一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS オキザリス

<<   作成日時 : 2007/12/03 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像

9月中旬に株で戴いた白いオキザリスの花がまだコンテナボックスで咲いている。当初数えるだけの花だったが、その後2か月以上も開花し続けて少し花数も増えたようだ。
画像

葉が普通の丸いハート型と違って逆三角形の大型で、直径の最長が10センチはある特異な形だ。
花は普通のイモカタバミと同じ2p位の大きさで形も同じだ。
名前をネットで調べて見ると、「トリアングラリス マルマー」と言う銘のようだ。
春植え球根の夏咲き種で開花期が5〜11月とあり、1〜2月に休眠するそうだ。
画像
 <左上:バリアビリス種、真中下:カタバミ 右:トリアングラリス・マルマー> 

もうひとつ、鉢に何年も植えっぱなしの白と桃色花のオキザリスに大輪の花がボチボチ咲いている。
画像

これは去年も少し開花していたが、花後の鉢の植え替えをさぼってしまった。夏場置きっぱなしにして休眠していたが花の直径が4〜5センチもあり、葉は3〜4センチでバリアビリス・ホワイト とローズと呼ばれるものだ。
画像画像

これらはカタバミ科カタバミ属で学名にOxalis (オキザリス)が付き、園芸種と外国種はオキザリスと呼ばれている。
オキザリスやカタバミは茎や葉にはシュウ酸を含んでいるため噛むと酸味があるが、名前の由来はギリシャ語のOxys(酸っぱい)からだそうだ。
カタバミは荒れ地や花壇、鉢などから雑草として逞しく出て、抜いても抜いてもまた生えてくる。
画像

オキザリスは小さな球根植物だが、世界の温帯、熱帯地方に分布し、300種以上の原種が確認されて、地域によっては雑草扱いだそうだ。
だが花は美しいものが多く葉にも独特なものがあり、たくさんの種類が出回っている。
画像

原産地によって、春植え球根は夏に咲き冬に休眠するものと、秋植えで冬から春に開花するタイプ、夏植えで秋に開花するもの、温度さえあれば周年開花するものがあるそうだ。
何時も年中何がしかのオキザリスを見かけるようだ。
夏場に休眠してくれて水遣りの手間が省け、この花の少なくなった寒い時期に咲く種は貴重な存在だ。
葉も奇麗なものが多く、開花がなくても葉だけの観賞価値がある。
画像

画像

日光大好きの植物で、日の射さない時や日陰では開花せず、日が陰るとさっさと花を閉じる。また葉も昼間開き、夜になると閉じる「就眠運動」というのを行うそうだ。
よく寝てお日さまに当たるのでそれで随分元気もののようだ。これは過湿に弱く、日当たりさえ良ければあちこちに蔓延って雑草並みで困ると仰るのも分かる。
うちのものは鉢管理なので、植え替えを怠るってるといい花が咲かないようだ。

「吹きとほす梢の風は身にしみてさゆる霜夜の星清き空」(大親町公蔭)

画像


「路地裏の道辺ひっそりオキザリス桃色花の陽ざしのなかに」

「雨の日と曇り日裡に籠りいて無口ともなるオキザリスの白」

「色付きし桜葉何処へ散り敷くか枝枝透けて鳥の巣露わ」

「置き去りし鉢中何時しか葉のい出て冬寒の中花の二三輪」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは置去りのオキザリスやら何やらと沢山の品揃えで素晴らしいですねえ。
 はじめのトリアングラリス・エルマーは、葉の形が鋏で切ったようで、面白いものですね。初めてみるものです。

 うちにも白いオキザリスがありますが、あまり構ってやれないので、どうなったでしょうか。
 ムラサキカタバミが生えてくると、花は可愛いのですが、殖えてふえてこまりますね。
 日本で家紋にも良く使われるカタバミですが、この頃は帰化植物のオッタチカタバミというのもずいぶん殖えて、よく見ますね。
 カタバミは、10円玉を磨くとぴかぴかになってたのしいのですが、ほかのオキザリスでもシュウ酸を含んでいれば、磨けるのでしょうね。

 一番下のアブさんは、刺さないアブなくないアブさんですねえ。ばっちり撮れてさすがです。
なおさん
2007/12/03 20:33
一花さん、オキザリス、はじめのと何年も植えっぱなしと云われるのと種類が違うのですね。葉っぱがまるで違います。紅白のオキザリスは娘の家に咲いているのと同じです。
彦左
2007/12/03 21:09
「置き去りし鉢中何時しか葉のい出て冬寒の中花の二三輪」お〜という感じです。置き去りしがオキザリスにかかっていますか?なんとなく味なことば
はなはな
2007/12/03 21:30
白い花のオギザリス花も珍しいですが何といっても葉が一番ユニークですね、丸い葉を鋏で切ったようになっていて、植物の常識みたいなものがひっくり返るというと少し大げさですかね、ほかのオギザリスも綺麗で良いですね。
OSAMI
2007/12/03 21:44
なおさん、今晩は。今日はまたお暇で早いですね〜。置き去りのものがまだタンとありますが、置き去りが過ぎると芽が出ないようです。今年は棚に鉢がごろごろ〜です。この手の球根は夏場ほったらかしなので手間のかからない植物ですね。他にまだいま開花していてこの時期賑やかです〜。
最初の葉は面白いですよね。この手は薄緑、濃い緑、斑入り葉と3種の葉のものがあるようです。カタバミはシジミ蝶の食草とかでしたが、鉢から抜いても抜いても出てきますね。あれは地面を這うカタバミでしたが、この頃茎が立つオッタチカタバミという帰化植物もあるのですね。そう言えば茎立ちのものみますね。
蝶はなかなかですが、アブは大人しく、あちこちにぶんぶんしているようです。
なおさんへ
2007/12/03 22:38
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
はじめの画像は戴き物で、本来夏5〜11月に開花のものです。下まだ元気に咲いてくれて有難いです。下の画像は何年か前からのものです。葉の違いを比べてあります。鉢うえなのに植えかえしなかったので花つきが悪いのですヨ。紅白は娘さん宅と同じでしたか?娘さんはガーデニング上手でらっしゃいますよね。彦左 さん似でお若いのに植物がお好きですね〜。
彦左 さんへ
2007/12/03 22:44
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
オキザリスは何となく置き去りしに?似ていて面白い言葉遊び?のようですよね〜。でも夏場休眠するので、乾燥させる意味で置き去りしなくてはいけないのですよね。秋から水をあげればいいのですから。
そうそう、パーシーカラー、うちも2階のベランダでぬくぬくと開花していますヨ。
はなはなさんへ
2007/12/03 22:48
ラッキークローバーとかって名前の四葉の鉢植えなども出回っていますが、あれも実は、オキザリスの四葉のものだったりするんですよね。もちろん本当のクローバーの四葉もあるのですが。
ラフレシア
2007/12/03 22:49
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。最初の白くて細いオキザリスは私も初めて見ましたが、まさか葉がこんなに大きくユニークとは思いませんでした。オキザリスは外国では雑草扱いのところもあるようですが、葉がユニークなものが多いようですね。
これはハサミで切ったようで、どうしてこんな葉が出来たのでしょうね。きちんと3枚づつあるのですよね。今開花のオキザリスは手間が掛からず、花の少ない時期に咲いてくれて重宝します。
OSAMI さんへ
2007/12/03 22:54
3種類の葉の比較は面白いですね。随分大きさが違うし、形も違う。共通しているのは3枚の小葉から構成されている事ですかね?
日本で自生しているカタバミはあまり人気が無い様に思いますが、オきザリスと呼ばれる海外育ちと比べると致し方がないかと、思います。
デコウォーカ
2007/12/03 23:01
ラフレシアさん、こんばんは。お久し振りです〜。コメント有難うございます。オキザリスは3枚の葉だけと思っていましたが、ラッキークローバーというのもあるのですか?情報有難うございます。
ネットで見たら、これは近くの花屋では見かけないですが、ネットなどで見ていますよ。人気なんでしょうね。葉の中心が赤茶で4枚葉があるのですね。
4つ葉のクローバーは見つかると嬉しいものでしたが。。この頃探すこともないです〜。
ラフレシアさんへ
2007/12/03 23:01
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。オキザリスは3枚出の葉だけと思っていたら、4枚のクローバータイプのものもあるそうです〜。「ラッキークロバー」と呼ばれるものがあるとラフレシアさんの情報です〜。
カタバミは地にしっかりと根をはって随分逞しいですね。花が黄色いですが、それでもオキザリスの花似ですよね。シジミ蝶の食草だそうです。
デコウォーカ さんへ
2007/12/03 23:12
綺麗ですね〜〜〜〜
ピンクと、紫と、黄色は、持っていますが。
白が、こんなに幻想的で、美しいなんて、
全く持って知りませんでした。
写真の撮り方も素敵なのですよね。
ああーー、、、欲しくなっちゃいました。困ったなぁ・・・
chiemi
2007/12/03 23:47
chiemiさん、こんばんは。夕べ遅くのコメント有難うございます~。
白のオキザリスは奇麗ですよ。他にピンクとラベンダー色は持っていますが、黄色はないです。パーシーカラーは今ぼちぼち開花ですが可愛いデスヨ。
一生懸命咲いてくれる姿には感動しますよね。
これは蕾からの開花が奇麗な姿で撮ってみると素敵でした〜。
傍でしたら、分けてあげますのにね〜^。
chiemiさんへ
2007/12/04 21:03
オキザリス、いい花ですよね。去年ある所のトイレ脇にかわいいピンクの花が咲いていたので、母が採って来て鉢植えにしたのですが咲いた花は白でした。なぜに?不思議です。
mint
2007/12/04 21:08
ミントさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。オキザリスは葉がユニークなものが多く、カタバミと違って球根植物の園芸種となっていますね。
外で植えっぱなしで見かけるものは、若しかしてカタバミの仲間のブラジリエンス(ブラジル原産のベニカタバミ)とか、イモカタバミ、ムラサキカタバミかも?知れませんよね〜。
桃が白に変身ですか?若しかして白の球根か根茎も一緒にあったとか??不思議なお話ですね〜。

mint さんへ
2007/12/04 23:38
おはようございます。
今日は寒い朝を迎えています。それでも強い日差しに、庭の花々はいまだ元気です。オキザリス、大好きな花です。この寒さに可憐に咲いています。一花さんのところのオキザリスは葉がグリーンなのですね。我が家の葉は、暗い赤色です。種類が違うのでしょうか。
寒さに弱いといわれるのでそろそろ家の中にお引越ししようと思っています。
ビオラやパンジー、買ったままです。今日当たり植えなくてはいけませんね。
にりんそう
2007/12/05 08:36
にりんそうさん、こんばんは。コメント有難うございます。
今朝はこの冬一番の冷えで屋根が真白でしたが、朝起きるのが辛くなります^^。庭も寒くて早々に室内に引き揚げてきますが、まだランタナや菊、野菊、アブチロンなどが健気に咲いています。オキザリスは手間いらずで花が可愛いですよね。葉がユニークなものが多いそうです。うちのオキザリスはグリンーの葉のものだけです。朝ウォーキングに出て余所の花壇を見ましたら赤茶色のものも地植えしてありましたよ。本やネットでもそんな赤茶色のものがたくさんありますよね。品種改良されて多彩なものが出回っているようです。カタバミ類はほったらかしでいいようですが、園芸種のオキザリスは寒さに弱い品種もあるようですね。うちは年中ベランダの棚に置きざりです〜。お日様大好きで乾燥気味管理ですよね。
にりんそうさんへ
2007/12/05 19:36
オキザリス 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる