アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「短歌」のブログ記事

みんなの「短歌」ブログ

タイトル 日 時
ハボタン(ミニ葉牡丹)
ハボタン(ミニ葉牡丹) お正月を飾る花として今のこの時期、葉ボタンがたくさん出回っている。 ミニハボタン(葉牡丹)2006/12/26 葉牡丹 2005/12/22 小さい頃、何時も正月には大きなハボタンがあったので、これがないと正月が来ないと思い込んでいた。 華やかな花らしいものはこの時期あまりないので、この華やかな葉を牡丹として見立てられたのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/28 17:55
ニホンスイセン(日本水仙)
ニホンスイセン(日本水仙)             <2007/12/22撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/27 21:53
冬知らず(カレンデュラ)
冬知らず(カレンデュラ) この寒い時期、鉢の寄せ植えとして求めて使っている冬知らずの小花が明るく黄色に輝いている。 冬知らず(カレンジュラ)&‘ファッション’イエロー 2006/12/09 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/26 22:43
シクラメン
シクラメン 今年もシクラメンは、11月ごろから早々と花屋の店先に賑わい並んでいた。 原種系の系統をひく小輪タイプのガーデンシクラメンは高温、寒さ、病気にも強く、外管理で地植えや鉢植えができて手軽なお値段だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/12/25 21:46
クリスマスホーリー
クリスマスホーリー クリスマスの頃には、クリスマスローズや、クリスマスカクタス(シャコバサボタン)、クリスマスホーリー、ポインセチア、シクラメンなどが花屋で目につく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/24 19:28
目白と猫
目白と猫 ネ〜ネ〜、この時期、毎日山茶花と実ものばかりで飽きて来たわネ。 たまには変わったものが欲しいよね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/12/23 11:55
サンペイツバキ(参平椿)と冬至
サンペイツバキ(参平椿)と冬至 今年2月に幼木から求め、鉢管理としている茶花用のサンペイツバキ(参平椿)に早々と1輪の花が咲いた。 庭の椿(匂い椿&参平椿)2007/03/14 これも狂い咲きかと思っていたが、この花の開花期は11月中旬から咲き始めて3月頃まで咲き、お目出度いお正月の床飾りの添えや一輪挿しに最適と書いてあった。 花は一重のラッパ咲きで中輪の筒蕊だが、花びらの縁が白く、別名「へりとり椿」の銘もある。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/12/22 19:57
センリョウ(千両)
センリョウ(千両) 実付きのセンリョウ(千両)は正月用の切り花として、これから年末に向かって花屋さんで多く出回る。 千両 2005/12/05 センリョウ(千両)2006/12/06 庭では、縁起もののマンリョウ(万両)、ヒャクリョウ(百両)、ヤブコウジ(藪柑子)の実が赤く熟れているが、マンリョウよりセンリョウが主婦にとっては一番活躍してくれるので実用性があって有難い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/21 21:01
シャコバサボテン(スーパーケニガー)
シャコバサボテン(スーパーケニガー)                <シャコバサボテン(スーパーケニガー)> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/20 18:10
マンリョウ(万両)
マンリョウ(万両) お正月の縁起ものとしてヤブコウジ(藪柑子)やセンリョウ(千両)、ヒャクリョウ(百両)とは違って、マンリョウ(万両)は鳥の落し物の実生苗から育ちやすく、自然の中ではその苗をよく見かける。            <自宅庭の実生苗のもの> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/19 19:25
外出先にて、
外出先にて、 先日、外出先で見かけた初冬の野の風景。 ススキもまだ刈られずに尾花も残っていて、銀の穂波が逆光に輝いて美しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/12/18 18:23
庭のサザンカ(山茶花)3種ほか
庭のサザンカ(山茶花)3種ほか 庭植えのサザンカ6種のうち、2種は早々と開花していた。 去年今年と、蕾時には桃紅色で開花すると白花になる八重の「朝倉」銘のものには蕾が出来なかった。あとの3種のものは今次々と開花している。 サザンカ(朝倉)2005/12/13 サザンカ(山茶花)2種ほか 2007/12/01 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/17 21:32
外出先にて「冬枯れの野の中に」
外出先にて「冬枯れの野の中に」 昨日12月15日、出かけた雑木林の中では、まだイロハモミジの葉が残って耀いていた。日当たり具合で葉の赤さに影響が出るようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/16 18:40
カラタチバナ(唐橘)
カラタチバナ(唐橘) お正月の縁起植物としてセンリョウ(千両)、マンリョウ(万両)、ヤブコウジ(藪柑子)、カラタチバナ(唐橘) があり、今丁度出回っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/12/15 19:40
オキザリス・パーシーカラー
オキザリス・パーシーカラー 花びらの縁が赤くて、蕾の状態が紅白縞模様となるオキザリス・パーシーカラー。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/14 19:20
クロガネモチ(黒鉄黐)
クロガネモチ(黒鉄黐) 今年の庭のクロガネモチには、例年よりもたくさんの実が生っている。 クロガネモチ(黒鉄黐)の実: 2006/12/02 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/12/13 19:18
バイカオウレン(梅花黄蓮)
バイカオウレン(梅花黄蓮)               <2007/12/7撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/12 19:20
フユノハナワラビ(冬の花蕨)&ジョウビタキ
フユノハナワラビ(冬の花蕨)&ジョウビタキ 今年1月下旬、初めて育てたフユノハナワラビ(冬の花蕨)が、いま見ごろとなっている。 これは花後地植えとしていたもので、夏場地上部が枯れていた。その後涼しくなった頃から葉が出て、花と呼ばれる穂状の胞子嚢が出ている。 フユノハナワラビ(冬の花蕨)2007/01/23 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/11 21:06
シャコバサボテン(トーアブリッタ)
シャコバサボテン(トーアブリッタ) シャコバサボテンの赤と白の2種に今年も小さな花芽が出来、寒くなるにつれて日ごと膨らんで来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/10 19:21
ヤブコウジ(藪柑子)
ヤブコウジ(藪柑子) ヤブコウジ(藪柑子)2006/12/04 去年求めて地植えしていた大実のヤブコウジ(藪柑子)に、今年もまた赤く艶やかな実が出来ている。 7月の初旬に薄桃の小さな花を咲かせていた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/09 19:16
庭の紅葉いろいろ
庭の紅葉いろいろ 「あかあかと紅葉を焚きぬいにしへは三千の威儀おこなはれけむ」(前川佐美雄) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/12/08 18:23
オキザリス「桃の輝き」&オキザリス・ヒルタ
オキザリス「桃の輝き」&オキザリス・ヒルタ 去年から鉢で求めて育てているオキザリス。 桃色の花が鮮やかで求めた時のラベルには「桃の輝き」とあり、これがまさか銘だとは思わなかった。 去年ネットで何件も調べたが情報がなかったようで、「オキザリス・オマー」という新品種によく似ていてそちらだと勝手に思っていた。 オキザリス・オマー他2006/12/03 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/12/07 21:22
ムラサキルーシャン(紫るーしゃん)
ムラサキルーシャン(紫るーしゃん) 知り合いのお宅から、名前が分らないと仰っていた3株の花の苗を頂いた。 花壇とプランターに植えていたが、やっと11月に入って蕾が出来てきた。、             <2007/11/9撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/06 20:11
エレモフィラ
エレモフィラ 鉢管理のエレモフィラに今年もまた花が咲いている。 花屋で5年前に求めたものだが、−5度までの耐寒性があるそうで、冬場も軒下管理だった。 エレモフィラ 2006/11/28 エレモフィラ2005/12/08 16 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/05 19:37
オモト(万年青)
オモト(万年青) 地植えにしてあるオモトの実が赤くなってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/04 21:00
オキザリス
オキザリス 9月中旬に株で戴いた白いオキザリスの花がまだコンテナボックスで咲いている。当初数えるだけの花だったが、その後2か月以上も開花し続けて少し花数も増えたようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/12/03 18:53
外出先にて(メタセコイヤほか)
外出先にて(メタセコイヤほか) 外出の折に見ているメタセコイヤが紅葉してきた。 外出先にて(メタセコイヤ・他)2006/12/10 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/12/02 18:53
サザンカ(山茶花)2種ほか
サザンカ(山茶花)2種ほか 小さな苗から昔求めて塀際に植えたサザンカが、11月から次々と咲いている。 サザンカ3種2006/12/16 6種植えてあるうちの4種が今咲いているが、一番開花が早かったものは一重の白だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/01 21:19
庭の菊、ほか
庭の菊、ほか 供花用に求めていたポットマムと地植えしていた菊が、明日から12月というのにまだ元気に咲いている。 菊(ポットマム)・1(ティエラシリーズ&リトルマム 2006/11/23 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/30 19:36
サガギク(嵯峨菊)ほか
サガギク(嵯峨菊)ほか 「垣根なる菊のきせわた今朝みればまだき盛りの花咲きにけり」(藤原信実) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/11/29 18:05
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) 去年、1株のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)を近所から戴いて育てたが、その後種子が零れたようで、意外な2つの鉢から今年株が出て花が咲いている。 ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) 2006/11/17 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 17

2007/11/28 21:15
エキナセア
エキナセア キク科の植物でハーブとして良く知られるエキナセ(ケ)ア。 この開花期は7月から10月頃までだが、我が家で苗を植えたのが遅かった。 花も10月下旬からやっと2輪が開き、この寒い時期にまだ1輪頑張って咲いていて花色が薄い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/27 19:37
アマゾンリリー(ユーチャリス)
アマゾンリリー(ユーチャリス) 今年9月中旬に開花したアマゾンリリーがまた2度目の花を開いてきた。 アマゾンリリー(ユーチャリス) 2007/09/14            <2007/11/6撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/11/26 18:18
ナカガワノギク(那賀川野菊)他
ナカガワノギク(那賀川野菊)他          <ナカガワノギク> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/25 19:22
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) ほか。
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) ほか。 去年10月中旬、鉢で求めた「クラリンドウ(クレロデンドルム・ウォルキー)」がいま開花している。 クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)2006/11/18 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/24 19:04
イソギク(磯菊)
イソギク(磯菊) 昔、花屋で出回っていたイソギク3株を花壇に植えてもう何年も経つが、毎年これは植え替えもせず元気に咲いてくる。 イソギク(2005/11/19 イソギク(磯菊)2006/11/20 今年も今また盛りとなり黄色い小花が目立っているが、我が家では北花壇に植えてあるものの地下茎で増えて結構丈夫で枯れずに咲いている。               <2007/11/6撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/23 19:29
赤花サツマノギク(薩摩野菊)&リュウノウギク(竜脳菊)
赤花サツマノギク(薩摩野菊)&リュウノウギク(竜脳菊) 今年、小さな挿し木用の苗で求めた赤花サツマノギクに花が咲いてきた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/22 19:38
コンギク(紺菊)&ノコンギク(野紺菊)「夕映」
コンギク(紺菊)&ノコンギク(野紺菊)「夕映」             <コンギク> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/11/21 21:42
神代植物公園にて
神代植物公園にて 11月18日、3ヶ月ぶりで神代植物公園に出かけた。この日は雲ひとつない青空の穏やかな小春日で、正門前では菊花展が開催されており、テントの中には見事な菊がたくさん並んでいた。 また植物会館の展示室では、寒蘭が楚々とまた毅然と咲いて展示してあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/20 20:35
外出先の花色々
外出先の花色々      <ソバの花> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/19 19:47
御岳昇仙峡その2
御岳昇仙峡その2 ここ昇仙峡一帯は豊かな自然に恵まれ、国内にいる鳥類のほとんどが棲息しているそうだが、この日は鳥の声や姿が見られなかった。 江戸時代後期ごろから観光地化されていたそうで、長田円右衛門が御岳新道を開設したことで開けたとある。(出典フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/18 19:12
御岳昇仙峡その1
御岳昇仙峡その1 「雲飛ぶや天馳使が種置ける覚圓峰の岩肩の松」(伊藤左千夫) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/17 19:57
キチジョウソウ(吉祥草)
キチジョウソウ(吉祥草)         <2007/11/13撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/11/16 19:51
サフラン
サフラン 今年も花壇縁からサフランの紫の花が咲いてきた。 これは何年か前に植えたもので、毎年この時期ほったらかしで咲いてくる。 サフラン:2006/11/22 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/11/15 22:03
国営昭和記念公園散策
国営昭和記念公園散策 11月12日、その日は朝から快晴となり、のんびりと午後から国営昭和記念公園へ出かけた。 国営昭和記念公園HP この日はJR立川駅から歩いて、ゆめひろば・昭和天皇記念館などのある、「あけぼの口」から入ったが、週初めというのに、小春日を浴びて芝生でのんびり休んでいる人を多く見かけた。 昔良く訪れていた頃には、立川口と西立川口しかなかったが、今では地図で見ると7か所も出入り口があり、中の施設も整備されとても賑わっている。ボランティアの方々の活動が活発で、昔と比べてとても充実しており、植物に関... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/11/14 19:08
クコ(枸杞)
クコ(枸杞) クコ(枸杞)は小さい頃田舎の庭に植えてあって、小さな赤い実を何度も見た覚えがある。 だが花の覚えがなく、去年初めて小さな苗を求めてその薄紫のナス科のような薄紫の可愛い花を見た。 クコ(枸杞)2006/11/14 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/13 19:44
キクタニギク(菊渓菊)別名:アワコガネギク
キクタニギク(菊渓菊)別名:アワコガネギク 自然の野山や海岸に自生する野生のノギク(野菊)の中には、白や薄紫、桃色、黄色系統の花色が見られる。 その中で黄色い花の野菊には、イソギク(磯菊)、キクタニギク(菊渓菊)、シマカンギク(島寒菊)、キバナノジギク(黄花野路菊)などが知られている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/12 20:39
北海道旅行P−3(登別その2)
北海道旅行P−3(登別その2)              <大湯沼> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/11/11 19:25
北海道旅行P−3(登別その1)
北海道旅行P−3(登別その1) 北海道は山岳や湿原、そして天然湖沼など自然に恵まれており、山岳としてはまだ活火山が多く、それに付随して約226か所の温泉地があるそうだ。 その中でも登別は「温泉のデパート」とも呼ばれて北海道でも人気の温泉地だが、ある歌の歌詞にもあったようだ。 登別温泉の自然湧出量は1日1万トンで源泉温度は45℃〜90℃とあり、温泉質も11種類と豊富で、食塩泉、ミョウバン泉、硫黄泉 、鉄泉など世界的にも珍しい多種類の温泉が湧き出しているそうだ。(登別市HPより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/10 20:45
北海道旅行P−3(洞爺湖)
北海道旅行P−3(洞爺湖) 昭和新山を見た後、今夜の宿となっている洞爺湖温泉街へと向かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/09 19:47
北海道旅行P−3(昭和新山)
紅葉の始まっていた四季彩街道のホロホロ峠を通って、その後昭和新山の入り口林道へと車は向かった。 途中の林の木々には蔦が絡まって巻きつき、黄色や赤に紅葉している。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/08 20:54
北海道旅行P−3(四季彩街道から)
北海道白老町にあるアイヌ民族博物館を出て、伊達市を通って昭和新山方向に向かった。 その途中の白老町から伊達市(旧大滝村)を結ぶ主要道路は、北海道道86号白老大滝線で、四季彩街道とも呼ばれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/07 19:31
北海道旅行P−3(アイヌ民族博物館その2)
大きなポロト湖にある集落と言う意味のポロトコタン。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/06 19:46
北海道旅行P−3(アイヌ民族博物館その1)
北海道白老町にあるポロトコタンと呼ばれるアイヌ村。 アイヌ民族博物館 そもそも「アイヌ」という言葉は「人間」の意味だそうで、「かつては北海道・樺太・千島列島に居住していた先住民族だが、現在は主として北海道を中心として数万人が居住する。」とパンフレットにある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/05 18:30
北海道旅行P-3(北大植物園)
            <温室前鉢の菊> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/04 21:34
北海道旅行P−3(北大植物園−3)
10月25日、北大植物園の草本分科園からバラ園へと巡って行くと、1本のカエデの木の葉が黄色く秋日に照らされて黄金の輝きを見せてくれていた。 あまりの美しさに暫しあちこちの角度から眺めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/11/03 18:15
北海道旅行P−3(北大植物園ー2)
10月25日、北大植物園の灌木園から北ローンの広い芝生広場に来ると、右手北側にはハルニレの樹木が欝蒼と茂って林となり、落葉高木だが半分黄葉になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/02 22:23
北海道旅行P−3(北大植物園ー1)
               10月25日から出かけた北海道旅行。 札幌市に到着してホテルにすぐ荷物を預け、そのまま急いで先ず北大植物園に出かけた。 去年春と秋に出かけ、今年は時期的に去年の秋より10日程遅く、花は去年より開花が少なくなっていたが、その分紅葉が進んでいて実のものが多かった。 北海道旅行・北大植物園その1 北海道旅行P・2ー11(ビール園、北大植物園1) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/11/01 20:06
庭の山野草3題(アシタカジャコウソウほか)
今年開花株で求めて花壇に植えてあるアシタカジャコウソウ(愛鷹麝香草)。 麝香(ジャコウ)はジャコウジカの麝香嚢から製した黒褐色の粉末で香料だが、ジャコウソウと呼ばれるものがあり、茎や葉が麝香に似たよい香りがするそうだ。嗅いで見たが、期待したほどの香りがなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/31 20:01
フジバカマ(藤袴)
鉢で育てている、フジバカマ(藤袴)の白花と桃色の花が咲いてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/10/30 18:01
ハナトリカブト
トリカブトの中でも栽培種として花屋で出回っているハナトリカブト(花鳥兜)。 別名の「アコニタム」のラベル名でよく見かける。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/10/29 19:46
ダイモンジソウ(大文字草)
ダイモンジソウ(大文字草)の「緑仙」という緑の花苗を求めて育てていたが、これに花芽ができて開花してきた。緑色の花は初めて育てたが、形が少し大きめで複雑な感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/24 19:10
スズムシバナ(鈴虫花)
山野草として、今年地植えで育てているスズムシバナ(鈴虫花)に花が咲いてきた。 春に咲くスズムスソウ(鈴虫草)というラン科の植物があるが、それは鈴虫によく似ている。 スズムスソウ(ヤスコのHPさま) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/10/23 18:32
ダルマギク(達磨菊)
6年前に1鉢求めて地植えしておいたダルマキク(達磨菊)が今年も咲いてきた。 だるま菊2005/10/10 ダルマギク(達磨菊): 2006/10/09 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/10/22 19:14
アキギリ&白花アキギリ
去年から地植えで育っていたキバナアキギリは9月に開花してもう花が終わったが、今年また苗で求めたアキギリ(秋桐)と白花アキギリが開花してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/10/21 19:29
オオベンケイソウ(大弁慶草)
鉢で育てているオオベンケイソウ(大弁慶草)が満開となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/10/20 15:06
ホトトギス2種
地植えしているホトトギスが開花してきた。 ホトトギス2005/10/16 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/10/19 16:39
ノゲイトウ(野鶏頭)
植えた覚えがないのに、鉢からインパチェンスと見たことのない細い葉が夏場から伸びてきた。 インパチェンスは毎年何処からか種が弾けて飛んできて、庭のあちこちにも生えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/18 18:06
スミレイワギリソウ(菫岩桐草)
イワタバコ科のイワギリソウの仲間に、まるでスミレのような花を咲かせるものがあり、育てて見たいと思って開花株を求めた。 名前はスミレイワギりソウ(菫岩桐草)だが、葉は表裏イワギリソウ独特の毛があり、花茎・ガクにも細かい毛が生えている。 花は直径1cm位の濃い紫色の菫色で形は菫似だが、後ろの距と言うのがない。葉は小さくスミレの葉のようで、草丈も5cmくらいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/10/17 17:47
キク(セザンヌ)
今年もポットマムやスプレーギクと呼ばれる洋菊の鉢物が早々と出回っている。 ポットマムとは鉢(ポット)と菊(クリサンセマム)の言葉が付いた鉢植え菊の総称で、切花用の洋ギクの中から短茎種を鉢植え用に品種改良された品種群だそうだ。 花付きが良いので、洋風花壇や鉢の寄せ植えのガーデニング素材にもなり人気だ。 花も重々しい古典的な菊とは違って、軽やかで色も多彩だし、形もさまざまなタイプを見かけて明るく華やかな感じがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/16 20:25
シモバシラ(霜柱)
今春5cmほどのシモバシラ(霜柱)の苗を山野草の店で春に求め、庭に地植えしていた。 今年の開花は無理だろうと思っていた。何気なく葉の中を覗いたら、10月初めに小さな蕾が幾つか出来ていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/10/15 19:24
アカバナオケラ
普通の白花のオケラは早々と咲いて10月6日に記事アップしたが、苗から求めて育てていたアカバナオケラが開花してきた。 オケラ: 2007/10/06 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/10/14 19:34
サクラタデ(桜蓼)
タデ(蓼)の仲間でもサクラタデ(桜蓼)と言うものがある。 花は薄桃色をしていて、普通のタデの花より大きめで美しいのでサクラタデの名前になったようだ。 観賞用にもなり、山野草としても出回っている。 これは水辺に生える多年草で小さい頃田舎で見たかも知れないが、都会では見られないので山野草として2株求めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/10/13 23:05
フウチソウ(風知草)
ガーデニングとして出回っているフウチソウ(風知草)。 笹の葉みたいな細い葉で、一見するとただの草のようだが、僅かな風でも揺れて風を知る草として草姿が柔らかく自然の感じだ。        <2007/4/28撮影> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 21

2007/10/12 21:49
ウメバチソウ(梅鉢草)
山野草として鉢の寄せ植えで育てているウメバチソウ(梅鉢草)に花が咲いてきた。 去年は育てなかったが、おと年鉢で育ててその後種が出来ていた。 去年うまく発芽して小さな苗が出来ていたのだが、夏場に乾燥して枯らしてしまった。 神津梅鉢草 2005/10/10 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/10/11 21:59
キンモクセイ(金木犀)
           <2007/10/7撮影> 庭に2本植えてあるキンモクセイ(金木犀)が先日から満開となって、甘い香りを届けてくれている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/10/10 21:26
ショウキズイセン(黄色彼岸花)
今から4年前、彼岸花球根の黄色を生前の姑が送ってくれていた。 おと年は10月半ばに咲き、去年は赤花種より早く8月の22日には開花していた。 黄色い彼岸花 2005/10/14 ショウキズイセン(黄色ヒガンバナ)2006/08/22         <2007/9/27撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/10/09 21:47
ホトトギス2種(キイジョウロウホトトギス、白花種)
去年から鉢で育てているキイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)に花が咲いてきたが、去年より花付が少なかった。 キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈時鳥) :2006/10/06 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 21

2007/10/08 22:39
コルチカム
          <2007/10/7撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/10/07 18:17
オケラ
初春に山野草の店にまだ芽も出ていないオケラのポット苗が無造作に置いてあり、求めて育てていた。       <2007/5/23撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/10/06 11:03
ハイビスカス
9月初旬、出かけた先の花屋さんで見かけて求めたハイビスカス。 ラベルは付いていなかったが、桃色の小ぶりな花で、普通見かけるハイビスカスより細くて優しく軽いイメージの花だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/10/05 21:47
カリガネソウ(雁草)
苗から求めて育てているカリガネソウ(雁草)に花が咲いてきた。 この青い独特の形の花はブログ画像でも度々見て、一度は育てて見たいと思った植物だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 34

2007/10/04 18:54
戴き物 ジュズサンゴ(数珠珊瑚)ほか
知り合いのある花屋さんに出かけた折、白い花と赤い実が枝に付いた珍しいものがあり、初めて見た。 そこのお宅でも他所から戴いて零れた実から増えたそうで幾つか鉢が置いてあり、そのうちのひとつを下さった。 名前はサンゴジュ(珊瑚樹)と聞いていた。 サンゴジュ:植物園へようこそさまHP ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 21

2007/10/03 19:31
エンジェルストランペット(白&桃色)
我が家のエンジェルストランペットは、初夏の7月頃と秋の年2回花が咲くが、この秋には一斉に花が開く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/10/02 21:13
パキスタキス
鉢で育てている熱帯植物のパキスタキス。 パキスタキス2005/07/14 パキスタキス 2006/08/16 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/01 19:51
河口湖オルゴールの森美術館
9月11日、ハーブ園を巡った後、ホテルランチして一服し、オルゴールの森美術館へと出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/09/30 21:52
河口湖ハーブ園ーその2
ハーブ園内は思った程広くはなかったが、それでも種類が多く植えられていた。       <ハーブ園中庭2007/9/11撮影>     ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/29 21:39
河口湖ハーブ園ーその1
   <河口湖ハーブ園:2007/9/11撮影> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/28 21:44
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
       <2007/9/27撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/27 19:31
ブドウ(葡萄)
    <2007/9/22:撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/09/26 13:40
ギンミズヒキ(銀水引)ほか
涼しかった彼岸も過ぎ、久々快晴となった今日は十五夜だ。 鉢に植えたタカノハススキ(ヤハズススキ)は、今日に合わせたかのようにやっと1本だけ花穂が出てきた。 ここ何年も植え替えをしなかったので、勢いがなくなったようだ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/25 20:06
ナンバンギセル(南蛮煙管)
ナンバンギセル(南蛮煙管)は、その独特な形の花で一度は育てて見たいと思っていた植物だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/24 18:48
ヒガンバナ(彼岸花)赤・白
去年の黄色いヒガンバナは8月22日には開花しており、赤いヒガンバナは9月13日開花だった。 ショウキズイセン(黄色ヒガンバナ) 2006/08/22 ヒガンバナ(彼岸花・赤)2006/09/13 彼岸花・赤 2005/09/28 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/09/23 19:03
キバナアキギリ(黄花秋桐)
去年、苗から求めて地植えで育てているキバナアキギリに花が咲いてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/22 21:40
ツユクサ(露草)
今年もまた植えた覚えがないのに、ツユクサ(露草)の小さな青い花が鉢中から咲いている。 9月中旬のこの残暑の厳しい中にあって、またその涼しげな青い花が健気に咲いており、夏の間から咲いていたが、随分花期の長い花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/09/21 22:32
キキョウ(桔梗)
キキョウは小さい頃から田舎の庭で、夏の終わり頃から秋にかけて毎年咲いているのを見慣れていた。 その紫色の端正な花には、畏まった妙によそよそしい大人びた雰囲気があり、あまり好みではなかった。 きっと美術工芸品や盆提灯の絵柄として使われていたり、日常の団扇や大人の浴衣の着物柄に使われていたので、子供心には馴染めなかったからだろう。 親戚の隣の家の庭に咲いていた、カノコユリや夏ズイセンなどの華やかで可愛い花に憧れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/20 21:11
ベンジャミンの花
観葉植物として我が家で育てて22年になるベンジャミンに、その年によって直径1cmに満たない青い実が出来ている。 おと年は実を見たが去年は出来ず、今年また青実が生って赤くなってきた。 ベンジャミンの花2005/09/06 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/09/19 21:35
トリカブト(白)
何年も前から3箇所に地植えで育てていたハナトリカブトの花が、去年頃から咲かなくなった。 ハナトリカブト2005/11/12 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/09/18 21:06
シュウメイギク(秋明菊)・「ダイアナ」
8月の下旬からシュウメイギクの「ダイアナ」銘のものに花が咲き、今次々と開花している。 これも去年より開花が早いようで、暑い中を咲く花びらは早めに散っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/09/17 19:32
ヤブラン(藪蘭)
樹下にヤブランが植えてあるが、毎年気が付いたらもう葉の中に小さな花穂が立っている。 今年こそ花の出る前を確認しようと思っていたのに、暑さと藪蚊で近寄り難かった。 今年は植物園で8月の18日に満開のものを見ており、またご近所のものも8月下旬には咲いていたので、うちのものは今年は咲かないのだろうと思い込んでいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/16 17:03
スピード・リオン
スピード・リオンは昔地植えで育てて、その後何年か毎年花が咲いてくれたが、ある年から急に出てこなくなった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/15 21:17
アマゾンリリー(ユーチャリス)
6年前から鉢植え球根として育てているアマゾンリリー。 育てて3年目に初花が開花してくれたが、去年だけは室内で2月に、また外に出して7月にと年2回開花してくれた。 アマゾン・リリー(ユーチャリス)2006/02/22 アマゾン・リリー(ユーチャリス)2006/07/21 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/14 22:09
プレクトランサス
ひと月前の8月に、外出先の花屋さんで見かけて鉢で求めたプレクトランサス。 求めた時は小さな蕾がたくさんついていてまだ開花していなかったが、暑くなってきて次々と開花して今まだ咲いている。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/13 22:05
ハナトラノオ(花虎の尾)
小さい頃は、この花の名前をハナトラノオ(花虎の尾)とは知らなかった。草丈があり丈夫で、毎年増えて何処でも見慣れていた桃色の馴染みの夏の花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/09/12 22:17
シキラン(「四季蘭)
         <2007/9/9撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2007/09/11 21:49
アブチロン
去年の6月に、真っ赤で小さな姫リンゴのような花付きのアブチロンを求めた。 育ててみたら花付が良くて生育旺盛で、冬場も室内で開花して葉も落ちずに成長していた。 アブチロン 2006/08/21 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/10 19:32
東洋蘭(玉花蘭)
昔、夫が田舎からカンラン(寒蘭)だと聞いて蘭の苗を何本か貰って来た。 大事に育てていて、毎年夏の暑い8月から9月にかけて咲いていた。 薄緑の花は開花すると甘い芳香があり、葉は割りと幅が広く僅かな白い縁取りがある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/09 15:20
タヌキマメ(狸豆)
日当たりの良い、やや湿った原野や路傍などで見かけるというタヌキマメ(狸豆)。 7〜8月の花として、茶花の本にその独特の小さな青紫の花が載っており、名前が印象的だった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/08 17:59
マーガレットコスモス 
去年の秋にポット苗で求めて鉢に寄せ植えしていたマーガレットコスモス。 小さい苗だったので、ミニバラの鉢に一緒に寄せ植えしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/07 22:00
トウテイラン(洞庭藍)
      <トウテイラン> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/06 20:22
インパチェンス
     夏花壇の日当たりには日々草がよく使われるが、半日陰ではインパチェンスが頑張って咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/05 21:24
ニチニチソウ(日々草)
夏花壇で元気に咲き、よく見かける花としてニチニチソウ(日日草)、サルビアなどがある。 花屋さんでは5月から秋口まで長く見かけるが、数年前から新しい品種が出回っている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/09/04 22:45
シンテッポウユリ(新鉄砲百合)
   <自宅花壇:2007/8/28撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/03 20:08
アンスリューム
おと年、開花株の鉢で求めたアンスリューム。 艶のある造花のような真っ赤な花びらはトロピカルな雰囲気があり、ハート型の艶のある肉厚の葉は鑑賞用となる観葉植物だ。 アンスリューム2005/09/28 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/02 21:36
フイリノコンギク(斑入り野紺菊)
春に小さなポット苗から求めて、鉢で育てている斑入りノコンギク(野紺菊)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/01 18:25
ウンナンイワギリソウ(雲南岩桐草)・他
去年の9月にある会で山中湖に出かけた折、富士吉田の「道の駅」で僅か10分間の休憩と買い物時間内に見かけて求めてきた山野草の鉢三つ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/31 18:22
タマノカンザシ(玉簪花、玉の簪)
普通のギボウシは朝咲いて夜に萎む一日花だが、月下美人と同じように夕方から開花して朝萎む一夜花のギボウシがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/30 19:50
フシグロセンノウ(節黒仙翁)
センノウの仲間に、茎の節が暗紫色で黒っぽく、フシグロセンノウ(節黒仙翁)と呼ばれるものがある。 マツモトセンノウやガンピなど他のセンノウより花期的に一番遅い。 草丈としてマツモトセンノウは50cm、ガンピは30cm位だったが、これは草丈が50〜70cmと高く、茎は太いが葉は幾分細いようで対生している。 マツモトセンノウ2007/06/01 ガンピセンノウ2007/08/02 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/29 17:54
ゲンノショウコ(現の証拠)
花壇の縁から7月の暑い中、トリカブトかゼラニュームかキンポウゲ風の見覚えのある葉が出てきて、一体どんな花が咲くか期待していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/28 22:28
オミナエシ(女郎花)
野にあっては明るく華やかさも侘しさもある風情のオミナエシ(女郎花)。 秋の七草として余りにもよく知られ、黄色い花色が桔梗の紫色とよく引き合い、草丈1m位の背の高い大柄な花だ。植物園や公園などでは秋の七草として桔梗などと一緒に植えられたり、またススキ、桔梗と一緒に花材としても活けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/27 22:17
サギソウ(鷺草)
昔、何度か開花株を求めて育てたサギソウ。多年草だが、何故か花後は枯れて何時も1年草感覚だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/26 23:23
ヨルガオ(夜顔)
アサガオ(朝顔)の花は午前中開花して、暑い時期だと9時頃にはもう萎え、うっかりすると見落とす事が多い。 ヒルガオ(昼顔)は暑い最中、道端の草原の中に不用意に咲いていて、その可愛いさにふと足を止めて見ると微笑ましくさえ思える顔花だ。 一方、ヨルガオ(夜顔)は黄昏時から人知れず咲いて来て、慌しくしていると気付かないでいることが多く、闇夜に白く浮き立ち優雅で大胆な感じがする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/08/25 21:56
アサガオ(朝顔)
夏の朝毎に元気をくれる朝顔。早起きすると、ご褒美のように瑞々しい花色に会えて、その日何故か清清しい気持ちにさせて貰える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/08/24 23:07
クロサンドラ
オレンジ色のクロサンドラは花屋でよく見かけるが、昔育てて枯らしてしまった。 去年もまた求めて育てていたが、冬越しがうまく行かず今回も枯れたものとばかり思っていた。 クロサンドラ(大輪クロサンドラ) 2006/08/29 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/23 22:08
御岳山・その3
8月13日、レンゲショウマ群生地と東屋の休憩地から下って、武蔵御嶽神社とロックガーデンを目指した。 途中に「レンゲショウマ第2群生地」と言う看板があったが、5年前には見かけなかったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 23:44
御岳山・その2
8月13日、レンゲショウマの群生地と、そこから少し坂を登った東屋の休憩所付近で見かけた花たち。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 23:58
御岳山・その1
猛暑の続いていた8月13日、レンゲショウマの花と山の涼を求めて5年ぶりに出かけた御岳山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/20 23:28
サルスベリ(百日紅)
猛暑の中、街路樹や庭木としてこの時期元気に花を付けているサルスベリ。 漢字で書くと「百日紅」と即PC変換されるが、百日ほどではなく、長い期間紅に咲く花の意味でそんな名前が付けられたようだ。 実際は50日間ぐらいは次々と花を咲き続けている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/19 23:58
アサリナ
蔓性の植物で、ハンギングバスケット向きのアサリナ。 アサリナは余り花屋では見かけない知名度の低い植物だが、大型ガーデンセンターで、たまたま春にポット苗を見かけて求めて育てていたものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/18 22:56
水辺の植物
この暑い時期、水鉢の中の水生植物が涼しげで、その中を和金が泳いでいる。 ひと月前からヒメスイレンをガラス器で育てていて、ボウフラ対策にメダカを飼っていたが、次々と弱ってしまい、終に最後の一匹が死んでしまった。金魚よりメダカが強いような事を聞いたが、連日の猛暑の中を泳いではいるが、既に何匹か弱って水面に浮いていた。 金魚は昔、水槽で飼ったことがあって水を替える手間など大変だったが、水鉢の植物が主体なので、今度の和金はボウフラ対策としてのみ頑張っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/17 16:02
プルーンバーゴ(ルリマツリ)
連日の猛暑続きの中、庭の花で涼しげな色をして咲いているのがプルーンバーゴだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 22:27
スパティフィラム(笹団扇)
連日の炎暑が続く中、スパティフィラムの白い花が樹下で涼しげだ。 鉢で育てて22年目だが、観葉植物として冬は室内、夏は外の半日陰となる樹下と軒下に2鉢育てている。 他所の家、銀行、郵便局などの公共機関の待合室内では、一年中室内管理して飾ってあり、耐陰性の強い観葉植物だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/11 23:12
ハブランサス
小さい頃、田舎の他所の庭では、夏になると白や桃色のゼフィランサスの花が咲いていた。白はタマスダレ(玉簾)またはラッキョウ花と教えてもらい、可愛い花のイメージと憧れを持っていて欲しいなと思っていた。 そんな思いを長く引きずって、我が家でも白と桃色の球根を求めて植えてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/10 22:39
ハイビスカス・「スピカ」
夫が昔、屋久島土産で貰って来た普通の赤いハイビスカスが一鉢あるが、2年くらい花が咲いて、その後何故か何年も花が咲いていない。 本を見ると、ハイビスカスの花は新枝咲きなので、剪定した新しい枝に咲くとあり、また生育旺盛なので植え替えもしないと花が咲かないようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/09 22:19
庭のユリ・その5・カノコユリ(鹿の子百合)2種
花びらに、赤い鹿の子絞り模様と小さな突起があるカノコユリ(鹿の子百合)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/08 20:58
コマツナギ(駒繋)
野山に生えるマメ科の植物でコマツナギ(駒繋)と言うのがあるが、自然の中では見かけたことがない。 本州北部から四国、九州、中国大陸に分布する高さ50〜90センチ位の落葉小低木ということだが、路傍や野山の日の当る場所に自生するらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/07 22:24
クロサンドラ・リフレブル−
2〜3週間前に、花屋ではクロサンドラの朱赤(橙)や黄色の燃えるような花をみかけたが、我が家で今咲いている花色は薄青色で、涼しげな色だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/06 21:45
ブッドレア
草丈30センチ位の小さな鉢として、何年か前に求めたブッドレア。 ブッドレア2005/07/19 ブッドレア 2006/07/12 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/05 21:28
ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)
今春、宿根草コーナーで見かけた「エキノプス タブロブルー」。 ラベルには,丸い青紫の玉状の花で、葉がアザミのような画像が載っていた。 説明を見ると別名が「ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)」となっていて、ー10Cまでの耐寒性に優れており、草丈100cm程でボーダー花壇用と記してあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/08/04 18:00
フウラン(風蘭)・「朱天王」
今年2月に世界蘭展で苗を求めて来たフウランの赤花種、「朱天王」の一鉢に花が咲いてきた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/03 22:36
ガンピセンノウ(岩菲仙翁)
「ガンピ(岩菲)」のラベル名の小さなポット苗で求め、プランターで育てているセンノウの仲間の花。 小さな株だったが、7月中旬に一番花が咲き、今また2番花が咲いてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/08/02 22:02
宿根ロベリア(サワギキョウ)
去年から鉢で育てている宿根ロベリア(サワギキョウ(沢桔梗))が開花してきた。 サワギキョウ(沢桔梗)2006/07/29 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/08/01 19:45
庭のユリ・その4(カサブランカ)
花壇植えのユリとして、オリエンタル系の「スターゲーザー」が散って、真っ白で涼しげなカサブランカの花が今満開となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/31 21:44
アカバナマツムシソウ(赤花松虫草)
宿根草シリーズとして、苗から育てていた「アカバナマツムシソウ(赤花松虫草)」。 以前日本産の普通のマツムシソウや外国産のスカビオサは何度か育ててみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/30 22:11
クレロデンドロム・ウガンデンセ (ブルーエルフィン)
2年前から青い小さな蝶のような花の存在を知ったが、名前が判らなくてネットで調べて「ブルー・エルフィン」と知った。正式は学名の「クレロデンドルム・ ウガンデンセ」と言うらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/29 21:41
ランタナ
    <2007/7/13撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/07/28 22:09
カライトソウ(唐糸草)
プランターで育てているカライトソウ(唐糸草)。 元来中部地方の日本海岸側の亜高山帯から高山帯に自生する植物と言うことだが、平地でも順応してあちこちで植えられていて、山野草店でも売っており植物園でも見かける。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/27 20:21
庭のユリ・その3(スターゲーザー)
庭植えのユリとしスカシユリ系と鉄砲ユリの桃色が散り、その後オリエンタル系のトライアンファイターも6月下旬に終わった。 庭のユリ・その1(スカシユリ5種) 2007/06/23 庭のユリ・その2(トライアンファイター&テッポウユリ桃色)2007/06/26 秋植え球根として花壇で育てているユリの「スターゲーザー」。7月の中旬から花壇で開花し、次々と咲いて来て花期もそろそろ終わりに近くなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/07/26 21:54
ゲッカビジン(月下美人)
今春、外に出すのが遅かった月下美人。 他所と比べて開花が遅かったようで、やっと夕べ9輪が開花した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/07/25 22:03
レンゲショウマ(蓮華升麻)
      <2007/7/24撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/07/24 21:37
ソバナ(岨菜・蕎麦菜・杣菜)
6年位前から半日陰の場所で地植えして育てているソバナ((岨菜)。 山野草として此処で定着したのか、その後枯れず毎年開花してくれ、薄紫の釣鐘の形の花は可憐で涼しげな野の花の優しい風情を運んでくれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/23 22:04
ムクゲ(槿)
この時期、夏の花木として公園や道端で見かけるムクゲ。 その花色は白、桃、紫、紅とあり、一重だけでなく、八重種や鞠咲き、バラ咲きなど多くみかける。椿同様に異品種間の交配で種が出来やすく、個体群が生じて変異が多い花のようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/07/22 19:41
フクシア3種
6年前にS社が出したポット苗で、草丈20センチのものから育てたフクシア。 銘が「エンジェルス・イヤリング」と言うものだったが、何度も枝のピンチ(摘芯)を繰り返し、ある程度のこんもりとした姿まで育てあげたらとても花付きが良くて満足だった。 フクシア 2005/07/22 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/21 23:16
クフェア・タイニーマイスと猫
6月初めに大型ガーデンセンターで、丁度入荷したばかりのポット苗を見かけたが、以前育てた「クフェア・タイニーマイス」のようだった。 未だラベルが付いていなくて、これから準備されるところだった。苗にはもう蕾が付いていて、6年前に一度育てたそのユニークな花は印象的だったので、またここで久々巡り合って嬉しくて即求めてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/07/20 22:22
宿根フロックス(オイランソウ)
宿根草として毎年花壇に出て来るオイランソウ(花魁草)。 これも 小さい頃から馴染みとしてあちこちの家の庭で見かけていたが、ガーデニングするようになり苗が欲しくて探した。 なかなか近くで見かけず、大きなガーデンセンターで宿根シリーズの「宿根フロックス」と言う名前で出回っていて、初めてそのフロックスと言う違う名前を知った。 だが最近は近くの花屋でも毎年鉢で出回っていて、結構人気のようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/19 21:25
シデシャジン(四手沙参)
山野草として今年求めて育てているものに、タマシャジンとイトシャジン、シデシャジンがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/07/18 20:57
ギボウシ
ギボウシは小さい頃から馴染みの植物で、庭の日陰のあちこちに植えてあった。その大きな葉は葉蘭同様、お菓子を包んで蒸し菓子にも利用されていた覚えがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/07/17 21:48
トレニア
     <2007/6/29撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/07/16 21:54
セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)他
知り合いの方から春先に戴いたノコギリソウ(鋸草)の一株。 小さな切れ込みの柔らかい繊細な葉で、どんな花が咲くか楽しみだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/15 19:34
ベルガモット
昔、庭に植えた赤いベルガモットの1株。 年々増えて蔓延り、夏の日差しの中に真っ赤に燃えて咲く様は情熱的だった。 これはとても性質が強健ですっきりとした強い匂いがあり、シソ科のハーブの一種で、別名タイマツバナ(松明花:又は松明草)とも知った。 ベルガモット・赤2006/07/01 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/14 18:23
神代植物園(ハス・スイレン)
「白蓮のあまたは咲けど静かなる」(水原秋桜子) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/13 18:03
クサハナビ(草花火)
6月初めにポット苗で求めたクサハナビ(草花火)。 これは何年か前に花壇で育てた事があったが、細い茎に小さな桃色の花が鮮やかに咲き、まるで花火を思わせ、とても印象的な花だった。 だが植えた場所が悪かったのか此処では半月も持たず、儚い夏花火のように敢え無く散ってしまった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/07/12 20:44
ヒメヒオギズイセン(姫檜扇水仙:モントブレチア)
この時期、菖蒲かアヤメのような葉に鮮やかなオレンジの小さな花をたくさんつけている植物を道端などで見かける。 小さい頃田舎の野原やあちこちの庭でよく見かけていた馴染みの花で、正式名は良く知らなかった。赤い金魚の色をした花なので、子供の間では金魚ぐさとか呼んでいたようだ。(金魚草と言う花は別にあったが・・。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/07/11 21:08
レーマンニアと小鳥の巣
宿根草の本を見ていてその名前を知っていたレーマンニア。 花色が鮮やかな桃色で花付が良く、その形はラッパ状の形をしており、名前もルーマニアを捩ったような名前だったので結構印象に残っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/07/10 21:33
ハンゲショウ(半夏生・半化粧)
丁度1週間前の7月2日は暦の上で半夏生(半夏至)だった。 その日は「夏至(6月22日)から11日目に当る日で梅雨が明け、田植えの終期とされる」とあるが、丁度同じ頃、我が家に植えてあるハンゲショウも花が咲き、字の如く半化粧していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/07/09 22:08
シキンカラマツ(紫錦唐松)
1月末に出かけた植物園内の山野草店で見かけたラベル名の「シキンカラマツ(紫錦唐松)」。この綺麗な花は本で知っているだけで実際見た事がなく、此処で思いがけずその名前に出会えてつい嬉しくなった。 ポット苗で地上部が何もなくて、求めても春に芽が出てくるか不安だったが、店の方が中をそっと見られたら根がしっかりとあり、大丈夫と言うことで安心して求めてきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/08 11:56
ハギ(萩):エドシボリ(江戸絞り)
小さい頃、萩は田舎のあちこちでブッシュ状になっている枝ぶりを見慣れていたし、また関東地方に住むようになって、公園や庭園で見かけていたので、庭木や鉢で楽しむものとは思っていなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/07 20:49
トリトマ
3年前に、球根で求めて花壇に植えていたトリトマ。 植えた翌年、ヒガンバナの葉を細くしたようなのが出てきて、花芽を期待したが何故か出てこなかった。 その次の年も葉だけ出てきて株だけが大きくなり、今年も駄目と諦めていたら、6月中旬に土筆の頭か筆先のような花芽が1本だけ立ち上がっているのを発見した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/07/06 21:12
トケイソウ(時計草)(クダモノトケイソウ)
去年の秋、鉢植えで求めたトケイソウ(時計草)。 トケイソウ(時計草) 2006/09/17 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/05 21:28
ストケシア
小さい頃、田舎の何処の庭でも見かけた青紫色のストケシア。 確か「とけいそう」と聞いて、ずっーとそう思っていたが、ガーデニングするようになって「ストケシア」と言うあちら名だと知った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/07/04 19:42
エンジェルス・トランペット2種
鉢で管理している、エンジェルス・トランペットの白、ピンク、オレンジの3色。 エンジェルストランペット(黄色)2006/11/27 エンジェルス・トランペット(白)2006/10/21 大きな鉢植えで、冬は室内管理して暖かくなると戸外に出すが、今年は5月に入ってから外に出して遅かった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/03 19:48
仙台旅行・7(秋保温泉郷・青葉城址)
6月12日。仙台秋保温泉郷の「磊々峡」の遊歩道を散策したあと、「覗き橋」へとまた戻り、秋保・里センターと呼ばれる所まで少し続く渓谷沿いの裏の遊歩道をぶらぶら歩いて行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/07/02 23:32
サルビア三題
     <チェリーセージ:2007/7/1撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/07/01 22:45
庭の花三題
地植えで育てたいが、もう植えるところがなくて、鉢管理で育てているピペリカム・ヒデコート。 普通のキンシバイより大型で6〜7cmの花が咲き、園芸種だそうだ。まだ普通のキンシバイは見たことがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/06/30 22:50
仙台旅行・6(磊々(らいらい)峡)
6月12日、慌しく秋保大滝を見たあと、バスでまた秋保温泉郷へと戻り、「のぞき橋」と言うところで下車した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/06/29 23:21
ケントベル&ホタルブクロ
     <2007/6/15撮影> ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/06/28 22:39
仙台旅行・5(秋保大滝)
かつて伊達藩の湯治場が置かれたと言う秋保(あきう)温泉郷。 「開湯千年の歴史があり、有馬温泉(兵庫県)、道後温泉(愛媛)と並んで自然景観に勝れていて、日本三名湯のひとつだ」とパンフレットにある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/06/27 22:43
庭のユリ・その2(トライアンファイター&テッポウユリ桃色)
庭のスカシユリと同じ頃に咲いてきた、トライアンファイターとピンクのテッポウユリ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/26 22:30
仙台旅行4(東北大学植物園)
仙台城址背後の御裏林で、通称青葉山と呼ばれる丘陵地に位置する東北大学植物園。 そこは昭和33年に(1958)に、東北大学が研究と教育のために設立した自然植物園だ。 東北大学HPより(植物園) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/06/25 23:26
ハナショウブ(花菖蒲)&クレマチス
    <ハナショウブ:稲妻> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/06/24 21:45
庭のユリ・その1(スカシユリ5種)
秋植え球根として出回っていて花壇に植えたユリの球根各種。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/06/23 23:43
仙台旅行・3(仙台市野草園その3)
     <バイケイソウ(梅葸草)ユリ科シュロソウ属> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

2007/06/22 23:29
仙台旅行・2(仙台市野草園その2)
仙台市の野草園に入って突き当りを右の方に行くと、高山植物区が広がっていた。 其処はロックガーデン風で、真ん中には池を巡らしてあり、真夏日のもと、スイレンが涼しげに水面に浮かんでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/06/21 22:55
仙台旅行・1(仙台市野草園その1)
先週、仙台の秋保温泉郷及び仙台市内の野草園、東北大学植物園などを巡ってきた。 植物の時期がずれてしまうので、都合で野草園の記事から先に記載した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/06/20 22:09
ナツツバキ&ヒメシャラ
庭にはヒメシャラが植えてあったが、ナツツバキも是非庭木として植えたいと夫が6年前に2本求めた。 ナツツバキ2006/06/17 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/06/19 22:26
アマリリス
「アマリリス」の歌は、小学校の音楽の時に習って良く知られている馴染みの花だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/06/18 22:13
庭のアジサイいろいろ
     <スミダノハナビ(隅田の花火)> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/06/17 22:18
カンパニュラ&シャジン
     <カンパニュラ グロメラータ> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/06/16 22:28
ドクダミ(八重種と一重)
去年、ネット画像でドクダミにも八重種があることを初めて知ったが、どんな花か一度は見てみたいと思っていた。 昨年9月に外出先の花屋さんで偶然軒先に見慣れたドクダミの葉のポット苗が一つ置いてあり、若しかして八重種?と思ってラベルを見ると、やっぱり八重種と書いてあって、花屋さんにしっかりと八重種かを再確認して即求めてきた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/06/15 19:24
クジャクサボテン
鉢管理として殆ど構っていないクジャクサボテン。 夫が小さな株で昔3種類求めて大きく育てていたものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 32

2007/06/11 21:14
カンパニュラ・メデューム(フウリンソウ)
去年の秋にポット苗で求め、花壇に地植えしていたカンパニュラ・メデューム(フウリンソウ)の花が満開となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/06/10 19:50
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
この水無月の雨に似合う花は、菖蒲と紫陽花であろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 21

2007/06/09 17:27
リシマキア・プロクンベンス
年々ガーデニング素材として、毎年植え替える必要がない宿根草が有り難くなってきた。 一年草の花は、それなりのガーデニングの楽しみもあり、花も綺麗なものが多いようだが、花壇には宿根ものが蔓延って来て、もう植える場所も狭まってきた。 また、この頃何かと忙しく面倒くさがり屋の性分なども手伝ってきているようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/06/08 22:06
ブラシノキ
小さい頃、何処かで見たような記憶があるキンポウジュ(金宝樹) 花屋でブラシノキと聞いて、7〜8年前に幼木として求めてきたものだ。 オーストラリアに育つと聞いたが、此処東京でも地植えで大丈夫と聞いて庭植えした。耐寒性がやや強く−5℃と今回調べて知った。 ブラシノキ 2006/06/13 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/06/07 14:16
クワズイモ(食わず芋)
随分前に、夫が屋久島から土産として貰って来た熱帯の植物。 その中にサトイモのような小さな葉があり、クワズイモ(食わず芋)と言う名前だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/06/06 17:48
リクニス(スイセンノウ)
山野草のセンノウ(仙翁)の仲間と違って、ガーデニング素材として良く見かけるリクニス。 マツモトセンノウ(松本仙翁)&白花カッコウセンノウ : 2007/06/01 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/06/05 18:45
ロニセラ・「ゴールド・フレーム」 &スイカズラ
スイカズラの園芸種として花屋に出回っているものに、ロニセラ・「ゴールド・フレーム」などがある。 我が家のものは、花屋で、「ハニーサックル」銘で出回っていたものを、数年前に鉢植えとして求めたものだだ。一つは南側のオベリスクに絡ませてあり、もう一つは外花壇に植えた。 ロニセラ(ゴールド・フレーム) 2006/05/16 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/06/04 23:16
カンパニュラ・サラストロ。
普通の自然の中で見かけるホタルブクロは薄桃色や白だが、花屋では園芸種として青色、黄色、そして八重種も出回っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/06/03 17:02
ミニバラ
寄せ植え鉢の中で、何年も植えっぱなしのミニバラ2本。 以前何種類か求めて植えていたが、枯れてしまって、今では2種だけが残っている。 ミニバラ 2006/05/25 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/06/02 19:17
マツモトセンノウ(松本仙翁)&白花カッコウセンノウ
この時期、ナデシコ科で山野草として持て囃されるものに、センノウ(仙翁)の仲間がある。 センノウの花色は鮮やかで、ちょっと山野草らしくない燃え立つ色が多く、葉ものの花材と取り合わせて茶花としても素敵な花だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/06/01 22:42
ツンベルギア・エレクタ
ツンベルギア・エレクタは熱帯アフリカ原産の花木で、冬は室内、暖かい春頃から戸外管理しなければならない、ちょっと手のかかる鉢花だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 21

2007/05/31 22:52
マツバギク3種
数年前までは、外花壇の5メートル横幅の手前に、冬はパンジー、春にはスイートアリッサム、ペチュニア、シバザクラ、夏になるとインパチェンス、マツバボタン、日々草、など季節毎に花を植え替えて楽しんでいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/05/30 21:58
バイカウツギ(梅花空木)他
庭木として高さが2メートル弱の落葉低木で、庭の花壇後方に植えるのに適しているバイカウツギ(梅花空木)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/05/29 21:30
柿の花&葡萄の実?
       <柿の花:2007/5/22撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/05/28 19:11
クレマチス
    <紫系> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/05/27 18:06
バラ(薔薇)
「国際薔薇とガーデニングショー」も20日で終わってしまって、また今年も出かけなかった。 花屋では、いま色々な薔薇の鉢花や苗が出回っており、家々の庭にもとりどりの薔薇が咲き溢れていて、外から垣間見するのも楽しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/05/26 18:42
ガンゼキラン(岩石蘭)&パフィオペディラム
        <2007/5/24撮影> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/05/25 16:20
土佐文旦の花&ウグイスカグラの実
        <2007/5/22撮影>    ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/05/24 17:07
ジキタリス
数年前、秋播きの種から育てたジキタリス。発芽率がよくて苗がたくさん出来、翌春の花盛りを期待したのだが、私が播いた種は2年草で、播いて2年目の春に花が咲いてきた。 ジキタリス2006/05/22 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/05/23 10:01
バーベナ(美女桜)
5月頃から盛んに、バーベナ、ペチュニア等の鮮やかな花色が花屋に並び、ガーデニングを始めた頃は多彩な花色を色々求めて花壇や鉢植えにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/22 18:43
カルミア
小さい頃、田舎では目にすることがなかったカルミア。 ガーデニングをするようになって見知ったツツジ科の植物で、別名アメリカシャクナゲとも呼ばれ、日本の躑躅や石楠花とは似てもいない、洋風のモダンで可愛い印象的な小花が鞠状に咲く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/05/20 19:41
ペンステモン(オヴァタス)
       <ペンステモン・オヴァタス2007/5/15撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/05/19 20:52
ミムラス
        <今春、ポット苗より育てたミムラス> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/05/18 20:44
イキシア&アヤメ
この時期、アヤメ科の花が色々咲いているが、南アフリカ原産の秋植え球根で春咲きのものにフリージア、スイセンアヤメ(スパラクシス)、バビアナ、ワトソニア、ラペイロウシア(ヒメヒオウギ)、イキシアなどが知られている。 そのなかでフリージアはもう開花が終わってしまって、ヒメヒオウギと呼ばれるラペイロウシと、イキシアが今我が家では開花中だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/05/17 22:35
ヒメヒオウギ&シシリンチウム
以前地植えしていて、消えてしまったヒオウギ(檜扇)とヒメヒオウギ(姫檜扇)。 どちらもアヤメ科の多年草なのだが、場所的に半日陰となって消えてしまったようだ。 ヒオウギはヒメヒオウギより大株で場所を取り、花も鮮やかなので、もう育てて見たいとは思わなかった。 一方、ヒメヒオウギを今春ポット苗で見かけ、今度はプランターで育てて見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/05/16 22:58
オダマキ3種その2
今、我が家の敷地内の西ブロックの砂利の間から咲いているヤマオダマキ(山苧環)と、苗から求めて育っているセイヨウオダマキ(西洋苧環)の2種。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/05/15 20:57
オステオスペルマム・他
我が家の花壇に初春の頃から植えてあって、いまも長く花期を楽しんでいる花が色々ある。 オステオスペルマム、リナリア(ヒメキンギョソウ)、シバザクラなどだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/05/13 19:43
カラタネオガタマ(唐種招魂)
...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/05/12 12:34
ラナンキュラス
秋植え球根として、鉢で4月中旬から次々と開花しているラナンキュラスの花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/05/11 21:16
ナナカマド(七竈)
       <2007/5/4撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/05/10 20:50
オダマキ3種
春から咲くキンポウ科の花は美しいものが多いが、その中で園芸的に出回っているオダマキ(苧環)には、日本的なものや西洋のものなどを見かける。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/05/09 21:10
モッコウバラ(木香薔薇)
小さい頃、育った家の玄関壁には真紅の大輪の薔薇が這わせてあった。 5月のこの時期になると、毎年たくさんの花が華やかに匂って、うきうきした気分になるものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/05/08 17:38
ジエビネ・ニオイエビネ交雑種
樹下の半日陰に植えっぱなしにしているエビネ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/05/07 21:35
オーニソガラム(ウンベルタム)&シラーカンパニュラタ(釣鐘水仙)
耐寒性があり、植えっぱなしでも丈夫で増えて、綺麗で花持ちが良いものにオーニソガラム、シラーカンパニュラタなどの球根植物もあり、ガーデニング素材として重宝している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/05/06 22:41
ハナイカダ(花筏)ほか
ハナイカダ(花筏)と素敵な名前を持つが、さて何処に花が?と思ってよくよく見ると、葉の真ん中の上に小さな突起のそれが花であり、何とも不可思議な植物である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 25

2007/05/05 21:54
デージー、ネモフィラ、ワスレナグサ
去年育てた植物の零れダネから、鉢やプランターや花壇の外に生えてきて、今咲き盛っている花にネモフィラ、デージー、ワスレナグサなどがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/05/04 21:33
ユキモチソウ(雪餅草)
サトイモ科のテンナンショウ属の仲間として、ムサシアブミ、ウラシマソウ、テンナンショウ、マムシグサ、ユキモチソウなどが知られているが、ユキモチソウ以外は花として気味悪がられて、女性からは余り好まれないようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/05/03 22:34
オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)
   <オオバナノエンレイソウ> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/05/02 21:13
原種系チューリップ
普通のチューリップは、花後葉が枯れて来たら毎年掘りあげて乾燥させているが、原種系のチューリップは何年も植えたままだ。 園芸種のものに比べて球根が小さくて、開花しても草丈が低かったり花も小さかったりが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/05/01 21:28
チューリップ
           <スプリング・グリーン> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/04/30 21:46
ラミウム・ガレオブドロン&グレコマ・ヘデラケア
日本のオドリコソウ(踊り子草)としては、花色の白と桃色の自生のものを見かけるが、この頃、黄花のもので「キバナオドリコソウ(黄花踊り子草)」と呼ばれるのも草地で見かけるようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/04/28 21:52
フジ(藤)&エニシダ(金雀枝)
鉢で2株の藤を育てていたが、花付が良くなかった。 1株を4年前に地植えしてパーゴラに這わせた。その後は勢いが良くて、去年は花が見事だったが、今年は去年より少なめだ。 フジ2006/05/02 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/04/27 17:44
オキナグサ&西洋オキナグサ
名前からして、ご老人好みの草かと思ってしまう翁草。 花びらの外側は白い産毛のビロード状で覆われており、シックな赤茶色の花が横向きに慎ましく咲く山野草だ。花後の種の髭から、翁の頭を連想するのか、そんな名前になったようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/04/26 21:24
洋種スイセン色々
  <タヒチ:2007/4/21撮影> ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/04/25 19:42
アネモネ3種
春咲き球根植物として良く知られる花にアネモネがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/24 19:25
ボタン(牡丹)他
    <ボタン:2007/4/23撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/04/23 21:23
ケマンソウ(華鬘草)
ガーデニングをするようになって、花の形の面白さに惹かれた植物にケマンソウ(タイツリソウ:鯛釣草)がある。 愛嬌のあるハートの型に、足か手が跳ねているようで、その形がまるで釣竿から鯛を釣ったようなイメージがあるのでタイツリソウ(鯛釣草)の名前があるのかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2007/04/22 17:40
京都ー三十三間堂他
千手観音像で有名な三十三間堂。 本堂の内陣の柱間が三十三あるために三十三間堂と呼ばれているが、正式名は蓮華王院という天台宗の寺院だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/04/21 22:10
京都ー堀川通り桜他
ニ条城の東大手門前の通りは堀川通りとなっていて、舗道脇の空の堀沿いに桜並木が続いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/04/20 21:35
京都ー二条城(夜景と早朝)
     <二条城:東南隅櫓2007/4/14撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/19 20:36
京都ー嵯峨野・嵐山
   <渡月橋、2007/4/14撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/04/18 22:29
京都ー天龍寺庭園(曹源池)
     <天龍寺庭園内> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30

2007/04/17 20:35
ヒメリュウキンカ(姫立金花)
山野草として、地に植えっぱなしにしているヒメリュウキンカ(姫立金花)。 ヒメリュキンカ: 2006/04/11 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/13 22:14
ヒトリシズカ(一人静)
我が家の落葉樹の下に植えてあるヒトリシズカ(一人静)。 昔3株植えたものだが、その後増えも減りもせず、毎年落ち葉の中から律儀に出てくる。 ヒトリシズカ 2006/04/06 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/12 22:00
イカリソウ(碇草)
山野草が植えてある我が家の落葉樹の元に、イカリソウ(碇草)が花を咲かせてきた。 此処は山紅葉とカエデ木の下なので落ち葉が深く積もり、ヒトリシズカはさっさと出てきたが、このイカリソウの芽はなかなか出てくれなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/04/11 21:52
ニリンソウ(二輪草)
           <ニリンソウ2007/4/7撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/10 19:04
ハナカイドウ(花海棠)
唐の玄宗皇帝が楊貴妃を評した「海棠睡(ねむり)未だ足らず」として、美人のなまめかしい美しさに例えられるハナカイドウ(花海棠)。 桜は清楚で美しいが、このハナカイドウの桃色花びらが垂れ下がって恥ずかしげに咲いているさまは色っぽく愛らしい。 これは中国原産の落葉低木で庭木としても好まれ、低木で仕立てても花付が良くあちこちで見かける。 バラ科だが、ウメやソメイヨシノ、ハナモモと違って先ず葉が先で、花はあとから出てリンゴ属だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 17

2007/04/09 18:31
ムサシアブミ(武蔵鐙)他
   <自宅庭:2007/4/7撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/04/08 17:49
ハナモモ(花桃)
毎年桜が咲き出す頃になると、庭でも一気に他の花が咲きだして来る。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/04/07 18:50
ムスカリ & ヒヤシンス
秋植え球根植物として、何年か前に花壇に植えておいたムスカリとヒヤシンス。 ムスカリ:2006/04/12 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/04/06 21:12
ウンナンオウバイ&レンギョウ
   <ウンナンオウバイ:2007/4/3撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/05 20:54
ヒメフウロ&ヒメイワウチワ
<ヒメフウロ:2007/3/19撮影>   いま鉢で育てているヒメフウロ(姫風露)とヒメイワウチワ(姫岩団扇)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/04/04 18:30
庭の椿<紅乙女&春の台(うてな)>
小さい頃、田舎の裏山では藪椿をのみ見て育ったが、他所にある八重や多彩な色取りの椿に随分憧れたものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/03 21:28
プリムラ色々(プリムラ・ピアリー、ジュリアン、オブコニカ等)
  <プリムラ・ピアリー:2007/4/1撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/02 19:55
庭のソメイヨシノ
「木のもとの花に今宵は埋もれてあかぬ梢を思ひ明さむ」(西行) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

2007/04/01 22:32
郊外公園散策1(カタクリ他)
桜の頃に毎年出掛けて見ている、ある公園のカタクリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/31 20:55
バイモ
薄黄緑の葉色と同じで、一見して地味なバイモの花。直径3cmくらいの小さな釣鐘形の傘が開いたような花で、良く見ると、花びらの3弁の基部が繋がって二重になって開いている。外の花びらは薄緑の条があり、失礼して中を覗き込むと褐色の網目模様が入っていて、その内に凝った派手さに思わず魅入ってしまう花だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/03/31 20:54
ベニコブシ(ヒメシデコブシ・姫四手辛夷)&コブシ
       <庭のベニコブシ> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/03/30 20:41
スピロキシネ&アッツ桜
花屋で見かけた原種チューリップのような細い蕾をつけたポット苗。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/03/26 18:50
ユキワリソウ(雪割草)
ユキワリソウ(雪割草)と言う園芸名で呼ばれるミスミソウ(三角草)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/03/25 18:24
ウグイスカグラ(鶯神楽)
落葉した枝に、春いち早く星型をした細長い桃色の花が釣り下がって咲くウグイスカグラ(鶯神楽)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/03/24 22:38
ショウジョウバカマ(猩猩袴)
ショウジョウバカマは我が家の庭にはなく、去年10月末に6つの芽出しが植えてある鉢を求めて育てていた。 鉢植えの芽の格好は、まるでフクジュソウの芽のようだった。      <2006/10/28撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/03/23 22:36
スミレ・その4(ヒゴスミレ、べニバナナンザンスミレ他)
大鉢の中から、白い花で葉の切れ込みが深く繊細な形のヒゴスミレ(肥後菫)が咲いている。 以前植えっぱなしにしているのをすっかり忘れていて、去年鉢の中に咲いている白い花の匂いを嗅いで見たら、とても良い匂いがして、ヒゴスミレだと確認したものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/22 20:54
クリスマスローズ・その3(アグチフォリス&オリエンタリス・ハイブルッド系)
       <アグチフォリス・2007/3/20撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/03/21 23:57
ボケ(長寿梅)
鉢として、ほったらかしで5年間育てている長寿梅。 去年、ブログアップするまでは違う名前だとてっきり思っていたが、ボケの一種だと教えて貰った。 ボケ(長寿梅) 2006/04/05 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/20 23:52
ミヤマサクラソウ
花屋で、「ミヤマサクラソウ」と言う名前の小さなポット苗を見かけて求めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/19 22:53
ミニスイセン( ティタティタ)
「ティタティタ」と呼ばれる黄色いミニ水仙が今頃満開となっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/18 23:33
ウンナンサクラソウ(雲南桜草)
中国雲南省の原産として知られるプリムラの仲間に雲南サクラソウがある。 鉢花として、1月〜2月位の寒い頃から花屋で出回っていて、去年初めて育てて見たが、残念ながら夏越しできなかった。 雲南サクラソウ 2006/02/23 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/17 23:42
ダルマクンシラン(達磨君子蘭)他
          <ダルマクンシラン2007/3/12撮影>  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/16 22:28
ツタンカーメンエンドウ
古代エジプトのツタンカーメン王の墓の副葬品として知られているツタンカーメンエンドウ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/03/15 18:43
庭の椿(匂い椿&参平椿)
       <匂い椿:軟風「舞姫」2007/3/13撮影> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/14 18:09
ラケナリア
我が家で鉢としてもう何年も育っている球根植物のラケナリア。 名前は余り知られていないようだが、別名がアフリカヒヤシンスで南アフリカ原産のものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/13 17:35
スミレ2種・その3<ニオイスミレ(匂い菫)>
    <2007/3/9撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/03/12 21:00
シロバナジンチョウゲ(白花沈丁花)&オニシバリ(鬼縛り)
以前、赤紫色のジンチョウゲがあったが、何回か移植して枯れてしまった。 その後戴いた挿し木用の白を2本、直に挿したら簡単に付いてもう4年目になり、一昨年から花を持ち出した。 ジンチョウゲ2006/03/31 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/11 17:43
原種シクラメン・コウム
暮れから出回る普通の大きいシクラメンと比べて、原種系の小さなシクラメンは、今迄一般の花屋ではあまり見かけなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/03/10 18:24
クロッカス
暖冬の所為で、庭のクロッカスも去年より2週間ほど早く開花した。 クロッカス2006/03/12 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/03/09 21:03
神代植物園ーシキミ・オオカンザクラ他
        <シキミ・2007/3/4撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/08 19:11
サンシュユ(山茱萸)
早春に咲く花木としては、ロウバイ、マンサク、土佐ミズキ、オウバイ、サンシュユなど黄色い花色を多く見かける。その中で、サンシュユ(山茱萸)は、別名ハルコガネバナ(春黄金花)とも呼ばれて、葉がまだ出ていない時期に、枯れ木に黄色い花が咲く明るいイメージの花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/03/07 17:40
神代植物園・ヒスイカズラ(翡翠葛)
         <2007/3/4撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/06 19:21
伊勢旅行−4(伊勢神宮)
     <伊勢内宮、新御敷地より垣根越しの御正宮屋根> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/05 21:23
伊勢旅行3(二見浦夫婦岩)
    <二見浦夫婦岩> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/03/04 11:20
伊勢旅行2(二見町お雛様巡り・その2)
        <木彫り雛> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2007/03/03 11:22
伊勢旅行1(二見町お雛様巡り・その1)
       <賓日館にて2007/2/26撮影・お雛様の着物生地に屋久杉繊維使用> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/03/02 20:04
プリムラ・マラコイデス(西洋サクラソウ)
                <2007/3/1撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/03/01 20:17
セントポーリア(ドリー)
                 <2007/2/28撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/02/28 20:23
オオシマカンスゲ
         <オオシマカンスゲ・2007/2/24撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/02/24 18:35
ヒヤシンス・カーネギー
                <2007/2/22撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/02/23 17:58
多肉植物・キンコウセイ(錦晃星)
1月中旬、花屋で地味な花と蕾が付いているものを求めて育ててひと月余。 葉の形が多肉質で茎が徒長している感じだが、伸びた茎の先に尖った釣鐘状のオレンジの蕾がたくさん付いていた。花も次々と咲いて長く楽しんだが、もう開花がそろそろ終わろうとしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/02/22 19:06
クリスマスローズ・その2(オリエンタリス・ハイブリッド&リビデス)
 <オリエンタリス・ハイブルッド系白・2007/2/21撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/02/21 18:30
クンシラン(君子蘭)
          <2007/2/20撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/20 16:44
神代植物園ー8
    <神代植物園・グリーン・ギャラリー内2007/2/11撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/02/19 19:33
プリムラ・シネンシス
「桜草のせてタイルの罅(ひび)こまかし」(横山白虹) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/02/18 19:03
メジロ(目白)&梅
                <メジロ・2007/2/16撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 23

2007/02/17 16:45
セイヨウクモマグサ(西洋雲間草)・白種・他
                     <2007/2/16撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/02/16 19:23
プリムラ・ロゼア
            <プリムラ・ロゼア2007/2/15撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/02/15 19:32
クリスマスローズ・その1(ニゲル)
       <クリスマスローズ・ニゲル2007/2/13撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/02/14 19:57
神代植物園ー7・シナマンサク(支那満作)・他
              <シナマンサク・2007/2/11撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/13 17:16
スミレ3種・その2
             <ウスベニヒゴ・2007/2/4撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/12 17:39
カランコエ&フキノトウ
                 <カランコエ・2007/2/5撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/02/11 08:49
スミレ3種・その1
               <アマギ(天城)> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/02/10 15:18
ボケ(木瓜)・「長寿楽」
ボケはバラ科なので棘があり、ブッシュになると言われて植えさせてもらえなかったが、花屋に出回っている園芸種を見ると棘がないようで、以前黄色と去年白の小さな鉢植えを求めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/02/09 16:51
神代植物園ー6(椿-4・変り葉他)
            <キンギョバツバキ(金魚葉椿)2007/1/21撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/02/08 16:44
ウメ(梅)
             <盆栽梅・豊後2007/2/7撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/07 15:07
スイセン
花壇に植えっぱなしの、黄色いラッパ咲きスイセンが咲き出してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/06 18:01
プリムラ (「イブニングスター」)
プリムラのなかで、ジュリアンは去年の10月中旬頃から出回っていて、年々花も多彩になって冬の鉢花としても可愛く人気の花だ。 薔薇のような八重種のプリムローズも、もう当たり前のように出回っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/02/05 17:46
カンアオイ(寒葵)
           <2007/2/4撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/04 19:00
セツブンソウ
              <自宅鉢にて・2007/1/28撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/02/03 09:09
黄花セツブンソウ(エランシス)
去年球根で育てた西洋セツブンソウ。 花後、植えっぱなしにしていたが、この球根は気難し屋で翌年出てこないらしく、去年球根で求める予定だったが、買い損なって今年芽出しの鉢が出回っていて求めた。 西洋セツブンソウ2006/03/04 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/02 16:30
バイカオウレン(梅花黄連)
先日植物園に出かけた折、園内の花屋で初めて見かけて求めたバイカオウレン(梅花黄連)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/02/01 12:32
アザレア
去年2月に室内で鉢花として開花したアザレア。今まで鉢で求めて何度か枯らした事があったが、何とか夏越し冬越しが成功して、今花が咲いてきた。 アザレア2006/02/13 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/31 16:41
神代植物園ー5(椿ー3・黄色椿他)
椿の中で「幻の椿」と呼ばれて話題に上った珍しい黄色のキンカチャ(金花茶)。此処神代植物公園の温室でも栽培されている。 この葉は椿のようでなく、お茶の葉を長く大きくしたようだ。お茶もツバキ科ツバキ属でツバキの仲間だ。           <キンカチャ(金花茶)>             <2007/2/3撮影> 調べて見ると、中国南部の広西自治区原産で1965年に発見され、日本には1980年導入されたと言う。 此処の温室でも以前見ていたが、その時はまだ樹高が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/01/30 16:36
フキタンポポ
         <フキタンポポ・2007/1/19撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/01/29 17:57
神代植物園ー4(グリーンギャラリー)
神代植物公園の前の道路を挟んで、北隣にグリーンギャラリーと言う所があり、9時から午後4時半まで無料開放されている。 こちらは庭園見本園の一部で、昔、ここには緑の相談所があったそうだが、様々な造りの庭の見本が並んでいた。今は建物は使われて居らず荒廃した感じだ。昨日アップしたスノードロップはこちらに植えてあったが、少し手入れはされているものの、雑木林に鳥が飛んできたり武蔵野の面影を残し、自然の雰囲気が漂っている。今は枯野の感じだが、春になり花盛りになると華やかな感じになるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/28 18:40
スノードロップ
          <神代植物園にて・2007/1/21撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/27 10:52
神代植物公園ー3(椿ー2)
            <覆輪秋の山>   1月21日に訪れた神代植物公園内の椿園。 侘助系の椿はもう早々と咲いており、去年の暮れから咲いている早咲き種のものが見られた。普通の椿も暖冬で少し咲いているものがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/01/26 16:37
セイヨウクモマグサ(西洋雲間草)
   毎年この寒い時期にセイヨウクモマグサ(西洋雲間草)の鉢が出回ると、何故か可愛い梅のような小花に惹かれて求めて育てて見たくなる。 名前が雲間とあり、果てしない宇宙と天界の清らかなイメージに惹かれるからだろうか? セイヨウクモマグサ・2006/01/16                 <2007/1/15撮影> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/25 17:33
神代植物公園ー2(侘助椿)
         <タロウカジャ(太郎冠者)(別名:有楽椿)> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/01/24 16:54
フユノハナワラビ(冬の花蕨)
ワラビ(蕨)と言うと春に出てくるシダ植物で、日当たりの良い谷地・山地の草地などに群生しており、山菜のひとつでワラビ科ワラビ属だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/01/23 19:27
神代植物公園−1(ボタン展・他)
昨日、1月21日に出かけた神代植物園公園では、1月2日から「新春のぼたん展」を開催しており、丁度この日が最終日であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2007/01/22 16:09
タマリュウの実、他
去年7月に、初めてカメラ目線で捉えて見たタマリュウ(玉竜)の花。 ユリ科で、透き通った感じの透明感があり、薄桃の僅か5ミリぐらいの6弁の俯いた花が開いており可愛いものであった。おと年に青い円らな実を幾つか確認していた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/01/21 10:15
バコパ(ステラ)
今年初めて寄せ植え用として求めたバコパ。 名前は良く聞き、花屋でも随分前から出回っていて年中見るような植物だ。一見して小花の花付があまり良くなさそうで、何故かあまり買う気が起らなかった。だが、この頃ブログでもハンギング、寄せ植え、グランドカバーとしても使われていて、この時期でも耐寒性があり多年草として人気のようで育てて見た。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/20 16:44
郊外散策3
              <本丸広場にて> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/01/19 20:05
ギョリュウバイ(御柳梅)
花屋でこの時期に、小さな鉢で出回っているギョリュウバイ(御柳梅)。 (漢字で魚柳梅とも書いてあるものがある。) 名前を聞くと、日本のものかと思ってしまうが、オーストラリア・ニュージーランド原産のもので、ニュージーランドの国花にもなっているそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/18 18:33
郊外散策2
                <タンポポ>              日当たりの良い空き地で早々と咲いていた黄色い花。蒲公英と思っていたが、若しかしてノゲシ?かなとも思ったりもする。でも葉に棘がないようなので、やはり蒲公英かなと分らなくなった。普段しっかりと野草を観察していなかったので、黄色い花は蒲公英だけしか知らなかった。先日ある方のブログで、この時期咲く黄色い花で蒲公英に似た「ノゲシ」と言うのがあることを初めて知った。ノゲシはロゼットから太い茎が出てきて、タンポポには無いので区別が出... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/01/17 21:06
郊外散策1
朝夕の寒さは厳しい冷え込みともなっていたが、日中は風がなければ比較的暖かかった先日の日曜日。今年は暖冬のようで、もう梅も桜も咲いたと言うブログ便りを知ったが、出かけた郊外の野はまだまだ蕾が固かった。遥か彼方の先の山に隠れて、少し雪を被った富士が天辺をちょっと覗かせて淡く見えていた。 裸木となって、天を射抜くような形のメタセコイヤが2本見えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/01/16 18:03
カラタチバナ(唐橘)(白実の百両)
お正月の縁起植物として人気のセンリョウ(千両)、マンリョウ(万両)、カラタチバナ(唐橘)、ヤブコウジ(藪柑子)。 その中で余り花屋では見かけず、我が家には無かったカラタチバナ(唐橘)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/01/15 18:33
シクラメン
おと年(2005年)のクリスマス前に求めたシクラメンのパピヨン。12月から1月に花を楽しんだあと、暖かくなった去年の春から風通しの良い半日陰の所に置き、たまに水遣りをしていた。 シクラメン(パピヨン) 2005/12/17 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/01/14 19:28
宿根ネメシア(プリメシア)
普通ネメシアと言うと、春に咲く1年草のものもあるが、早々と冬から出回っている宿根タイプのものがある。 春に出回っている1年草タイプのものは、花色が取り取りで2色咲きのものなどありカラフルだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/01/13 17:00
メタセコイヤの裸木・他
秋に紅葉していたメタセコイヤは、もうこの時期になると葉を全部落として裸木の姿となっている。その円錐形の姿は、まるで天を射抜くように真っ直ぐに伸びている。 外出先にてメタセコイヤ他・2006/12/10 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/01/12 13:32
オキナワギク(沖縄菊)
今年の秋に、ミニ鉢として求めたオキナワギク(沖縄菊)とヒメコハマギク(姫小浜菊)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/01/11 19:20
寒中・4題
お正月の門松用として門柱に飾った松。真っ直ぐな松葉が放射状に出て、上から眺めた松がまるで花のようで美しい。松にも色々あるが、全国的に出荷されるこの門松用の松は何処の何松であろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/01/10 18:50
盆栽梅の影絵
和室の荒間障子に映っている盆栽用の梅の鉢。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/09 19:00
冬クレマチス(アンスンエンシス)
去年は1月中旬頃咲いた冬クレマチスが、今年は暮れから少しずつ開花してきた。 やはり暖冬の所為であろうか? 数年前にパーゴラに絡ませて植えたものだが、一昨年は鈴生りで冬場に真っ白の小さなベル型の花が見事だった。だが去年は葉が途中から枯れたように疎らになって、花数が少なかった。              <パーゴラの冬クレマチス> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/01/08 18:44
雑木林と七草
先日外出の折、見かけた冬の雑木林。ついこの前までは鬱蒼とした緑の林で武蔵野の面影を残す場所だった。今は裸木となった木々の間から空が林が透けて見え、落ち葉は木の根元に絨毯のように散り敷き、この寒い時期に温かく包んで一雨ごとに堆肥となって土に還っていく。ここに植えてある木々はコナラであろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/01/07 18:24
ベニワビスケ(紅侘助)
今年は暖冬なのか、庭のロウバイも早々と咲いたし、鉢植えの紅侘助も1輪だけだが暮れから咲いている。 数年前に侘助椿の小さな幼木苗を買ってきて、地植えにしていたら枯れてしまった。その後また去年の暮れに蕾付のベニワビスケ(紅侘助)を求めたものだ。 椿・侘助 2006/02/14 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/01/06 20:56
サザンカ・都の春
我が家の庭にあるサザンカ6種のうち、12月から咲き出した「都の春」と言う銘のもの。 この花びらは一重の明るい桃紅色で中輪の平開咲きであり、別名が「都姿」だ。 庭にある他の緋色のものや濃い桃紅色に比べて、明るく目だって華やかさがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/01/05 16:24
フクジュソウ(福寿草)
6年前に、庭に植えていたフクジュソウが年々細ってきて、ついに一昨年から消えて出てこなくなってしまった。 山モミジの落葉樹の下で、夏は半日陰、春は日当たりの場所で最適だと思っていたが、その後、欲張って近くに梅など他の木が植えられて環境的に合わなくなったのかも知れないが、連作障害も出るようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 20:22
お正月用の寄せ植えとおせち料理
数年前、お正月用の寄せ植えとして求めていた盆栽用の稲沢松。 ほったらかしの儘にして、たまに水だけかけて置いていたものが枯れないでいた。夫に言わせると、本来は針金で枝をねじ曲げて形を整えていかなければいけないそうで、枝ぶりがちっとも面白くもなく茫々となってしまっている。それでも可愛そうなので、正月用の飾りとして生かして使ってみた。 店で求めたフキタンポポ、オタフクナンテン。それにリュウノヒゲと既に開花してるユキワリソウを一緒に寄せ植えにして玄関に置いた。 フキタンポポは暖かくなると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 22:58
2007年お正月
明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/01 22:16
ソシンロウバイ(素心蝋梅)
去年の暮れにロウバイの蕾を確認して、今年の年明けの開花を楽しみにしていたのに、蕾が何時の間にか総てなくなっていた。自然に蕾がなくなったのかと思っていたが、よくよく注意して見ると、クロガネモチの木に飛んできているヒヨドリの仕業のようだった。                     <2006/11/23撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/31 18:45
冬花壇の種の姿
我が家の庭を賑わした花たちも既に盛りを終え、これからの厳しい冬を迎えるに当たって、種が出来て弾けゆくものの、あるものには葉が残り、またあるものには植物全体が枯れて消え逝くものもあり、その姿は様々だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/12/30 18:32
カランコエ八重
カランコエは鉢で今迄も何種類か育てて、水を与え過ぎて枯らすことが多かった。 葉が分厚くて多肉質の植物でもあり、ベンケイソウ科の仲間で別名がベニベンケイソウ(紅弁慶草)だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/29 19:14
ニホンスイセン(日本水仙)
暮れにお正月用の花材としても出回っているのがニホンスイセン(日本水仙)だ。松、千両、南天、梅、葉牡丹などと一緒に、昔は花材としてよく使っていたが、今ではハウスものの菊や百合など華やかな花ものがセットとして出回って一般には好まれるようだ。(勿論水仙も使われているが・・。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/28 14:14
シャコバサボテン(トーアブリッタ)
我が家の真っ赤なシャコバサボテンは、そのクリスマス・カクタスの別名のように、丁度クリスマスの頃に満開になってくれた。だが、もうひと鉢の「トーアブリッタ」と言う銘のものに花が出揃ってきた。 シャコバサボテン((スーパーケニガー) 2006/12/18 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/27 19:35
ミニハボタン(葉牡丹)
クリスマスも過ぎ、クリスマスカクタス、シクラメン、そしてポインセチアの花々も出番が終わって、これからの寒い時期に庭で一番活躍し、元気で見栄えがするのはハボタン(葉牡丹)であろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/26 14:17
コニファー類
           <ゴールドクレスト> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/25 18:56
ポインセチア
クリスマスの花と言うとやはりポンセチアであろうか?この頃早々と11月頃から出回っていて、毎年品種改良されたものを見るが、この時期薔薇の花に似せたようなものも見る。 花屋では赤と緑の葉のコントラストが綺麗で、葉を花と豪華に見せていて面白い花だ。何故この花がクリスマスに似合うのかと今迄考えた事がなかったが、サンタクロースの赤い服をイメージしているのか、それともこの時期に丁度咲くからであろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/12/24 16:50
シクラメン
毎年クリスマス前から出回っているシクラメン。小さなガーデンシクラメンの方は、寒さが来る前にしっかりと地植えしなくてはいけないので、早めに出回っていて求めて植えた。しかし普通の室内に飾るシクラメンは、まだクリスマス前の11月頃には大鉢のものが多く出回っていて、見ると結構良いお値段だった。これは一般家庭用より、お歳暮や贈答用、会社、個人経営の店先に置かれる為のものであったろうか? ガーデンシクラメン: 2006/12/11 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/23 19:16
庭のサザンカ(緋の司)&冬至
我が家に植えたサザンカ6種類のうち、「緋の司」の銘の花は緋色の大輪の一重咲きである。これは山崎貞嗣選出・命名の古い品種で、花色のすぐれた肥後サザンカの名花だそうだ。他の品種と比べてみると、やはり花色が濃く、あかるい赤色の深い紅色をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/22 16:24
ナツツバキ&ヒメシャラの実の殻
             <ナツツバキ・実の殻> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/21 12:56
ユーホルビア(マラソン)
ひと月ほど前に、園芸センターの多肉植物のコーナーにあったミニ鉢。直径10センチ程のミニ鉢なのに、白い小さな花が咲いていて気になり、こんなミニの鉢からも花が咲くものなんだと妙に感心して求めた。勿論ミニなので値段も安かったが・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/20 17:56
外出先にて(トウネズミモチ&サザンカ)
                <トウネズミモチ(唐鼠黐)> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/19 18:34
シャコバサボテン(スーパーケニガー)
今年12月初めになって急に寒くなり、ベランダに置きっぱなしだったシャコバサボテンを慌てて部屋に取り込んだが、一茎節だけ駄目になっていたようだった。 その後、2階の日当たりのよい窓辺に置いていたら、5日から花が開いてきた。 部屋に取り込むまでに1センチ以上と充分に蕾が成長してくれていたので、ひとつも蕾の落ちることなく今次々と開花している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/18 19:01
イワシャジン草紅葉・他
            <イワシャジン草紅葉> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/17 18:13
サザンカ3種
      サザンカは、茶毒蛾が付くので嫌いだと夫が言っていたのだが、冬の時期に咲く花木が欲しくて数年前私が小さな苗で6種類求めて来て、遠慮しつつ塀の際に植えていた。 塀際で日当たりも悪くて環境的には良くなかったが、それでも枯れることなく丈夫に育っているようだ。   今年も先ず白の一重が10月中旬から咲き出し、ピンクと白のぼかしが11月に入って咲いていたが、最初に咲く系統は気候的に花が長持ちしなかったようだ。そして濃いピンク系が今咲き揃って、この花の少ない冬枯れの庭を彩っている。今年は花... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/12/16 18:50
ハナカンザシ(花簪)
毎年11月ごろから鉢花として出回っているハナカンザシ。花屋では、小さくて赤く丸い蕾がたくさん付いたものが売っており、どんな花が咲くのか楽しみな花である。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/12/15 19:26
外出先にて(モミジ・他)
外出の折、見かけたモミジの葉。ここのモミジは元来赤茶けた銅葉色だったので、若しかしてムラサキセイヨウブナと同じように紅葉の時期には緑葉になるのかと興味があったが、時期になって紅葉しているのを見たら、やはり普通の赤い紅葉の色になっていた。この時期あちこちで紅葉する植物の葉を注意して見ると、一口に赤色と言っても多彩な赤があり黄色も然りだ。その日の空模様や太陽光線とも相俟って紅葉の色が微妙に変化し、折々の自然界の作り描く色の巾の多さにびっくりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/14 19:58
オキザリス・パーシーカラー
            数年前に初めて見かけたオキザリス・パーシーカラー。 去年まで他のオキザリスと寄せ植えをして育てていたら出てこなくなってしまい、去年の暮れにまた2鉢求めて他のオキザリス同様、鉢のまま2階のベランダに置きっぱなしにしていた。 オキザリス・パーシーカラー2005/12/03                 <2006/10/30撮影> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/12/13 16:29
外出先にて(ユリノキ紅葉他)
       <ユリノキ紅葉> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/12/12 17:48
ガーデンシクラメン
花屋で年々早く出回っているのを見かけるガーデンシクラメン。 我が家でもしっかりと根を張らす為に、寒さが来る前に早めに求めて植えつけている。 これは昔と比べると随分安くなってきたので、毎年求めて冬場に花を楽しんでいるが、なかなか上手く夏越し出来ないものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/11 18:06
外出先にて(メタセコイヤ・他)
            <メタセコイヤ2006/12/6撮影> ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/10 18:12
冬知らず(カレンジュラ)&‘ファッション’イエロー
          <左:ファッション・イエロー、右:冬知らず> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/09 19:05
マンリョウ(万両)
我が庭では、ナンテン、ヤブコウジ、センリョウ、マンリョウの順で、正月の縁起物の実が赤く熟れてきた。(植えた場所にもよる) ナンテン、ヤブコウジ、センリョウの花は今年6月下旬に咲いて、マンリョウの花は花期が少しずれて7月下旬に咲いていた。その分、実の色付きも遅くなって今頃やっと赤くなってきている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/12/08 17:49
プリムラ・ジュリアン(八重咲き種)
秋まで咲いていた夏の1年草ものが終わると、寒さに向って毎年ポット苗で求めて鉢で育てているのがプリムラ・ジュリアンとガーデン・シクラメン、葉牡丹、ビオラ、冬知らず等だ。 何れも夏の暑さに弱く寒さには強いが、プリムラ・ジュリアンとガーデン・シクラメンは霜に当てないように鉢で育てて軒下管理すれば良いので、冬場何もない庭を明るく楽しくしてくれる。   その中で、特にプリムラ・ジュリアンは花色が多彩で花も可愛く、次々と花が咲いてくれて意外に育てやすいものだ。 以前はプリムラ・ジュリアンは一重の... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/07 18:21
センリョウ(千両)
暮れが近づき、庭のマンリョウ(万両)、センリョウ(千両)、ヤブコウジ(藪柑子)などの実のものが赤く熟れてきている。これ等は金銭に関係するお目出度い名前が付いているので、正月の縁起物として持て囃され、盆栽でもカラタチバナ(唐橘)などと一緒に寄せ植えされている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/06 19:33
ウィンターコスモス
夏の終わり頃から出回って、ポット苗で求めて鉢で寄せ植えをしていたウィンターコスモスは花がなかなか咲かず、暑さで駄目になってしまったようだった。花が咲いても、花びらが求めた時と違ってとても小さくなってしまって元気がなく、まるでいじけたような咲き方で枯れてしまったのかなあと思っていた。 そのうち涼しくなって株がなんとなく元気が出てきたようで、求めた頃と同じような花が咲いてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/05 15:25
ヤブコウジ(藪柑子)
                 <大実ヤブコウジ> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/12/04 17:55
オキザリス・オマー 他
今年11月中旬、花屋で見かけたオキザリス。花の形は普通のオキザリスやムラサキカタバミに似ているが花が大きく、葉がどことなく我が家で育てているオキザリス・ヒルタ、別名キダチハナカタバミ(木立花片喰)(11月21日ブログアップ)に似ていた。草丈はオキザリス・ヒルタのように高くなく匍匐性の感じである。       <左・オキザリス・ヒルタ、右オキザリス・オマー> ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/03 19:34
クロガネモチ(黒鉄黐)の実
今年の6月に、緑がかったクリームっぽい小さな花がたくさん付いていたクロガネモチの花。随分蜂がぶんぶん飛び回っていて、今年も小さな実がたくさん出来て豊作だと思って見ていると、次第に膨らんで赤く色付いてきた。 そうするうちに秋になり、ヒヨドリや鳩、目白、カワラヒワ、シジュウカラなどの鳥が飛んできていて食べているらしい。ベランダで見かけてはヒヨドリを脅すが、しぶとくてまたすぐにやって来ては啄ばんでいた。同じ頃、ナンテンやクコの実も赤く熟れていて、色々物色していたようだ。 お隣さんから、「この樹... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/02 20:56
札幌ホワイトイルミネーション(2006年第26回)
今日から愈々師走だ。今朝はこの冬一番の3℃の寒さで、昼の最高気温が13度だった。何かと慌しい中、先ずはまだ軒下に置いていた半耐寒性の鉢物などを殆ど室内に取り込んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/01 18:47
庭のヤマモミジ&カエデ
           <左・山モミジ 右・カエデ> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/30 20:37
ナンテン(南天)
毎年6月中旬に開花するナンテンの花付はいつも良く、秋の実の豊作を期待するが、何故か花の割には実の付が半分ぐらいになってしまっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/11/29 19:32
エレモフィラ
4年前から鉢で育てているエレモフィラ。 花屋で見かけるエレモフィラは、銀灰色の毛に覆われた披針形の葉の「エレモフィラ・ニベア」種で、花色は紫色だ。 またネット検索すると、葉が同じ銀灰色で「エレモフィラ・グラブラ 種」の花色が黄色のものもあり、この2種類がよく出回っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/11/28 14:02
エンジェルストランペット(黄色)
日に日に寒さが増してくる中、やっと今頃次々と花を咲かせている黄色のエンジェルストランペット。 黄色種は、去年は随分と頑張って10月下旬にはたくさんの花が咲いてくれていて、これだけ鉢毎土に埋めてあげた所為かなと思っていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/11/27 14:29
菊・4(庭の菊)
                 <T字咲き> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/26 16:31
菊・3 (嵯峨ギク&食用菊)
何年も前から育てていて、毎年出てくる嵯峨ギク。 鉢で出回っているポットマムと違って、中国から平安時代に伝わって改良された日本独特の観賞菊のひとつだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/25 18:21
菊(ポットマム)・2(ファインシリーズ他)
                   <2006/11/24> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/24 18:31
菊(ポットマム)・1(ティエラシリーズ&リトルマム)
                  <ティエラ> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/11/23 17:15
サフラン
サフランは、乾燥した赤い雌しべのものが薬用、香料、染料として売っており、その色と香を使った料理のパエリアやブイヤベース、サフランライスは良く知られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/11/22 18:21
オキザリス・ヒルタ
庭に植えた覚えが無いのに、雑草として出てくるカタバミ。カタバミの学名はOxalis corniculataである。そのカタバミ属の中で園芸的な価値の高い品種をオキザリスと呼び、花屋でオキザリスとして、黄、白、桃など多彩な花色のものを見かける。 このオキザリスは別名花カタバミ、セイヨウカタバミとも呼ばれて、世界中に原種としても300種以上も分布するそうだ。 オキザリスは地域よって雑草扱いされるそうだが、色も豊富で花が美しく、葉の色形も花以上に見栄えのあるものが多い。 ムラサキカタバミ&カ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/11/21 12:37
イソギク(磯菊)
野性のキクの仲間で名前に磯が付いており、海岸端に自生するイソギク(磯菊)。 花屋でも出回っており、花壇にも植えられているので栽培菊かと思ってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/11/20 14:04
キチジョウソウ(吉祥草)
ひと月前戴いた吉祥草の小さな株。 半日陰の方が良いと聞き、6株をあちこちに分けて植えていたら、2株から4〜5センチ位の赤っぽい花茎が立ってきて小さないながらも花が開いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/19 14:58
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)
10月中旬、花屋で初めて見かけて求めた花。 5本のふさふさした花穂が付いていて、とても豪華な感じの鉢花だった。真っ白いその花は、まるで蝶が飛んでいるようで、思わずブルー・ウェルフィン(クレロデンドロン・ウガンデンセ)の花を思ってしまった。ブルー・ウェルフィンの花は青い蝶のような花だが、こちらはそれより大きめで目だった花だ。ラベルを見てみると、クレロデンドルム・ウォルキーと書いてある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/18 12:33
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)
            <ヒメツルソバ> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/11/17 17:04
チェーリーセージ&ホットリップス
      <サルビア・ミクロフィラ(チェリーセージ)”ホットリップス”> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/16 18:04
ツワブキ(石蕗)
元来、暖地の波しぶきのかかる海辺や海岸近くの林下や岩場に自生し、関東地方では房総半島、三浦半島、湘南のあたりの自生が多いと聞くツワブキ(石蕗)。 この時期、日向や日陰の公園・庭、など何処にでも植えられているのを見る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/11/15 18:25
クコ(枸杞)
                   <クコの実> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/11/14 13:40
北海道旅行P・2ー23(函館・赤レンガ倉庫群)
           <赤レンガ倉庫群> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/13 18:38
北海道旅行P・2ー22(函館・元町界隈2)
           <カトリック元町教会の屋根・風見鶏> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/12 17:15
北海道旅行P・2ー21(函館・元町界隈1)
           <ハリストス正教会> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/11/11 21:02
北海道旅行P・2ー20(函館・五稜郭)
                    <五稜郭タワーより> ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/11/10 20:17
北海道旅行P・2ー19(トラピスチヌ修道院2)
      <マリア像> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/09 19:56
北海道旅行P・2ー18(トラピスチヌ修道院1)
                     <聖ミカエル像> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/08 22:17
北海道旅行P・2ー17(函館へ1)
             <函館山からの夜景> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/11/07 21:12
北海道旅行P・2ー16(北大植物園6)
        <アリストロキア・ギガンテア(別名パイプ葛)> ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/11/06 20:20
北海道旅行P・2ー15(北大植物園5)
            <自然林・2006/10/17撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/05 21:22
北海道旅行P・2ー14(北大植物園4)
             <シオン> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/11/04 21:20
北海道旅行P・2ー13(北大植物園3)
             <マルバノキ> 小雨の中の潅木園で見たマルバノキ。園内の木々には黄葉のものがあったが、此処ではこれだけが赤く紅葉が見られたようだ。別名ベニマンサクとも呼ばれ、普通のマンサクと違って紅葉が美しく、マルバ(丸葉)の名前の通り丸いハート型の葉だ。紅葉後10〜11月に赤いマンサクのような小さな花が見られるそうだが、若しかしたら花芽か蕾が出来ていたかも知れない。良く見なかった。紅葉の美しさと花の可愛らしさが好まれ庭木としてよく栽培されているそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/11/03 21:14
北海道旅行P・2ー12(北大植物園2)
今朝大降りだった雨も小雨になってきて、北大植物園内をひとりゆっくりと巡ってみる。ライラックの咲いた頃には木木も燃え立ち随分と春の明るい感じの森だったが、秋の深まる樹林では、色濃くなった葉の中に様々な木の朱実が実り、豊饒の秋を物語っている。葉裏、葉の上にあるもの、赤実・黒実のものなどがあり、形はどれも似たような小粒で鳥が啄ばめる位の大きさが目につく。 木下陰で随分と暗く、画像も暗く仕上がって見難かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/02 18:44
北海道旅行P・2ー11(ビール園、北大植物園1)
           <北大植物園入り口・2006/10/17撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/11/01 21:06
北海道旅行P・2ー10(滝野すずらん丘陵公園7)
            <東口ゲート塔から無料エリア公園内を望む> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/10/31 20:57
北海道旅行P・2ー9(滝野すずらん丘陵公園6)
                <ニシキギ(錦木)紅葉> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/10/30 21:04
北海道旅行P・2ー8(滝野すずらん丘陵公園5)
           <展望台への道にて> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/29 19:25
北海道旅行P・2ー7(滝野すずらん丘陵公園4)
            <アキグミ> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/10/28 20:18
北海道旅行P・2ー6(滝野すずらん丘陵公園3)
10月16日、滝野すずらん丘陵公園の「花人の隠れ家」に花明かりして群れ咲いていたコルチカムを見たあと、時間が気になり早々に其処を出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/10/27 19:59
北海道旅行P・2ー5(滝野すずらん丘陵公園2)
10月16日の午後、国営滝野すずらん丘陵公園に入ってカントリーガーデンを見たあと、カントリーハウスに来た。此処は地元で採れた新鮮野菜を使ったレストランが入っている。そのハウス軒下の日当たりのよい柱には、寄せ植えのハンギングバスケットが掛かっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/10/26 19:24
北海道旅行P・2−4(滝野すずらん丘陵公園1)
           <滝野すずらん丘陵公園・有料エリア内> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/25 19:18
北海道旅行P・2ー3(支笏湖)
                     <支笏湖・恵庭岳> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/10/24 19:40
北海道旅行P・2ー2(苫小牧〜支笏湖へ)
                  <支笏湖にて> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/10/23 17:41
北海道旅行P・2ー1(ウトナイ湖)
            <ウトナイ湖 白鳥・カモ> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/10/22 17:07
エンジェルストランペット(白)
毎年一番暑い盛りの8月を除いて、我が家では7月と10月頃に花が咲くエンジェルストランペット。 他所のお宅のものを見ていると、年に4回ぐらい上手に花を咲かせている所があり、夏場中花が咲いているとも思われる花である。その花色を見ていると、白、ピンクよりも黄色系統に随分とたくさんの花を付けているようにも見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/10/21 21:28
ダイモンジソウ(大文字草)
秋の山野草として、手頃の大きさで人気のダイモンジソウ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/20 22:40
ハマギク(浜菊)
まるでマーガレットを思わすような清楚な白いハマギク。この時期、花屋では小さな背丈のポット苗で出回っているのを見かけるが、良く見ると葉が春に咲くマーガレットとは違い、ちょっと肉厚で葉縁に波状の鋸歯があり、幾重にも重なった光沢のある葉で普通の菊の葉でもないのに気付く。 これは日本の浜に自生して咲くもので、以前(10月9日)アップしたダルマギク、そして今まだ蕾状態のイソギク同様、野性に育つノギクの仲間であり、園芸栽培されるイエギク(家菊)とは違う。 ダルマギク、2006/10/09 イソギク... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 25

2006/10/15 17:46
チェッカーベリー
ゴーデリア・プロクンベンスと呼ばれる流通名「チェッカーベリー」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/10/14 18:07
セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)
数年前、「アキチョウジ」と言う名前で求めて庭で育てている植物。 チョウジソウを求める予定だったが、生憎なくて「アキチョウジならありますよ」と山野草店で言われて求めて育てているものだ。 チョウジソウでも秋に咲くものがあるのかな?と当時思っていたが、このアキチョウジはシソ科ヤマハッカ属で、キョウチクトウ科のチョウジソウとは似ても似つかぬ花が咲いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/10/13 19:01
武蔵野陵へ
10月10日の午後、都立陵南公園で暫く休んだのち武蔵野御陵へと向かった。この時期の秋の陽射しは結構厳しいが、大樹のケヤキ並木が御陵入り口まで続き木下蔭は暗く涼しい。 ケヤキ並木が切れると広い駐車場があり、車止めの柵があって入り口となる。動物、飲食禁止事項などが書かれてあり思わず身を正したくなる。此処から玉砂利が敷かれて、踏み歩くたびに音がして足が取られるようで歩き難く、端の方へと自ずと寄っていく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/10/12 21:37
郊外散策
                    <淺川> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/10/11 17:43
キク(セザンヌ)
随分前から花屋では鉢植えのキクが出回っており、毎年品種改良された目新しい綺麗な花に惹かれてしまう。菊は花持ちが良く供花や切花に良く利用されるもので、花屋で切花で買うより鉢で求めて、その都度切って使った方が効率が良いようだ。また花後お礼肥をあげて上手くいけば冬至芽が出来、来年も楽しめるのでお徳のような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/10/10 10:38
ダルマギク(達磨菊)
日毎庭植えの菊も蕾が膨らんで来ており、その中でもほったらかしで毎年元気に咲いてくれる菊があるが「イソギク」と「ダルマギク」である。 「ダルマギク」は地植えでこの5年間、普通の園芸種の栽培菊と違って、植えっぱなしでも下葉が余り枯れず、地に這って横に殖え、挿し木でも簡単について手間要らずの菊である。此処の場所は年々樹木が繁って半日陰状態で心配したが、それでもきちんと去年と同じ頃に今年も開花してくれた。 土質も選ばず結構丈夫で、冬場も葉が枯れなくて夏の暑さにも乾燥にも強く、とても丈夫なキクであ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/10/09 15:20
ハナミズキ紅葉ほか野辺散策
               <ハナミズキ紅葉> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/10/08 18:40
カワラナデシコ(白)
ナデシコは6月の初夏の頃に咲く花とばかり思っていたが、先日花屋で見かけたカワラナデシコ。調べて見ると、カワラナデシコの花期が7〜11月と書いてあって、やたら長いと思っていた。本によると、カワラナデシコは初夏と秋の2回開花すると記載してあり、万葉集でも山上憶良が「秋の七草」の中で詠っているが、恐らく秋に咲いたもの詠んだものであろうか?ここで詠われているナデシコはカワラナデシコの花だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/10/07 21:59
ホトトギス<キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈時鳥)>
台風16号は今朝の9時には熱帯低気圧に変わったそうだが、関東地方は朝から横殴りの雨で時々風が強く、背の高い大き目の鉢が倒れたり、紅葉した花水木の葉が早落葉して道端のあちこちに飛び散ってしまっている。 今日は待ちに待った中秋の名月と言うのに、残念ながら今宵も月が望めない「無月」となってしまった。芒など秋の草花を取り揃えて花瓶に活けて飾ろうと思ったが、外出も儘ならず結局内篭りの一日となってしまっている。だが、明日は快晴で満月と言う事で月が望めそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 17

2006/10/06 19:06
コンギク(紺菊)
                   <コンギク> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/10/05 21:01
イワシャジン(岩沙参)
小さな青紫のツリガネの形をしたイワシャジン。 秋風に揺れて、りりりりんと小さな鈴の音を感じさせるような繊細で可憐な釣鐘の花は、山野草として人気の花である。 シャジンは漢字で沙参と書き、ツリガネニンジン(釣鐘人参)の漢名。またはその根の生薬名と広辞苑にある。 このイワシャジンは日本の関東西部から中部地方で見られるカンパニュラ(キキョウ)の仲間で、別名がイワツリネソウと呼ばれツリガネニンジン属である。 普通のツリガネニンジンは山間の平地でみられるが、こちらは山間の岩地に見られるのでイワシ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/10/04 17:51
ススキ&タカノハススキ(鷹の葉薄)
           <鉢植え・タカノハススキ> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/03 19:01
コルチカム
球根のままで水も土も肥料も要らず、ほったらかしで葉も根も出ず花が咲くという「裸の貴婦人」のコルチカム。当初は随分と良い値段がしたが、今では安く出回っており、誰にでも手軽に花が楽しめると言うことで相変わらず人気の花である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/10/02 18:13
宿根アスター<ユウゼンギク(友禅菊)>
雨の日曜日となってしまった10月最初の日。昨日までまだまだ9月と思っていたが、たった1日違いで10月となってしまい、この頃季節の移ろいを疾く感じてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/01 19:12
吟行・その6(浅間神社)
     <拝殿と左・第1神木富士太郎杉・天然記念物> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/09/30 22:42
山中湖・その5(ホテルランチ・散策)
         <ホテル中庭、薔薇アーチ。富士は雲の中> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/09/29 19:07
山中湖文学の森・その4(文学の小径散策)
山中湖文学の森にある三島由紀夫館、徳富蘇峰館を見終わって、ひとり先に「文学の小径」と書かれた森の中を散策した。午前中の分約1時間の散策時間が残っていた。この文学の小径の森の中には現在19基の句碑、歌碑が点在しており、小鳥の声を聞きながら緑豊かな自然散策の中で俳句や短歌を観賞してみるのもまた快いものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/09/28 19:34
山中湖・文学の森・その3(徳富蘇峰館他)
        <徳富蘇峰館入り口・2006/9/21撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/09/27 19:08
山中湖・文学の森・その2(三島由紀夫文学館他)
     <三島由紀夫館内中庭・アポロン像 2006/9/21撮影> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/09/26 18:08
山中湖文学の森へ・その1
         (山中湖・文学の森館内入り口) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/09/25 21:59
ナス
暑さ寒さも彼岸までと言うが、じっとしていると風が何となく冷たく感じるようになった。 季節も実りの秋、食欲の秋本番で、この時期、柿・栗・梨・林檎・早生蜜柑など果物もキノコ類も豊富に出回ってくる。そして葉もの野菜類も増え、秋茄子も美味しそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/09/24 16:11
ハギ・エドシボリ(江戸絞り)・他
             (江戸絞り) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/23 22:53
キンモクセイ(金木犀)
去年の我が家のキンモクセイの開花は遅かったようで、10月4日に入ってブログアップしてあった。今年は早々と9月19日頃には蕾が膨らみ、20日にはちらほら開花してあの懐かしい匂いが何処となく漂ってきた。 未だ満開はと思っていたら、昨日の暑さで蕾もすっかり開花したようで帰宅した夜には強烈な匂いが我が家の庭全体を包み込んでいた。 何時もそうだが、金木犀の馨がする頃は彼岸の頃で、夏の疲れが出た所為か秋のアレルギーが始まって、敏感となっている鼻炎の鼻と朦朧とした頭には、刺激的で特に強烈な感じを与えて... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 25

2006/09/22 19:10
プレコの遊び
「ね〜、そんなに走って駆けて何処に行くの?」 2階へダッシュー!!! 「あらら〜、身体がちょっと重くって、最後までダッシュできなかった〜。残念!!誰かお尻を押してくれ〜〜。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/21 21:32
クランベリー(ツルコケモモ)
鉢で育てているクランベリー. ブラックベリーを植えたいと思って探していて生憎なかったので、丁度目に付いたトケイソウと、このクランベリーを以前求めたものだ。 この鉢のクランベリーにはヤブコウジみたいな小さな青い実が既に生っており、熟れるのを待つだけだった。求めてから次第に色付いて赤く実が熟れてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/09/20 18:11
スピード・リオン
先日出かけた折、見知らぬ花屋の店先に見覚えのあるピンクの花のポット苗がケースにたくさん並んでいた。ラベルにはリオンとある。 たしか私が以前育てたのは、「スピード・リオン」の名前だったと思って、よくよく見るとやはり同じものだった。此処のポット苗は、随分しっかりとして葉に艶があり、3株も入っていて枝分かれも良く、花も蕾もたくさん付いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/09/19 18:44
クレマチスの花後・他
      (クレマチス・2006・5/15撮影) クレマチス・2006/05/17 クレマチス・2006/05/31 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/09/18 18:37
トケイソウ(時計草)
小さい頃、母が何時もパッションフルーツと言う小豆色をした丸っぽい果物を買っていた。 外皮がとても硬く、其の儘では食べられずに包丁で割って見ると、小さな黒い粒粒の種の周りを黄色いねっとりとしたものが付いて、割ったその中身全部を食べるのだとか言われて食べたが、酸っぱいものもあり完熟していると黄色いどろりとした汁が爽やかで美味しく感じる時もあった。アケビを丸くしたようで色はそれより薄く、種もそれより小さめの感じだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2006/09/17 18:41
サルスベリ
7月末から咲いていた一歳サルスベリの花は真夏の太陽の下、随分と元気に咲き継いで楽しませてくれたが、この長雨で花も痛んで、そろそろ盛りを過ぎようとしている。そんな折、やっと今頃遅れて普通のサルスベリが花盛りとなってきた。このサルスベリは一昨年は花が咲いたのに、去年は何故か全く花芽が付かなかった。樹高は、今では2階屋の軒下にまで届くような高さ5m以上あるだろうか? サルスベリ・2006/07/30 サルスベリは嫌いと言っていた夫に遠慮して、小さな1歳サルスベリの矮性タイプのものを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/09/16 17:03
リンドウ
秋になると必ず花屋に出回って、その青い花色に何故か日本の和のイメージがあり、懐かしい野山の風情を感じるリンドウ。普通野山では、林縁や林床・草原など日当たりの良いところで見かけるが、小さい頃、山に登った時に度々見かけて馴染みの花であった。このリンドウは秋だけでなく、以前高尾森林公園の桜を見に行った時にも土手で見かけて、春にも咲く種類がある事を知った。ハルリンドウだったのかも知れないが、随分と小さく花色も薄くて可愛らしいものであった。リンドウは生け花の花材としても必ず利用され、秋の七草には入って... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/09/15 20:38
アマゾンリリー。他
今年の2月、そして7月にも開花したアマゾンリリー。また4本の花芽が立って開花してきた。 球根を求めて鉢で育てること6年目。なかなか花芽を見せなかったが、3年目にしてやっと初花を見た。別名はギボウシズイセン(擬宝珠水仙)の名のように葉が大きく、まるでギボウシを思わせ、日当たりに置くと葉はぐったりとしてくるので、半日陰と水分、風通しを好む植物である。アマゾンと名が付くので、やはり冬の寒さには弱く室内で管理しなくてはいけなくて、高温多湿を好むようだ。葉は艶々しているので室内に取り込んでも観葉植物... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/09/14 22:24
ヒガンバナ(赤)
去年は赤い彼岸花が9月末に咲き、のちに黄色が10月に入って咲いていた。今年は何故か逆で、8月22日に早々と黄の彼岸花が時期を追って2輪咲き、もう散ってしまった。去年咲いた赤の彼岸花の芽をやっと昨日2本確認したが、今年新たに花屋で求めて8月に庭隅に植えた4球のうちの2株のみが昨日から開花してきた。 ヒガンバナ2005/09/28 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/09/13 18:00
フクシア
5年前にS社が「エンジェル・スイヤリング」の銘で売り出した20p位のポット苗のフクシア。 去年の7月中旬には、個性的で赤くも華麗な花がたくさん咲いて見事であった。 その後冬場室内に取り込んでいた鉢の株が、何故か今年の2月頃から活発に動き出し、2月中旬の未だ寒い頃に花が次々と咲いていた。フクシアの場合、長日処理(日照時間の短い季節、夜間の人工の光りを当て日照不足を補う作業)することで、冬場も開花するとの記述があった。2階の暖かい室内で、夜間照明を合わせて合計13時間位の日照条件が満たされて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/09/12 19:59
ダンギク(段菊)
花屋では8月末から早々と菊の花が出回っていたが、同じ頃出回っていたダンギク。 山野草なのだが、鉢物として花屋でよく出回っており、キクの名前が付いているがキク科ではない。花はどう見ても洋風のハッカかミントのような小花が集まっているイメージで、薄紫の涼しげな感じに秋の野の風情を感じさせてくれる。葉が菊に似ていると書いてあるものもあるが、どうも余り似ていないようだ。花の咲き方は、対生した葉の中間部の所から茎を取り巻いて段々に咲くので、ダンギク(段菊)の名前が付いたと言う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/09/11 17:33
スパティフィラム
観葉植物として愛でているスパティフィラム。 これは我が家で鉢で育ててもう21年にもなり、枯れることなく年々株が大きくなり今まで株分けもして鉢も殖え、あちこちに分けてあげた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/09/10 19:03
食いしん坊のプレコ
この頃ちっとも登場させてもらえなかったけど、その間随分太ってしまったね〜。私恥ずかしくて、顔を隠したいワ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/10 19:03
アフェランドラ ”ダニア”
観葉植物のアフェランドラ。 濃い緑葉の表のみの葉脈に添って白い条が強く入り、葉が波打っており、一見してとても目立つ植物で黄色の花苞が美しい花物観葉植物である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/09 21:04
インパチェンス
毎年零れ種で庭や鉢・プランターから出てくる一重のインパチェンス。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/08 21:01
マツリカ(アラビアンジャスミン)
曇り日の関東地方、気温は高くないのだが、何故か湿度が高く蒸し暑い。 そんな中、鉢で求めて育てているマツリカ。真っ白な花が甘く爽やかな香を漂わせている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/09/07 19:51
巨大輪朝顔ほか
昨日まで残暑の厳しかった関東地方。昨日の夕方巨大輪系朝顔の蕾がパーゴラの支柱の下に6つ付いており、少し捩れて今朝の開花を待ちわびていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 19

2006/09/06 18:49
グズマニア(アナナス)
観葉植物として室内で育てているアナナス。葉はパイナップルのような感じだが、トゲがなく柔らかく光沢のあるイメージなので、室内に優しい緑の風を運んでくれている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/09/05 19:01
ハナトラノオ
夏になれば、あちこちの公園や空き地で群生が見られるハナトラノオ。 この植物は全国何処に行っても見られるようで、大正時代に日本に入ってきたものの、まるで帰化植物かと思ってしまうほどである。 遠い日の田舎の其処此処の庭には百日草、鶏頭、千日紅など咲いており、その後ろに薄桃の背の高い花穂が何本も長い間咲いていた記憶がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/09/04 20:36
ヤブラン
関東地方以西の暖地に生育するという常緑多年草のヤブラン。 8月頃から山地のあちこちに自生が見られ、先日散歩に出かけた折、偶然初めてその自生のヤブランの花を見ることが出来た。 株自体はそれ程大株でもなく開花を終えたのか肉眼では分らなかったが、長い花穂が1本、藪の中にひっそり残っていた。また後日出かけた折見たら、もう誰が掘ったのか姿がなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/03 18:46
ゲッカビジン(月下美人・その2)
丁度ひと月前咲いた3輪のゲッカビジン。その時次の小さな花芽を5個確認したが、花後の鉢を移動する際に2個落ちてしまったようだ。あれからひと月経って昨日の夜、残りの3輪がまた開花した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/09/02 21:23
シュウメイギク(秋明菊)「ダイアナ」
今日から九月。防災の日の関東地方、首都直下の大地震を想定しての訓練で何処も慌しいようだ。今から83年前関東を襲った大地震。当日は晴れていたようだ。 だが、同じ1日の今日の関東地方、小雨が降って久々肌寒い日である。ひと頃マンションの耐震偽装問でニュースは賑わっていたが、今頃は余りそのニュースも聞かない。倒壊のあるマンションの住民の方々は、もう皆他の安全なマンションに移られたのであろうか? 偽装問題としてマンションのことだけを取り上げられたが、一軒屋の耐震偽装は余り問題に挙げられなかったよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2006/09/01 18:35
シラタマホシクサ(白玉星草)
暦はもう八月の尽日、関東地方の日中の日差しはあるものの風があってそれ程暑く感じさせない。随分乾燥しているようで、幾つかの鉢の植物の葉は、もうぐったりとしている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/08/31 20:03
ホヤ・カルノーサ(サクララン)
5年前に園芸店で見た観葉植物コーナーの50センチ程の1鉢。「ホヤ・カルノーサ」と書いてあったので、店員にどんな花が咲くのか尋ねてみたが、何年も此処に置いてあるのに花が咲いたのを見た事がないと言う。観葉植物なので、花が咲くものなんでしょうかね?と逆にこちらに聞かれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 17

2006/08/30 18:38
クロサンドラ(大輪クロサンドラ)
昨日ブログで、クロサンドラ・リフレブルーと言う花色が青緑か翡翠のものを取り上げたが、今日は一般にクロサンドラと呼ばれるオレンジ色のクロサンドラの花である。 クロサンドラ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/29 19:27
クロサンドラ・リフレブルー
丁度1年前位に求めて育てたクロサンドラ・リフレブルー。 花屋では、普通のオレンジ色のクロサンドラの方を良く見かけるが、小さな青緑か翡翠を思わす2輪の花付のものが人目を惹かずに棚に並んでいた。聞いて見るとこれもクロサンドラで、オレンジの色違いだと言う。 「オレンジに比べて花付は悪く、余り人気が無いですよ」とバイトのお兄さんがあまり勧めなかったが、何故か今まで育てた事の無い珍しい花色なので、求めて去年から育てていたものだ。 やはり育てて見ると余り花付は良くなかったが、それでも去年の画像を見... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/08/28 20:48
センニチコウ(千日紅)
小さいボンボンのような花がたくさん咲くセンニチコウ。 これも昔、田舎の庭にはあちこちで植えてあり良く目にして親しまれていた花のようだ。 漢字で千日紅と書く様に真夏の暑い中を随分長く丈夫に咲くので、この名前が付いているようだ。そう言えば、他にもこの時期に長く咲く花として、百日草とか百日紅(サルスベリ)、日々草があり、誰が名づけたのか知らないが的確な名前が付いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/27 22:23
宿根アスター
以前(8/12)、1年草のアスターをアップしたが、その時、宿根性のアスターとして、孔雀アスター、ユウゼンギク、シオン、コンギクなどが知られていると書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/26 18:50
フユサンゴ(冬珊瑚)の花
今年1月15日にブログアップしたフユサンゴの朱美。 地植えで何年も育っていたものが去年から消えてなくなったので、実付きで出回っていたものを冬場ポット苗で求めたものだ。当時寒い間は室内で管理し、春になって今回は地植えせずプランターに植えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/08/25 18:42
ハマナデシコ(フジナデシコ)
以前、ある方のブログで知ったハマナデシコの白。 カワラナデシコやビジョナデシコは良く目にするが、このハマナデシコは初めて見るようだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/24 21:38
ベゴニア(サザーランディ)
ベゴニアの花は、この頃通年花屋で見かけて種類も多く、分類として夏花壇に植えてある四季咲き性のセンパフローレンスと呼ばれるもの、木立性ベゴニア、鉢花として愛でられる球根ベゴニア、観葉ベゴニアなどに分けられるようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/08/23 20:49
ショウキズイセン(黄色ヒガンバナ)
去年は10月中旬頃に咲いていた黄色いヒガンバナ。我が家では赤いヒガンバナが咲いた後からゆっくりと咲いていたのに、何故か今年は早々と咲いてきた。若しかしたら去年の黄色彼岸花の開花が遅かったのだろうか? 1週間位前、奥の花壇の枯葉の中に何か黄色いものが出ている。良く見ると彼岸花の芽だった。その後、あれよあれよと言う間に伸びて蕾が大きくなり、昨日大きく膨らんでいたものが今日は早くも開いている。 普通は秋風を感じる彼岸の頃に咲くもので、彼岸花と呼ばれていたのに一体どうしたことだろうか? そう言... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 21

2006/08/22 21:41
アブチロン
熱帯花木で、ここ数年前から人気の花となってすっかり定着したものに、アブチロン、エンジェルストランペット、ランタナ等がある。これ等は比較的寒さに強く、関東地方でも軒下で冬場管理出来るので手軽に育てられている。 エンジェルストランペットは花がダイナミックで優雅で匂いは良いが、大株になり多肥を好むので狭い所では敬遠されがちで、ランタナも花色と形が限定されて可愛い花ではある。 その点アブチロンは大株にもコンパクトにも仕立てられて繁殖力があり、その上多彩な花色が近年出回ってきてバリエーションに富ん... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/21 21:09
ハゼラン
昨日アップしたムラサキカタバミ同様、植えた覚えの無い植物が他にも鉢の中から出てきている。雑草は判るのだが、雑草でもなく綺麗な花が咲いてくると、これは一体何だろうかと疑問を持ってくる。                    (開花前、午後2時頃) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/08/20 18:56
ムラサキカタバミ&カタバミ
もう随分前から、あちこちの鉢の中よりピンクの可愛い花が出てきて、お日様が当たる頃に開花しているムラサキカタバミ(紫片喰)。早朝と夕方、そして雨の日には花びらが閉じている。 雑草にしては可愛らしい花で葉が心臓形の三つ葉のハート型をしており、植えた覚えがないのに毎年出てくるので抜くには忍びなくて其の儘愛でている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/08/19 21:38
ハシカンボク(波志干木)
去年の10月中旬から育てているハシカンボク。「さくら小町」と言う名前で出回っており、ラベルもなくて、「寒さに弱く冬場は室内で管理」とだけ店員さんが教えてくれたが良く分からないらしい。本とネットで調べても「さくら小町」ではなかなか情報が出てこず、やっとハシカンボクと言う名前に行き当たった。 「さくら小町」の流通名は、生産者がピンクの花色と花の咲き具合を勝手にさくらに見立てて小町娘の小町を付けたのだろうか? 鹿児島の屋久島、沖縄に自生するノボタン科ハシカンボク属ということであった。 ハシカ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/18 19:34
ミョウガ(茗荷)
何年か前一株求めたミョウガの根。まるでショウガの根のようだと思っていたら、ミョウガはショウガ科ショウガ属の宿根性の多年草で、一度庭隅の日陰の所に植えたら、毎年出てくる世話要らずの律儀ものであった。 田舎では茶園の下陰から夏になるとたくさん出てきて、父が美味しい美味しいと言って食していた。小さい頃は独特の変な匂いが嫌いで、食べられた物ではなかった。 それに食べると物忘れがするとか言われていた。(今考えると大人にとってはとても美味しいので、独り占めしてしていたのであろうか?またそんな筈はない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

2006/08/17 20:38
パキスタキス
鉢で何年も育てている熱帯植物のパキスタキス。 あちこちの温室でよく見かける花である ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/16 19:27
ギンミズヒキ(銀水引)
早いもので、今日は61回目の終戦記念日を迎えた。戦争体験を知らない世代にとっては、政府主催の「全国戦没者追悼式」もちょっと他所事見たいに思われていることだろうか?。首相の靖国参拝問題、そして妊娠9か月の紀子さまが、明日午後入院などとTVのニュースは報じている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/15 19:22
ツユクサ(露草)
この時期、花壇の中に雑草として生えてくる1年草のツユクサ。昔は手当たり次第に抜いていたが、、カメラ目線で見れば、花の青と中の黄色が対照的に引き合って意外と綺麗な形をしており、涼しげな青花で花の形が帽子のようであり、ボウシバナとも呼ばれているそうだ。 花びらは2枚の青いものだけかと思ったが、その下にも白い花びらがあり合計3枚だそうだ。 写真で見てもオシベとメシベが良く分からなかったが、調べて見ると、黄色いのは目立って虫を呼ぶための仮オシベで、その下に下がっている3本のうちの手前の2本が本オ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/14 18:55
朝顔&西洋朝顔(フライングソーサー)
          (西洋アサガオ 「フライングソーサー」) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/13 22:45
アスター
毎年お盆の頃になると、花屋でよく見かけるアスター。名前は西洋風だが、何故か花は小菊の和のイメージがあり、盆花の供花用として使われることが多いようだ。 花色も紫、赤、白と黄色等とカラフルで1株に実にたくさんの花がつき、この暑い中、庭植えでも結構花持ちが良い。 今まで何度か花壇に植えて見たが、日当たりと水はけの良い所を好み、長雨の時植えたら過湿に弱く枯れたこともあった。最初宿根草だと思っていたが、このタイプは1年草で、別に宿根アスターと呼ばれるタイプの植物があることを知った。因みに宿根アスタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/08/12 18:15
奄美フウラン
フウラン、セッコク、フウキランと聞くと古典的な植物で盆栽愛好家の植物とばかり思っていた。 毎年東京ドームで開かれる世界蘭展でもその小さな楚々たる花と姿を見てきたが、自然にあっては大樹や岩肌などの高い所に着生する蘭であるので自然の風を好み、ガーデニング向きでないものと思って何故か栽培が難しそうで敬遠してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/11 19:24
ウラハグサ(フウチソウ)
群馬県から和歌山県にかけての太平洋岸の限られた場所にだけ生える日本特産で1属1種のウラハグサ。一般にはフウチソウ(風知草)の別名の方が良く知られている。 学名は Hakonechloa macra、「箱根の草」の意味で、原生地の箱根の地名をとって牧野博士が命名したものだそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/10 21:15
ランタナ
昨日憂えた台風7号。何の被害もなく、ただ恵みの雨をもたらせて関東地方を掠め、洋上を北上しつつあり有り難いことであった。昨日早々と家に取り込んだ我が家の聖木となっている大鉢のベンジャミンをまた外に出さなければならない・・。関東地方の夕方はもう薄日が差し込んでいて、明日はまた可也暑くなりそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/08/09 19:14
ニチニチソウ「京風車」
連日の猛暑続きで熱帯夜の続いた関東地方、明け方にパラパラと聞こえた音は待望の雨だと確認してまた眠りに就いた。起床時間の7時前には激しい雨音で、今にも台風が近づいてきそうな本降りを見せていた。その雨も昼前には止み、薄明るくなったとたん蝉が一斉に鳴き出し、まるで嵐の前の静けさのようでもあった。灰色の空を黒い雲が足早に流れていく。洋上に台風が3個も鬩ぎ合い、そのうちの7号が完全にこちらに進路を向けて急速に列島中部を伺っている。 台風のもたらす雨は、真夏の植物の水遣りには有り難い恵みであるが、暴風... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/08 17:08
ポーチュラカ(花スベリヒユ)
6月から庭に植えていたポーチュラカ。長雨で成長が思わしくなかったが、真夏本番となって、やっと少しずつ開花してきた。 猛暑の続く地面の暑さは可也な温度だが、それをものとせずポーチュラカは地表を這って横に伸びていく植物である。 葉も茎も水分を含んでいるような多肉質で、乾燥にも暑さに強く出来ているようで和名は花スベリヒユである。スベリヒユとは踏むと多肉質のためにつるりと滑る意だそうだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/07 19:15
ホタルブクロ2
今年6月6日、庭に咲いたホタルブクロをアップしたが、また今頃違う種類の薄桃のホタルブクロの花が開いてきた。 この種は普通のホタルブクロと違って根に近い部分が丸葉で、ずっと以前園芸店で求めた園芸種である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/06 18:55
カンラン(寒蘭)
夫が何年も前、生前の姑よりもらってきた寒蘭。 本に依ると本来は9月ごろから開花だが、我が家では朝陽が結構当たるので置き場所が悪いのか何故か丁度今頃が時期で、また今年も開花してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/05 16:43
プルンバーゴ(ルリマツリ)
何年か前鉢で求めたプルンバーゴ。 南アフリカ原産の花で、寒さに少し弱く霜除けの為軒下で管理していたが、今年の1〜2月の異常な寒さの為鉢の上に出ていた枝枝が真っ黒になって枯れたようになった。諦めていたら、4〜5月頃に細い枝がやっと3本復活して蕾が出来、1枝が開花してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/08/04 16:15
ルドベキア・プレーリーサン
向日葵を小さくしたようなルドベキア。暑い真夏の最中、草原や公園の日本各地で見かけ強壮で多年草なので雑草化しているような花だ。普通に見かける種はルドベキア・ヒルタで別名がオオハンゴンソウ(大反魂草)。花びらが反り返って咲いているさまにぴったりの別名のようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/03 18:58
ゲッカビジン(月下美人)
昨日、一昨日と真夏の夜の夢を見せてくれた月下美人。、憧れの純粋無垢の白と、その精緻極まる美しい花姿、そして強烈な清々しい薫りと3拍子揃い持っている美人薄命の花は永遠に多くのものを虜にしてやまぬ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/08/02 18:02
カノコユリ(鹿の子百合)
梅雨明けが過ぎた関東地方。八月・葉月のスタートは気温25℃と涼しい朝を迎えた。庭に降り立つと我が家の何種類かあるユリのうち、開花が一番最後となったカノコユリ(鹿の子百合)が今朝1輪開いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/01 15:45
グラジオラス(バイカラー)&蝶
以前、真っ赤なグラジオラスをアップしたが、桃色の地の中に赤が入った違うものが咲いてきた。桃色1色の優しい花色に加えて中に強烈な赤が入ると、随分華麗な感じの花に見えてくる。 昔は単色の花が多かったようだが、二色咲きのバイカラーと呼ばれるもの、花びらにフリルのあるもの、三角形の花びらなども近年見かける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/07/31 17:53
サルスベリ(百日紅)矮性タイプ
「サルスベリ」などと一体誰が名付けたのであろうか、猿には気の毒な名前の樹である。 普通、サルスベリと言うと結構樹高があり、公園や庭園で見かけるものだが、近年の住宅事情や鉢でコンパクトに育てたいと言うことで、この頃1歳サルスベリと言う矮性の新品種がアメリカから導入されているそうだ。我が家のものは「サマーカーニバル」と言う矮性種である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/07/30 13:29
サワギキョウ(沢桔梗)
昔、家族で旅行した尾瀬。緑の山々に囲まれて果てしなく続く木道の中をひたすら歩き、沼に棲息する魚たち、生き生きと美しい野の花、そして我が物顔に飛び回っている鳥や昆虫たちとの楽しい出会いと語らいがあって、また何度でも出かけて見たくなる場所であった。 総ての生き物が自由に伸び伸びと育っている沼地に身を置くと、悠久の時に触れたような開放感を味わい、雄大な気分にさえなってきたものだ。見上げる空は青く、流れる雲も白く、葦の葉に囀るヨシキリ、そして辺りを彩る野の花たち。その野の花には、大きく育った水芭蕉... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/29 17:21
マンリョウ(万両)の花
20日ほど前にアップした、「ナンテン、センリョウ、ヤブコウジ」の花に続いて、マンリョウの花が咲きだした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/07/28 11:27
ゲンペイクサギ(源平臭木・クレロデンドロン)
亡き父の思い出のひとつの花として、その鉢物を見るたびに懐かしく求めているゲンペイクサギ(源平臭木)がある。何時も花が終わると枯らしてしまっているが、管理方法が間違っていたのであろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/07/27 17:41
サルビア・パテンス
久々に青空が臨めた関東地方。気温も一気に30℃を越え、ぐんぐんと上がっている。 そんな中、庭に咲いている花色の青いサルビア。普通のサルビアと違って随分鮮やかなブルーの花色で、花の大きさも4〜5センチほどと目立ち、サルビア類の中では最大級の花を咲かせ、花の付き方が対照的に、しかも上下で交互に咲く「サルビア・パテンス」。花付きは左右1つづつと良いほうではないが、気温さえ確保されれば年中咲いてくれるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/26 16:10
ハイビスカス‘スピカ’
夫が屋久島土産に貰ってきたハイビスカスは、如何にもトロピカルなハワイのムードの真っ赤な花で本人は随分お気に入りのようだったが、夏に真紅な花が咲くのを見ると、どうも暑苦しくて好ましく思えなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/25 13:31
アメリカノウゼンカズラ・ ‘フラウァ’
ノウゼンカズラのオレンジの花が今あちこちで見頃である。家々のフェンスや壁に這わせてあって、真夏に強烈な花が濃い緑葉の中から咲いているのを見ると、派手な花色だと思いながらも何故か目に焼く付く。暑い日差しの中を細い蔓にしがみ付きたくさん群れ咲く一生懸命な咲き様は、元気を与えてくれるようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/24 18:15
宿根フロックス(オイランソウ)・白
先日ブログアップしたピンク系の3種類の宿根フロックスに続き、また白の2種類が開花してきた。 オイランソウの赤やピンクは昔からのお馴染だったが、白を近年ある庭で見て以来、是非植えたいと思って探し、日向、半日陰の2箇所に植えた。どちらも何年も元気で毎年花を咲かせてくれて有り難い宿根草である。 去年の今頃は随分と株が元気で、枝々から花が何個も出て元気に咲いていたようだ。その後宿根草ということでほったらかしにした気の緩みが、今年の花に影響を与えているかも知れぬ。この花は夏の暑い時期に随分と長い間... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/07/23 17:24
カサブランカ
やっと今年1輪咲いたカサブランカ。去年のブログアップは奇しくもちょうど今日、7月22日。 その時は、以前から植えてあった15本のカサブランカは殆ど元気で咲いてくれていて、去年の画像には1株より花が6輪も咲いてくれていたようだ。 今年出てきたカサブランカは7株。蕾も1つか2つしか付けてなくて、あと残り3株がまだ蕾状態だが、蕾のまま花を咲かさずに黄変して枯れてしまったのもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/22 13:22
アマゾンリリー(ユーチャリス)
今年の2月中旬、室内で咲いたアマゾンリリー。 温かくなった4月、鉢を外に出して置いたらまた今頃咲いてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/21 18:11

トップへ | みんなの「短歌」ブログ

一花一葉 短歌のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる