一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS サンペイツバキ(参平椿)と冬至

<<   作成日時 : 2007/12/22 19:57   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

今年2月に幼木から求め、鉢管理としている茶花用のサンペイツバキ(参平椿)に早々と1輪の花が咲いた。
庭の椿(匂い椿&参平椿)2007/03/14
これも狂い咲きかと思っていたが、この花の開花期は11月中旬から咲き始めて3月頃まで咲き、お目出度いお正月の床飾りの添えや一輪挿しに最適と書いてあった。
花は一重のラッパ咲きで中輪の筒蕊だが、花びらの縁が白く、別名「へりとり椿」の銘もある。
画像

ラベルには茶花椿とあるが、侘助などとは違ってこの参平椿は茶花としては随分明るく華やかな感じだ。
画像

今年2月に求めた時には蕾が2つ付いていて、3月に初花が開いた時は花弁をヒヨドリが食べていたが、2輪目は随分妖艶な花姿だった。
画像
               <今年2007年3月2日、開花のもの>

今回開花したものは、寒さで花びらが傷んでいたが、まだ蕾が5つ付いているので開花後もまた楽しみだ。
画像



今日はもう12月22日となってしまっているが、ひと月以上前の11月18日に出かけた神代植物園では、イチコワビスケ(一子侘助)とベンテンシラタマ(弁天白玉)、キクトウジ(菊冬至)、などが開花していた。
画像
画像

イチコワビスケは濃紅の一重で猪口咲きの小輪だが、ヤブツバキの芯が退化した侘芯椿とも呼ばれる。これを発見した方の奥さんの名前から一子侘助と名前が付いたそうだ。
これはワビスケの名前はあるが、植物学的に侘助でなく侘助の雰囲気をもつ品種で侘芯椿と呼ばれる。

画像
    <ベンテンシラタマ(弁天白玉):2007/11/18神代植物園>

キクトウジ(菊冬至)は早咲き品種の代表格で、花の形が菊に似ており、江戸時代から知られているそうだ。
画像
      <キクトウジ(菊冬至)神代植物園にて:2007/11/18>  

先日偶然、この椿の花があるお宅の庭でもたくさん開花しているのを散歩の途中でも見かけたが、名前のように冬至の頃に咲く早咲きのようだ。
画像
           <キクトウジ(菊冬至)神代植物園にて:2007/11/18>  
画像


「さわやかな香り立ちたるユズの湯に幼き子らの湯を飛ばしいき」(鳥海昭子)

「きよき柚匂う冬至の湯に浸りまなこ閉づれば終れる如し」(福田栄一)

今日12月22日はもう冬至だが、生憎午前中は小雨で午後は曇り日、そして夕方からまた小雨の寒い一日だった。
この日はゆず湯に入り、カボチャを食べると風邪をひかないという習慣があるので、例年通り田舎からひと月前に送られた柚子で柚子湯を準備した。冷蔵庫に保存していたが、皮が黒っぽく傷んでいた。
柚子はこれからの正月料理に皮も陳皮として重宝するが、生だと痛みやすくて半分は冷凍保存してある。
去年は柚子酒とジャムを作り、種では化粧水を作った。
画像


「ひととせの病に耐えて来し妻よ冬至粥煮る匂いまがなし」(宮岡 昇)

「冬至の陽おぼろにさせる道のうへ人はひとかたに陽なたを歩む」(上田三四二)

また今年も田舎の母が庭で作った杵形をしたカボチャを送ってくれていたので、これも例年通りカボチャスープを作った。
画像


「華やかなる参平椿桃色の一輪の咲き枯れ庭のなか」

「老い母の作りし南瓜冬至の夜スープとなして卓に並べる」

「ふんわりと柚子の香漂う冬至の湯ゆたりと浸り心身温し」

「陽のささぬ冬至の昼にことことと南瓜煮る香の厨にこもる」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
一花さん、今日は冬至だったのですね。ゆず風呂に入ります。
今日は雨の一日でしたが、なにやかやと忙しい日でした。孫たちも3人来ていてにぎやかです。サンペイツバキ(参平椿)昔の「カンテラ」のような形ですねの
彦左
2007/12/22 20:18
カボチャスープ、ご馳走様でした。モミジとナンテンの葉、サザンカも飾られて楽しい食卓ですね。(植物名はあっているかな?)
この冬のツバキシリーズの第一弾ですかね。参平椿は優雅ですね。ヤブツバキしか見ていない目には、こんなツバキが有るの?です。
デコウォーカ
2007/12/22 20:32
この前も小石川植物園の椿園で咲いているものを見ましたが、こちらでも綺麗に咲きましたね、サンペイツバキはとても艶やかな色で吉事にぴったりで良いなと思います、カボチャスープも美味しそう。
OSAMI
2007/12/22 21:49
彦左さん、こんばんは。こちらまで今日は3件のコメント有難うございます。
冬至だったので今日は柚子湯に入りましたが、御自宅でも柚子湯に入られてゆっくりとお疲れ取ってくださいね。
そちらは雨の一日でしたか?こちらは朝と夕方小雨でしたが、夜になって本降りになっています。雨でしたので家中で3人のお孫さんがお見えだと賑わったことでしょうね。明後日はクリスマスですが、またまた賑わいますね。
主婦はこの時期、買い物と料理に追われています〜。
サンペイツバキはカンテラ?にも見えるでしょうか。華やかな花色です。
彦左 さんへ
2007/12/22 22:40
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
カボチャの煮物が嫌いで食べない人ですので、毎年冬至には田舎の母が作った南瓜を洋風なお味のスープにしています。1杯だけでしたが、御代りは如何??
南天の葉も殺菌作用があるとか?イロハモミジはもう散りましたが、ヤマモミジがこの時期黄色から朱赤に変わってきて捨てがたい色になっています。
サザンカも華やいでいいですよね。
もう早々と椿が開花しましたが、これはワビスケ系に比べると優雅な花です。そちらではヤブツバキを山の藪でたくさん見てらっしゃるのでしたね。シンプルで好まれますよね。でもこんな椿花(チンカ)もあるのですよ〜〜
デコウォーカ さんへ
2007/12/22 22:44
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
椿はこの時期、あちこちの植物園で開花していることでしょうね。やはり小石川でもご覧になられたのですね。自宅のものは、まだ1輪だけ開花でした。
サンペイツバキは名前がちょっと??ですが、華やかな花色なので正月の床に飾られるそうです。
私の生家の田舎に植えてある柚子と、庭で作っているカボチャを母が毎年送ってくれますので冬至に利用しています。風邪予防効果として栄養的にカボチャは優れていますので、、。これは洋風のお味で美味しいでしたよ。
OSAMIさんへ
2007/12/22 22:47
はじめまして・・ネットを始めてまだ浅いので上手く書けませんが、椿が我が家にも咲いているので、以前故安達瞳子さんが椿がお好きだった事を思い出し検索をしました。椿の紅乙女が咲いていましたので見せていただきました。いろんな品種を楽しんでおられるようで楽しいひと時をありがとうございました。我が家には今‘月照・大内山・白の侘介‘など白ばかりが咲いています。もう暫くすると紅乙女・ピンクや白の乙女椿や色物も咲いてくれると楽しみにしています。初めてで長く書きすぎました。南瓜のスープ、美味しそうでした。私も作ってみたいとおもいました。ありがとうございました。
さくら
2009/01/08 00:49
サンペイツバキ(参平椿)と冬至 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる