一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ニホンスイセン(日本水仙)

<<   作成日時 : 2007/12/27 21:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

画像
            <2007/12/22撮影>

我が家の庭植えの水仙の中で、日本水仙がお正月を前に咲いてきた。
花屋でもこの時期、お正月用の花材として切り花でたくさん出回っている。
ニホンスイセン(日本水仙)2006/12/28
日本水仙 2006/01/19

昔、球根で何球か植えたものだが、植えっぱなしでどんどん蔓延って200球以上にもなってしまって間引いているが、日当たり加減で花付きが思わしくない。
画像

12月中旬に1株の1輪が開花し、2輪目はなかなか開かなかった。
蕾の時が長いのか、いま2株目が開花して他の蕾も少しづつ開花しつつある。
だが、明日か明後日は正月用の花材として切られる運命だ。。
画像

細い葉がすっきりとして葉数も多く、花茎が長くて花は優美な香があるが、これはヒガンバナ科の特徴があり毒を持つようだ。

<左は黄色いヒガンバナの葉、右は赤いヒガンバナの葉:右後方は水仙の葉>
画像

花の香が強くて花びらも白く清楚だが、副花冠と呼ばれる中の黄色い色が寒い時期に温かみを添えている。
雪の中でも咲くので「雪中花」とも、また花びらを銀の台に、黄色い副花冠を金の杯(盞)に見立てられて「金盞銀台(きんさんぎんだい)」の別名もある。なお、学名の中の「tazetta」は イタリア語で小さいコーヒー茶碗の意だそうで、国によって花のイメージがそれぞれだ。
画像

中国では、水辺に咲く美しい花なので水辺の仙人と思われていて、それが水仙となったそうだ。
ギリシア神話では、美少年ナルシスが水に映る自分の姿に恋して死に、そこから生えてきたのがこの水仙で、学名のNarcissus はナルシシズム(ナルシスト:自己愛)の語源ともなっている。
画像

「日本水仙」と日本名があるが、これは昔、地中海地方からシルクロードを通って中国へ、そして鎌倉時代の頃に日本に渡来したそうで、房咲き水仙の一種だそうだ。
「房咲き水仙」の定義は、花径が2、5〜4センチと小さく、1茎にたくさん花をつけて強い香をもち、開花が11月からと早く八重咲き種などの変種があると書いてある。
画像


花屋でも年々品種改良されて華やかなものやミニタイプのものが多く出回っており、もうミニ水仙のティタティタの開花株も出回っていた。
このスタンダードなものはありふれて球根も見かけないようだ。
我が家でも何種類か育てているが、黄色いダッファディルはもう花芽を持って出てきたし、スノードロップやミニ水仙のティタティタもやっと芽が見えてきた。
画像画像
   <ダッファディルとスノードロップ>

日本でも暖地の海岸端に自生化しており、越前海岸のものは有名だ。何故か海辺が好きな花で、遠い生まれ故郷の地中海を恋しく思っているのかも知れない。
画像


「スイセンは兄弟仲良く咲いている少しおませに少女が言えり」(鳥海昭子)

「一夜きみの髪もて砂の上を引摺りゆくわれはやぶれたる水仙として」(河野愛子)

「吹きたまる砌落葉の中に咲く白き一輪は伊良湖の水仙」(土屋文明)

「幼な子は通ふごとくにひとつ咲く水仙のまへにゆきてこごみぬ」(福田栄一)


<日本スイセン>
ヒガンバナ科スイセン属
学名:Narcissus tazetta var. chinensis
原産地:欧州南部、地中海沿岸 
別名:雪中花、金盞銀台(
開花期:12〜翌4月 早咲き種から遅咲き種まである。

「冬枯れの庭に青々葉の茂り凛と白く水仙の花」

「言いたきを言わずにじっと我慢して俯き咲きぬ水仙の花」

「優美なる香りをこぼし水仙は冬の花壇の主役となりぬ」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、スイセン御殿でもあるのですね。たくさん殖えても花つきがそれほどではないとは残念ですが、それなりに咲いてくれるのでしょうから、いいですね。

 伊豆の爪木崎や南房総がこの近辺では有名で、バスツアーなどもおおく出ていますね。
 沢山咲くと、いい香りがただよい、やさしい気持ちになれるようですね。

 うちのもちらほらと咲き続けています。
なおさん
2007/12/27 22:37
今年の1月に伊豆半島の爪木崎のニホンスイセンの群生を見てきたことを思い出しています。見事でした。この冬は未だ見ていませんので何処かで探そうと思います。金盞銀台の別名は面白いですね。
デコウォーカ
2007/12/27 23:34
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
うちは水仙の球根は色々植えてありますが、その中で、この日本水仙だけが蔓延っています。昔一面真っ白に群生して咲いてくれたのですよ。その時は球根を掘り上げてましたね。いまでは植えっぱなしで葉だけが出て邪魔で抜かれてます。
南房総や越前海岸など、これは海岸端を好むのですね。育てて見ると他にないいい香りですよね。
なおさんへ
2007/12/27 23:56
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
そう言えば最初は沼津御用邸記念公園でしたが、今年1月のブログでは伊豆半島の爪木崎のもの見せて戴きましたね。一面まっ白で素晴らしかったですよね。一緒に真っ赤なアロエも咲いていましたね。ここは有名で知り合いの方も出かけられたとか。去年はあちこちお出かけウォーカーさんでしたが、今年もでしょうか?お楽しみですね〜。
別名の「雪中花」も奇麗で雅な名前ですね。イタリアでは小さいコーヒー茶碗だとか。。
一度出かけてみたいものですが。。イギリスの湖水地方では日本水仙でなく、黄色いダッファディルが多く咲くのでしょうね?
デコウォーカ さんへ
2007/12/28 00:00
スイセンは今の時期、庭の主役かもしれませんね。遠くヨーロッパからシルクロード経由で日本に伝わってきたと思うと一層感慨深いものがありますね。
我が家のは地中海の原種のように思います。
目黒のおじいちゃん
2007/12/28 06:33
ニホンスイセンの開花がお正月に間に合って良かったですね、庭の花で正月を飾るというのもなかなか出来ないことで素晴らしいと思います。
OSAMI
2007/12/28 09:51
一花さん、日本水仙綺麗に咲き出しましたね。私の家の裏の畑の隅にも少しだけ毎年芽を出してくれて今咲き出しています。正月用にもっと咲いてくれるかなと家内も今朝云っていたところです。家の紅白の万両、千両、南天そしてこの水仙で正月用生け花を作っています。
彦左
2007/12/28 10:58
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
12月の寒いこの時期に咲いて花壇に色を添えてくれています。
ギリシア神話では美少年の化身で、また中国でも仙人の花として、清らかで美しい花のイメージですよね。雪中花ともあり、雪の中でもしゃんと咲いています。原産は地中海沿岸だそうで、海辺を好むのでしょうが、そちらで以前アップされた真白の奇麗な水仙は、やはりあちらの原種だったのですね。
目黒のおじいちゃん へ
2007/12/28 17:44
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは12月から咲いてくれて寒い時期花持ちがよく、花材として重宝しています。
蕾も開花したものもあって、今日水仙、南天、千両、オモト、葉ボタンで正月花を活け終わってやれやれです。今年の年の瀬は天気が悪そうで、雨のようですね。
OSAMI さんへ
2007/12/28 17:49
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。うちでは日本水仙だけは数が多いのですが、数の割には花数が少ないです。でも花材に出来ますので有難いです。お昼に南天、千両、オモト、葉ボタン、水仙でお正月花を活け終わってほっとしています。そちらでも咲いてくれて正月用に間にあって良かったですね。これは日当たりだと、あっという間に球根が増えますよ。球根をあげると言っても田舎の母は増えるので要らないと話していましたので、公園に植えたり道行く知らない人にあげました。母はクリスマスローズだったら欲しいようですけど・・。。
彦左 さんへ
2007/12/28 17:52
自宅の庭の水仙がここ2年ほど前から咲かなくなってきました。毎年ほったらかしていても沢山咲いてくれていたのに、どうしちゃったのでしょうね〜と思っています。房総に住んでいる父の友人が毎年両手に抱えきれないほどの水仙の花を持ってきてくださいます。今年も昨日電話を頂いて、母の様子を心配してくださって「年が明けたら伺いますね」って。冬には大量の水仙、夏には大量のびわを届けてくださる叔父様です。
いつも思うのですが、画面から香りがするPCってそのうちできないかしら?って。 この度のお写真からもいい香りが漂ってきそうです。
mint
2007/12/28 22:49
mint さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
2年前から花が咲かなくなりどうしたのでしょうね。うちのプランター植えのものが葉だけが出て分球していますよ。
これは深植えしなくてはいけないようですね。それと花後に葉が枯れるまで置かないと駄目なようですね。自生地では構ってないのに一面真っ白ですよね。肥料もあげないのでしょうけど、きちんと咲いていますよね。
うちの場合は日当たりが問題しているようです。
房総から毎年水仙の花を届けて下さって素敵な方ですね。お母さまのこと、ご心配して下さって有難いですよね。お正月あけ、楽しみですね。
この水仙の香りは素晴しいですよね。正月花として今日活け込みました。
mint さんへ
2007/12/29 00:28
再び登場です。 今朝1箱いっぱいの水仙が届きました。部屋中がとってもいい香りに包まれています。お正月までもつかしら?
mint
2007/12/29 22:50
 こんばんは、日本水仙、とても良い香りですよね
毎朝の愛犬の散歩で行く川岸に、ここ数年でこの日本水仙が沢山増えています、太陽を浴び放題だからでしょうか?同じように彼岸花も沢山増えて、今、その球根を育てている葉っぱが元気に出ています、どちらも、球根は有毒なのですね、両方が同じように同じ場所で増えてきているのが不思議な感じがします、でも香りがとっても良く、仏花にともらって?きています
 縁起の良い花々での正月花、迎える準備は着々ですね、
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。。
いけちゃん
2007/12/29 23:50
mint さん、またのコメント有難うございます。そうなんですか?
よかったですね〜。お正月に間に合って、今部屋中香りいっぱいで幸せな気分になりますよね。これで益々お母様もお元気になられるかも知れませんね。
私も昔、越前海岸のものが1箱届いた時は思わずリッチな気分でした。お花のプレゼントはとても嬉しいですよね。お花、この時期大丈夫でしょう。私はもう活けこんでありますよ。お花ともどもご家族の皆さん、よいお正月お迎えくださいね。
mint さんへ
2007/12/30 00:46
いけちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。これは香りが良くて部屋に飾るといいですよ。
そちらの川岸には、水仙とヒガン花が自然に生えてそして毎年増えるのですね。水仙の自生地は海辺だそうで、水気を好む?のでしょうかしら。これが同じヒガンバナ科だとは思えないですが、葉姿と球根が似ています。毒だそうですがそう思えないような楚々とした花です。お花屋さんでもお正月用に売っていますが、活けると凛として素敵ですよ。今年は庭のオモトも活けました。
暮れからお客さんが見えるので、早々と布団を干したりでちょっと頑張りました。お料理もあと半分くらいです。いけちゃんち、来年は新居にお引越しで荷物の整理など大変でしょうが、でも夢一杯ですね。どうぞ、よいお正月お迎えくださいませね〜。
いけちゃんへ
2007/12/30 01:13
我が家の水仙は、日当たりの悪い北側にあるのですが毎年どんどん増えて球根が地面の上に出てきます。
 いつもは12月から咲くのですが、今回は寒さのせいでしょうか今頃咲き始めました。
 雨が多いと早く咲くようですね。
少し遅いですが、明日から庭の水撒きをしましょう。
これから花を付ける球根達のために。
 特にチューリップは、冬場の雨や雪の量に比例するかのように花芽を付けます。
 地植えのチューリップは、冬場の水やりが少ないと数年で花を付けなくなり球根も消滅してしまいます。
 毎年水撒きを続けていますと、10年以上も咲き続けます。
我が家のチューリップも15年を過ぎましたが、水しか与えていないのに細々と咲き続けています。
ひこうちゅうねん
2008/01/14 00:17
 おはようございます、こちらにお邪魔して、ご迷惑でしたらごめんなさい。

新しい年があけて、一月ももう、後半になりましたね、ときどきおじゃまさせていただき、今年はどんなふうに?・・・・なさるのかな〜〜、なんて思っています、
川べりの水仙、我が家の花瓶にも・・・良い香りを放っています。
いけちゃん
2008/01/21 07:31
こんにちは。
スイセンは可憐という言葉がぴったりですね。
私の地元でも咲き始めました。
kemukemu
2008/01/27 19:04
ひこうちゅうねんさん、いけちゃん、kemukemuさん、こんばんは。
都合でブログ休止のところ、コメント有難うございました。こちらへのお返事が遅れて申し訳ありません。

ひこうちゅうねんさん、またあちらにメッセージを有難うございました。
チューリップの球根の件、ご自身で調べて色々研究なさってらっしゃったのですね〜。アドバイス有難うございました。今春またの開花が楽しみですね。
初釜の記事で、お道具色々拝見させて戴いて目の保養になりました。残念ながら、ひこうちゅうねんさん御自身の袴姿がなかったですね・・・。

いけちゃん、あれからキルト作品色々アップされて楽しませて戴きました。
もう上棟式も済まされて、これから何かと御多忙となりますね。そして新居に向けて夢一杯でしょうね。まだまだ寒い中、ご無理なさらないように・・。

kemukemuさん、初めまして。都合でもうブログ休止いたしました。
あれから我が家の庭でも次々と開花して賑わっております。
そちらでも咲き始めましたか?水仙は寒い中でも凛と咲き、花の香もいいですよね。
一花
2008/01/31 22:29
ニホンスイセン(日本水仙) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる