なのに、サザンカが植えたくて私が選び、それぞれ花の違う種類を小さい苗から植えました。八重の白っぽいもの、去年、今年は咲いていないようです。
この時期、花壇の花も少なくなりましたね。
椿ももう鉢ものが1輪咲いています。どうしたのでしょうね〜。
チューリップで花びら染めされましたが、タチカンツバキでも染まるのですね。たくさん集めなくてはいけないですね〜。イチョウの葉とか、邪魔っぽいものでも染まればいいですのに^^。
なおさん へ
2007/12/02 00:20
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
今日はまた偶然一緒でしたね〜。
山もお花がもう見られないのでしょうね。花壇も少ないですが、鉢ものが幾つか頑張ってます〜。サザンカは花期が短く、じゅっくり観賞出来ず惜しい花ですね。
神代の八重は花つきが見事でしたよ。よそで見ていると白の八重は椿のようですが、花期が早いですね。赤の八重もOSAMIさん宅では早々とアップされてましたね。
デコウォーカ さんへ
2007/12/02 00:21
いけちゃん、こんばんは。お久しぶりです〜。コメント有難うございます。愈々師走になり、何かと忙しいですね。冬はお花が少なくなり侘びしいです。冬支度もエンジェルストランペットとあと少しです〜。
うちの6種のサザンカは、まだ株が小さいですよ〜。夫に嫌われて私が遠慮して植えています。公園でももう盛りでしたね。
いけちゃんちも垣根になっていますか?淡いピンクなんですね。目白が来ません?うちは盛んに飛んできますよ〜。
茶毒蛾は山茶花でなく、何時も椿がやられます。皆さん、何故かキンチョール?なんですよね〜。
そろそろお引越し準備で、お庭の事も考えてらっしゃってお楽しみですね。
そうそう〜オキザリス、うちも夏場置き去りにしていたのが今開花しています〜。でも1鉢不調のものがあります^。2年も植えかえせず置き去りばかりしたようで〜〜。
いけちゃんへ
2007/12/02 00:24
「咲くもよし散りてやさしき山茶花のふたひらみひらの花びら拾う」(鳥海昭子)「山茶花の垣根の歩道急ぎ行く山と積れる欅の落葉」 鳥海さんは、どこかにいつも人が介在していて、そこに何かをこめているようですね。この歌は何かなあって考えてみると、いつも優しい心でありたいってこよかな?一花さんの今日の歌は、秋と冬のいりまじった光景を感じますね
はなはな
2007/12/02 06:23
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。サザンカは咲いても綺麗ですが、まだ花が枯れないうちに散って惜しまれる花ですよね。枯れ野や庭に桃色の花びらが落ちていると拾いたくなります。
鳥海さんの歌、自分の行動や仕草が出て情景が目に浮かびます。
私のうた、山茶花の歌の垣根と落葉イメージで詠ったのですが、ご指摘のように秋と冬が入り混じって、景色が割れていますね。焦点がふたつになっていい加減でした。欅落ち葉の中に山茶花の花びらが浮かび立っている情景で再考、推敲してみますネ。
はなはなさんへ
2007/12/02 18:51
一花さん、姿の良いサザンカの木ですね。私の庭も南天とサザンカはいやと云うほどあるのですが、昨年ばっさり切ってしまったので、今は門のそばの一本と裏にある一本だけに花が咲きました。白がありません。やはり紅白咲かないと寂しいです。
彦左
2007/12/03 20:56
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
サザンカの花の違う種類を私が求めて植えたのですが、まだ小さな木です。でも花がそれぞれ違って楽しめますよ。メジロも飛んできて蜜を吸ってあす^。ご自宅は南天屋敷でしたが、サザンカもたくさん植えてあるのですね。皆さん垣根のものは剪定されてらっしゃいますね。今年花つきが侘びしいでしたね。でもまた来年枝分かれして見事でしょうね。桃を多く見ますが白もいいですよ。
彦左 さんへ
2007/12/03 23:27
サザンカ(山茶花)2種ほか 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる