一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 外出先にて「冬枯れの野の中に」

<<   作成日時 : 2007/12/16 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

昨日12月15日、出かけた雑木林の中では、まだイロハモミジの葉が残って耀いていた。日当たり具合で葉の赤さに影響が出るようだ。
画像






「p莢(さふけふ)に延ひおほとれる屎葛絶ゆることなく宮仕へせむ」(万葉集:巻16-3855)

もう冬枯れの季節となり野山は花も葉も枯れてきているが、そんな中、赤や朱色っぽい実のものが目に付くようになった。
画像

この時期のヘクソカズラの実は茶色になって、此処だけでなく近くでも見かけている。
今年夏場に我が家のフェンスにも絡まって、別名で白いヤイトバナやサオトメバナと呼ばれる奇麗な花が咲いていたが、抜いたら葉が臭かった。
いまの時期の実は臭くないようだ。
画像

「ところづら絡まり花咲くへくそかづら引きて今年の藷をば得たり」(土屋文明)





ツルウメモドキ(蔓梅擬)は花材になり、花屋さんでもこの時期売っている。小さい頃、母が生け花としてよく活けていたものだ。
画像

これは蔓性落葉低木でニシキギ科ツルウメモドキ属だが、花も実も梅に似ないのに蔓から伸びた枝が梅の枝に似るそうだ。
見えている黄色いのはガクでなく、実が割れて中のものはタネだそうだ。
なおウメモドキというのもあるが、モチノキ科モチノキ属の落葉低木で、赤い実が奇麗だ。
画像







「梓弓引き野のつづらすゑつひにわが思ふ人に言のしげけん」(古今和歌集)

ツルウメモドキの傍のクズと一緒に蔓に絡まって、青い葡萄のような実が生っていていた。野葡萄かと思ったが、アオツヅラフジ(青葛藤)というのもあるそうで、若しかしてそれであろうか?
アオツヅラフジはツヅラフジ科アオツヅラ属で別名カミエビと呼ばれるそうだ。ブドウ科にエビヅルというのもあり、似たような青い実がなる。
画像








藪中から枝に絡まってよく見ないと分らないような黒い実があり、これはタンキリマメでマメ科タンキリマメ属だ。夏咲く花が黄色くマメの花のようで、実の豆果が赤いが、これは実が弾けて黒い種が見えている。
画像

痰を取り除くために全草と莢を乾かして煎じて民間薬として飲んだそうだ。
近縁種トキリマメと似て葉の形態で区別されるそうだが、トキリマメの小葉は先端が細くなって尖るそうだ。
残念ながらもうここの葉が枯れてよくわからなかった。
画像







「いい便りありそうな日のカラスウリ手の届かない高みに赤し」(鳥海昭子)

カラスウリの葉は枯れているが、赤い実がこれも藪に絡まっているのをこの時期よく目にし、今回で4回目だ。
白いレース状の花は夏の夜に開花する一夜花だが、まだしっかりと撮ったことがなくブログでは人気で見ている。
画像


赤い実はなかなか野鳥は食べてくれないようで、中の種はカマキリの頭に似せて鳥に食べられるような工夫があるそうだ。また、上から見ると大黒様の持っている打出の小槌にも似て、これを財布の中に入れておくとお金が貯まるようだ。カラウウリの別名は玉章(タマズサ)とも呼ばれているが、種の向きによってはその形が結び文の玉章に似る。
画像

藪に絡まったものが誰かに切られており、以前落ちていた実の2つを拾ってきて飾ってある。
商売繁盛やお金が貯まるようにと、この実が店屋の軒先や家庭の入り口に吊ってあるのを見かけている。
画像






この時期にツツジが開花しているのを毎年見かけている。狂い咲きでもなさそうだ。
画像


「末枯るる枯れ野の藪にぶらぶらと烏瓜の実赤々として」

「静かなる雑木林の冬木々の中に一本紅葉耀く」

「ひと知れず花散り実を生す藪中の朱実鮮やか鳥を待つらん」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
「いい便りありそうな日のカラスウリ手の届かない高みに赤し」(鳥海昭子)いいことってなかなかそう簡単には手に入りませんね。まあだから頑張るんでしょうね。「末枯るる枯れ野の藪にぶらぶらと烏瓜の実赤々として」そうそうそんな感じです。町内の清掃ご苦労様です。そういう共同作業が顔見知りになる第一歩ですね。
はなはな
2007/12/16 19:39
ヘクソカズラの実が沢山稔っていますね。こんなに豪華に稔った姿は見た事が有りません。茶色が光っていてなかなか可愛い実ですね。この他のツルウメモドキもカラスウリ等の実も今年一年の成果で来年以降の子孫繁栄に貢献できると良いですね。
デコウォーカ
2007/12/16 21:34
 一花さんは昨日お出かけで、いろいろなものを見てこられたのですね。華やかさはないものの、枯れ姿の野山では、けっこう見栄えがするものですね。
 ツルウメモドキもアオツヅラフジもカラスウリも、なかなかいい色あいになっていますね。

 タンキリマメの実も黒と紅で渋い色あいで、面白いものですね。
 
なおさん
2007/12/16 22:01
雑木林は初冬の感じが強くなっていていろいろの綺麗な実が目に付く感じになっているようですね、時々街の外れでも目にするカラスウリの中の種は初めてですが面白い形をしているのですね、私も見かけたら中の種を取り出してみようと思います。
OSAMI
2007/12/16 22:16
枯れた世界にも、彩りはあり、
心和みますね。
色も探せば、必ず有るもの。
見ようとしないと見つからないのですね。
ご無沙汰してしまいました。
例の研修が入り、先週は嵐のように、
忙しい日々を、送っていました。
もう年賀状を、出さなくてはならない時期になりましたね。
あれも、これもと、慌しい気持ちに気付き、
「師走」・・・の言葉をかみ締めています。
chiemi
2007/12/16 22:43
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
この頃なかなかいいことがないです〜。下り坂でコケてばかり〜〜。!(^^)!
頑張らなくちゃです。
カラスウリを今年何度か見ていますが、藪の中にあってぶらぶらして手が届かなかったのですよ。先日落ちていたもの拾って来て飾りました。種もしっかりと3粒あります。
休みというのに、寒い朝9時前から12時過ぎまで掃除でした。植物好きな方が多くてお話弾みましたよ。苗を戴いたり差し上げたりですが、植物ベテランさんが多いのですよ。でも庭の状態や場所によって植物が育たなかったりです。

はなはなさんへ
2007/12/16 22:44
デコウォーカーさん、こんばんは。コメント有難うございます。
この周辺ではたくさんのヘクソカズラの実を見ますよ。これだけの実だと、花も豪華?だったでしょうね。小さな実からすると、あの花を想像できないですよね。子孫を残す為に、鳥に食べられるように目立っているのでしょうね。
人間様が採って、ツルウメモドキ、サルトリイバラなどと一緒にリースになさる方がいらっしゃいますね。
デコウォーカ さんへ
2007/12/16 22:49
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
出かけた先で帰りに雑木林を通ってきましたが、実ものが目に付きました。
ツルウメモドキはたくさんあってビックリでした。花屋でも見かけます。
青実はアオツヅラフジだったようです。カラウウリは今回で4回ぐらい見ています。種は初めて観察しました。タンキリマメは花は見たことがないのですが、赤い莢が独特で黒光りの実が目立ちますね。
なおさんへ
2007/12/16 22:52
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
もう初冬で落葉がすごくて土が見えず、雑木林はフカフカでした。藪の葉が枯れている中に赤い実が目立って、小鳥に食べてとでも言っているようです。
カラウスリは以前落ちていたものを拾ってきていたのですが、今回初めてその中の実を見ました。カマキリの頭のように変身して、鳥に食べられるように工夫していたのですね〜。お財布に入れてみますが、効果?ありでしょうかね。
OSAMI さんへ
2007/12/16 22:56
Chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
葉は枯れて散りますが、実ものは繁殖のためか鳥に目立つように赤く色付いているものが多いようです。(青紫もありますが。)
藪中に小さく目立って光っている黒い種のタンキリマメ、初めてでした。インパクトありですよね。
先週は研修でお疲れさまでしたね。もうご多忙の日々終わられたのでしょうか?
師走で毎日走ってらっしゃいますね。まだまだ主婦はこれからが正念場です。寒さも愈々これから本番で、風邪を引いている暇ないようですね。頑張ってまだまだ駆けなくちゃ^^。です。
chiemiさんへ
2007/12/16 22:59
エビヅルならば 食べられるよね。これはアオツヅラフジ らしかね〜
私もたてもの園内散策してたら カサコソと冬の音がしもしたがよ。 所々の紅葉もまだ見るに耐えられるかんじで素敵じゃっどな。カカランハが黄色くなってたりね。カカランハ団子を思い出しかたじゃったがよ。タンキリマメは滑稽なような剽軽なような感じじゃっどね。前、葛西水族館で見かけてすっごく受けた気のすっと。カラスウリのその種は縁起がよからしかね。財布に入れとくとよかみたいじゃっどね。原チャ乗りには厳しい季節にないもしたぁ〜仕事も何かとせからしか〜気がしもんど。きばいもんそな。(*^-゚)⌒☆
nobara
2007/12/17 19:05
あら〜ノバちゃん、こんばんは〜。師走で忙しいのに、ま〜ここ玄関先でお喋りしかたで・・。熱いお茶も出さんで〜。(うんまかツケモンは漬かってるんだけどネ〜)エビヅルは葡萄のようで食べられるみたいね。これは小さな実でしたが、アオツツラフジというのもあるようで、初めての名前でした。
ま^藪には色々な実が豊作で、・・。カカランハはこちらに出てきても採って、これで団子を作ってました〜。それとケシン(ケセン)の葉を送ってもらってヨモギ団子も作って、こちらの方にたべさせてあげたら、匂いが良くてビックイされもした。あちらでは売っているよネ。タンキリマメはしっかい藪中を見たらぶら下がっていて、ラッキー!!初めて見たのよん〜〜。探せばあるものね〜。カラスウルは田舎では藪の花で、イッチャンすかんかったがよ。それがま〜、ブログでも人気の花で実が大黒様だったとは。貴重な実??扱い。お金が貯まりもンソかいな?もう朝夕冷えて、原チャはぬさんね。しっかいと防寒対策してきばってタモンセ。暮れで走らんないかんで、風邪ひかんごっつ、しやったもんせ〜。これからハシット気ばいもんそな。(*^-゚)⌒☆
nobaraさんへ
2007/12/17 21:25
外出先にて「冬枯れの野の中に」 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる