アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「植物」のブログ記事

みんなの「植物」ブログ

タイトル 日 時
シクラメン
シクラメン 今年もシクラメンは、11月ごろから早々と花屋の店先に賑わい並んでいた。 原種系の系統をひく小輪タイプのガーデンシクラメンは高温、寒さ、病気にも強く、外管理で地植えや鉢植えができて手軽なお値段だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/12/25 21:46
クリスマスホーリー
クリスマスホーリー クリスマスの頃には、クリスマスローズや、クリスマスカクタス(シャコバサボタン)、クリスマスホーリー、ポインセチア、シクラメンなどが花屋で目につく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/24 19:28
センリョウ(千両)
センリョウ(千両) 実付きのセンリョウ(千両)は正月用の切り花として、これから年末に向かって花屋さんで多く出回る。 千両 2005/12/05 センリョウ(千両)2006/12/06 庭では、縁起もののマンリョウ(万両)、ヒャクリョウ(百両)、ヤブコウジ(藪柑子)の実が赤く熟れているが、マンリョウよりセンリョウが主婦にとっては一番活躍してくれるので実用性があって有難い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/21 21:01
シャコバサボテン(スーパーケニガー)
シャコバサボテン(スーパーケニガー)                <シャコバサボテン(スーパーケニガー)> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/20 18:10
マンリョウ(万両)
マンリョウ(万両) お正月の縁起ものとしてヤブコウジ(藪柑子)やセンリョウ(千両)、ヒャクリョウ(百両)とは違って、マンリョウ(万両)は鳥の落し物の実生苗から育ちやすく、自然の中ではその苗をよく見かける。            <自宅庭の実生苗のもの> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/19 19:25
外出先にて、
外出先にて、 先日、外出先で見かけた初冬の野の風景。 ススキもまだ刈られずに尾花も残っていて、銀の穂波が逆光に輝いて美しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/12/18 18:23
庭のサザンカ(山茶花)3種ほか
庭のサザンカ(山茶花)3種ほか 庭植えのサザンカ6種のうち、2種は早々と開花していた。 去年今年と、蕾時には桃紅色で開花すると白花になる八重の「朝倉」銘のものには蕾が出来なかった。あとの3種のものは今次々と開花している。 サザンカ(朝倉)2005/12/13 サザンカ(山茶花)2種ほか 2007/12/01 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/12/17 21:32
外出先にて「冬枯れの野の中に」
外出先にて「冬枯れの野の中に」 昨日12月15日、出かけた雑木林の中では、まだイロハモミジの葉が残って耀いていた。日当たり具合で葉の赤さに影響が出るようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/16 18:40
クロガネモチ(黒鉄黐)
クロガネモチ(黒鉄黐) 今年の庭のクロガネモチには、例年よりもたくさんの実が生っている。 クロガネモチ(黒鉄黐)の実: 2006/12/02 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/12/13 19:18
サザンカ(山茶花)2種ほか
サザンカ(山茶花)2種ほか 小さな苗から昔求めて塀際に植えたサザンカが、11月から次々と咲いている。 サザンカ3種2006/12/16 6種植えてあるうちの4種が今咲いているが、一番開花が早かったものは一重の白だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/01 21:19
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) ほか。
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) ほか。 去年10月中旬、鉢で求めた「クラリンドウ(クレロデンドルム・ウォルキー)」がいま開花している。 クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)2006/11/18 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/24 19:04
神代植物公園にて
神代植物公園にて 11月18日、3ヶ月ぶりで神代植物公園に出かけた。この日は雲ひとつない青空の穏やかな小春日で、正門前では菊花展が開催されており、テントの中には見事な菊がたくさん並んでいた。 また植物会館の展示室では、寒蘭が楚々とまた毅然と咲いて展示してあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/11/20 20:35
カランコエ八重
カランコエ八重 カランコエは鉢で今迄も何種類か育てて、水を与え過ぎて枯らすことが多かった。 葉が分厚くて多肉質の植物でもあり、ベンケイソウ科の仲間で別名がベニベンケイソウ(紅弁慶草)だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/29 19:14
アマゾンリリー。他
アマゾンリリー。他 今年の2月、そして7月にも開花したアマゾンリリー。また4本の花芽が立って開花してきた。 球根を求めて鉢で育てること6年目。なかなか花芽を見せなかったが、3年目にしてやっと初花を見た。別名はギボウシズイセン(擬宝珠水仙)の名のように葉が大きく、まるでギボウシを思わせ、日当たりに置くと葉はぐったりとしてくるので、半日陰と水分、風通しを好む植物である。アマゾンと名が付くので、やはり冬の寒さには弱く室内で管理しなくてはいけなくて、高温多湿を好むようだ。葉は艶々しているので室内に取り込んでも観葉植物... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/09/14 22:24
故郷
故郷 去年、帰省した折、私の生家を北側から撮ったもの。 下の画像は、庭の築山のしだれ梅。 私が小さい頃も木の幹は洞となっていて、添え木がしてある古木であった。 これも樹齢120年位らしいが、毎年花を咲かせていて、今年もそろそろ開花の頃である。 私が10歳まではここで暮らし、あとは父の仕事の関係で市内に転居した。 今は誰も住んでおらず、母が月に1度くらい帰っては庭いじりをしたり墓守をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2006/02/18 22:02
フキノトウ
フキノトウ 日中は18℃と4月並みの暖かい日であった。 室内で春をじーっと待っていた君子蘭の蕾も色付き、今日1輪開花した。 暖かくなってくると、店で求めた鉢花類は陽射しにすぐい萎えてしまい、水を欲しがる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/02/15 22:24
椿・侘助
椿・侘助 花の華麗さとひそやかさ、そして重厚な葉が茶花として好まれる侘助椿。 早咲き品種が多く、花の少ない寒風の中、小輪で多花性の侘助椿は、次々と咲いてくれて長い期間彩を添えてくれる花である。 以前苗を買って来て、地植えたが何故か侘助だけが枯れてしまった。 庭にある他のツバキはまだ蕾みが硬いが、侘助の花つき苗が出回っていたので購入してきた。 小さい苗ながらも蕾のつきがとてもよい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/02/14 16:55
アザレア
アザレア 室内観賞用として出回っているアザレア。 アザレアは、日本の常緑ツツジがヨーロッパで改良されたもので、本来の開花は5月だが、促成栽培で温室で加温して、年末から開花の鉢が出回っている。 我家でも今まで何鉢も育ててきたが、なかなか長持ちしなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2006/02/13 12:52
リナリア(ヒメキンギョソウ)
リナリア(ヒメキンギョソウ) 母が種を送ってくれて育て、その毀れ種で毎年あちこちから咲いていたリナリア。 いつの間にか毀れ種が発芽せず、我家の春花壇から姿が消えた。 花屋にたくさん出回っていて、赤、黄色、紫の3色を求めた。 花は金魚草によく似ているが、唇状の形をした小さな花が穂状にたくさんつく。 種間交配による園芸種がたくさんあり、花色は紅、桃、紫紅、黄、白など多彩。 秋撒きで、種の発芽率がとてもよく、強健な植物で寒さには強いが、苗の状態で冬越しするので寒いところ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/02/10 21:00
観葉植物(ホンコンカポック)
観葉植物(ホンコンカポック) 光沢のある葉っぱで、耐陰性もあり寒さにも強い観葉植物、ホンコンカポック。 お手ごろな値段で、手間いらずなので観葉植物の人気トップらしい。 正式名はシェフレラだそうである。 斑入りのもの、小葉の先端が小さく3裂するものなどある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/02/07 22:46
残の花(ブルーエルフィン・パキスタキス)
残の花(ブルーエルフィン・パキスタキス) 2階の日当たりのよい室内に置いている、熱帯植物のブルーエルフィンとパキスタキス。 先日より、去年咲いた最後の残の蕾の花か、今年最初の花なのか、夫々健気に1輪ずつ開いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2006/02/05 22:44
アオキ
アオキ 日本の暖地の林に何処にでも自生しているアオキ。一年中青々として艶やかな葉っぱである。 黄の斑入り、黄の覆輪の葉っぱのものなどは観賞用として日陰の庭に植えてあり、この頃よく目にする。 常緑広葉樹で高さが1〜2メートルまでしかならないので、この頃鉢植えとして海外でも観葉植物扱いされているようである。 雌雄異株で、実は雌株につき美しいものである。 小さな黄色の斑入り葉を5年前貰ったが、日陰の隅っこに植えていたら、少しずつ大きくなってきた。 鉢の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/01/24 17:53
雪とクロガネモチ
雪とクロガネモチ 天気予報が当たって、関東地方は雪であった。 午後雪掻きをしたが、また積もり夕方2度目の雪掻きをした。 センター試験の日であったが、大混乱はなかったようである。 毎年のことセンター試験の日には、雪が降ったりで、受験生の方達にはお気の毒である。 我家の庭に開花していた水仙も、冬クレマチスにも雪が積もって凍えているようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/01/21 19:14
プリムラ・ポリアンサ(肥後系)
プリムラ・ポリアンサ(肥後系) プリムラ・ジュリアンと花の形が良く似ていて一瞬戸惑うが、ポリアンサの方は、花の形、葉っぱ、など全体的に大きい。 ジュリアンがビオラの花としたら、ポリアンサは差し詰めパンジーの花ということになるだろうか。 この肥後系はポリアンサの代表的な品種で、大輪で花弁に厚みがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2005/12/29 21:07
プリムラ・ジュリアン
プリムラ・ジュリアン パンジー、ビオラと並んで冬の庭を彩ってくれるプリムラ。 我家の冬の鉢花として毎年彩ってくれている花色が豊かで可愛い花である。 花屋に行くとプリムラと名前が付くものが幾種類もある。 「プリムラ・ポリアンサ」、「プリムラ・ジュリアン」、「プリムラ・マラコイデス」、「プリムラ・オブコニカ」、「プリムラ・シネンシス」、等が目につく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 18

2005/12/27 15:38
ルクリア
ルクリア 暖かい冬の窓辺で小さな薄いピンクの花をつけてくれる「ルクリア」。 「アッサムニオイザクラ」の別名の通り、ほのかな芳香があり、まるで桜が咲いているようである。 直径4センチのピンクの花は、フリルの洋服を着たお洒落なお嬢さんのイメージで、蕾もまん丸くとても愛らしい。 3年育てて1mぐらいな大きさになり、花もたくさんつけてくれていたが、今年4回帰省して家を空け鉢の管理が上手く行かず枯らしてしまった。 この花だけはとても綺麗な花なので、また今年小さな株を求めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

2005/12/23 17:00
葉牡丹
葉牡丹 お正月前に、毎年我家の庭を飾る葉牡丹。 ミニタイプを3種求めて、寄せ植えにした。 葉牡丹は安くて丈夫で誰でも育てやすいし、花の少ない冬場明るく彩りを添えてくれる。 ミニタイプの葉牡丹は安くて手軽であり、結構バリエーションに富んでいて、良く見ると中心部が薔薇のようで綺麗である。 我家で求めたミニタイプは大阪丸葉系、縮緬系、切れ葉系、のようである。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 15

2005/12/22 14:09
カレンデュラ「冬知らず」
カレンデュラ「冬知らず」 「冬知らず」と呼ばれ、こぼれ種で殖える宿根タイプのキンセンカ。 普通のキンセンカの花より小ぶりな1センチぐらいの花が、真冬でも咲いてくれる。 とても寒さに強く雪の中でも咲いてくれる丈夫な花で、寒咲きキンセンカとも呼ばれている。 夏の暑さにやや弱く、我家では1年草扱いの花である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2005/12/21 16:16
オリズルラン
オリズルラン 寒波がやってくる前に室内に取り込んだオリヅルラン。 本来の花期は夏場のようであるが、暖かい窓辺に置いていたら、また花が咲きだした。 花はとても小さな白い花で、気をつけて見ないと気付かないようなもので、どうも一日花のようである。 ランナー(走り茎)がたくさん伸びて、その先に折り鶴のような小さい苗が出来、殖やせばいくらでも殖える繁殖力旺盛な植物である。 観葉植物として、吊り鉢などにも向く。 「ラン」という名が付くが、蘭ではなくユリ科。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/12/18 15:41
万年青
万年青 姑が生前送ってくれた万年青。 葉っぱの下葉は白く上が緑色の、何とかという銘で良いお値段とか聞いて大事にしていた。 段々面倒を見なくなって3年。 いつの間にか白い葉っぱがたった1枚残っているだけ。 あとはまた青葉に全部変わってしまった。 原種帰りしてしまったようだ。 軒下に置いていたが、西日が当たっていたので置き場所が悪かったのかも知れない。 また、もとの白い葉っぱに戻るのだろうか? 何時花が咲いたのか気が付かなかったが、赤い実がついていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/12/16 10:09
サザンカ(緋の司)
サザンカ(緋の司) 「緋の司」という銘のサザンカ。 3年前買った幼木だが蕾が結構ついていて、濃紅色の大輪の一重咲きである。 平開咲きで11〜12月に開花。 山崎貞嗣選出・命名の古い品種で、花色のすぐれた肥後サザンカの名花。 緋色は銅器につける赤く鮮やかな鳶色(トビの羽色・茶褐色)。即ち茶褐色を帯びた赤色。 因みに紅色はベニバナの汁で染めた鮮明な赤色。 朱色は黄味を帯びた赤色。 赤色は緋色、紅色、朱色、茶色などの総称。または、茜と櫨(ハジ、ハゼ。赤みのさした黄色)によって染色した色。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/12/15 13:16
シャコバサボテン(トーアブリッタ)
シャコバサボテン(トーアブリッタ) 木枯らしが吹く頃まで外に置いていたシャコバサボテン。 暖かい室内の窓辺に置くと、次々と花が開いてくれる。 鮮やかな花色がとても魅力的で、花びらが二段三段になっているから華やかに見えるのであろうか。 小さい頃、父が真っ赤なシャコバサボテンを買って部屋に飾っていた。 確か、クリスマスの頃に咲くので「クリスマス・カクタス」と教えてくれたようだ。 私が育てている赤、白共に、「デンマークカクタス」のラベルがついている。 シャコバサボテンの中でも、デンマークで品種改良された導入種、またはそれ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 18

2005/12/12 13:51
ツメレンゲ
ツメレンゲ 山野草好きな「季節の花だより」のなおさんのブログで初めて見たツメレンゲ。 多肉植物で、一株から何本もの花穂が真っ白についていて、それはそれは見ごたえがあった。 ひとつひとつの花は小さく、キリンソウの花に似て、良く見ると意外と可愛い花である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/12/11 12:20
サルビア・コクシネア(コーラルニンフ)
サルビア・コクシネア(コーラルニンフ) 白とピンクの2色咲きのサルビア・コクシネア(コーラルニンフ) 先日、夫の実家に帰った時写したもの。 プランターに何本もまだ蕾がついていて、まだまだ元気に咲いていた。 サルビア・コクシネアは花色も豊富で、赤(スカーレット)、白(スノーホワイト)、ピンク(コーラルニンフ)、紫がある。 シソ科・サルビア属(アキギリ属) 1年草(宿根草扱いされることもある)  原産:南アメリカ 別名:紅花サルビア 耐寒性は無く、ほとんどの地域で冬枯れしてしまう。 宿根ということで貰って何株か我家に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/12/09 16:59
エレモフィラ
エレモフィラ 3年前から鉢で育てているエレモフィラ。 黄色いレモンイエローの花、ちょっと変わっている。 開いた花の形は、角を立て大きな舌を出して怒っているようにも、おどけている風にも見える。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/12/08 16:33
スパティフィラム
スパティフィラム 観葉植物として我家で鉢で育てて20年。 買った時は小さな鉢だったが20年の間に3鉢に株分けし、今また根詰まりしそうな状態である。 毎年初夏にたくさんの花を咲かせてくれるが、秋からまた2度目の花をつけている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/12/06 18:11
オキザリス(白)
オキザリス(白) 11月初めに咲いていたオキザリス・ヒルタと同じ鉢に植えていたオキザリスの白花が咲き出した。 この葉っぱは、クローバー形だがとても大きい。 普通のオキザリスと違って直径4センチの大きい花が咲いている。 お日様が当たると、蕾が捩れて解けていき、優しい真っ白な花が咲き、またお日様が当たらなくなると花びらが巻き込んで閉じていく。 日光大好きなお花である。 南アフリカ原産 カタバミ科オキザリス属 多年草、球根植物 日当たりを好み、温度が低かったり、日陰だと咲かないことがある。 また、日当... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/11/21 23:11
サフラン
サフラン ここ何日か寒い日が続いている中、サフランが咲き出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/11/20 22:51
イソギク
イソギク 庭の外花壇に植えたイソギク。 木枯らしが吹きすさぶ中、黄色の小花を次々と咲かせてくれている。 もともと千葉県の犬吠崎から静岡県の御前崎までの太平洋岸の崖や浜辺に自生しているもの。 海風の中で育つので、葉っぱが肉厚で葉裏には、銀白色の毛が密生しており、寒さには強く出来ている。 花の咲かない時期でも、葉っぱだけでも見ごたえのあるものである。 花は密集して咲くので見栄えがするが、菊に程遠い独特の匂いがある。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/19 00:05
スプレー菊
スプレー菊 これも今年我家に仲間入りしたニューフェイス。 小菊のスプレー菊タイプ。 一枝にたくさんの小菊の花がつき、こんもりとしていて華やかさがあり花屋で思わず目に留まった。 深い赤色の花が芯の黄色とお互いに引き立ってブロードのような深みのある花色を呈している。 玄関飾りとしても、また切花としても重宝している。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/11/14 20:39
菊 今年我家に新しく仲間入りしたニューフェイス。 スプレー菊タイプの2色の風車菊 とても鮮やかな花色で、玄関の入り口を華やかにしてくれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2005/11/13 16:10
ハナトリカブト
ハナトリカブト トリカブトと聞くとあの猛毒?と嫌なイメージがある。 これは園芸店で求めた観賞用に品種改良されたハナトリカブト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/11/12 17:48
宿根:黒葉ビオラ
宿根:黒葉ビオラ 冬場に向かって花屋さんでカラフルな色が目を引くパンジー、ビオラ。 耐寒性があり、冬から春まで花期も長く、値段も安いので花壇にまとめて植えられる。 1年草ビオラは寒さに強く暑さに弱いため、春の花後に枯死する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/11 21:48
スミレ
スミレ 春に咲くはずのスミレが鉢の中で咲いていた。 買った時のラベルがなくなってしまったのでよく判らないが、人参のような深い切れ込みの入った葉っぱでベニバナナンザンスミレ?のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/10 19:18
シャガ
シャガ 先日来、家の外花壇の姫辛夷の木の下蔭にシャガの葉っぱ1本がすくすくと伸びているのに目が留まった。 昨日はもう暦の上では立冬っだったが、最高気温が24度まで上がって暖かい小春日和であった。 何気なくシャガを見てみると4〜5月に咲く筈の花が1輪咲いていてとてもびっくりした。 花は普通より小さめの弱々しい感じであった。 今日また見てみたら花はもう萎んでいた。 たった1日しか持たない花だ。 昨日花に気が付かなければ、この秋咲いたことに気が付かないでいたかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/11/08 13:50
ハマギク
ハマギク まるで春のマーガレットを思わせるような大きな白い花が咲くが、日本特産種の野生ギク。 毎年地植えするが、なかなか根付かないようだ。 また今年も鉢で求めて植えてあるが、晩秋の花壇には暖かい色の花が似合うようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/11/07 16:44
庭の菊(嵯峨菊)
庭の菊(嵯峨菊) まだすべての花がホウキ状に開花しきっていないが、私の好きな古典菊のひとつ。 何年か前に小さな苗を買って植えたもの。 植え替えずに毎年そのまま咲いてくれて茎が伸び放題である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/06 14:52
エンジェルストランペット(白)
エンジェルストランペット(白) 鉢植えの白いエンジェルストランペットが今年2度目の花を咲かせている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/05 15:27
秋のバラ
秋のバラ 今年最後の白バラの花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/04 12:54
庭の菊
庭の菊 3年前、懸崖菊の苗を菊花展で求めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/03 16:31
オキザリス(ヒルタ)
園芸種のオキザリス・ヒルタ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2005/11/02 09:15
庭の菊(舞風車)
早いもので今日から霜月。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2005/11/01 12:16
ベンジャミンの花
観葉植物のベンジャミンを我家で育てて20年。 丈も2メートルをちょっと越え、何度も植え替えて今では鉢も直径60センチぐらいのものに収まっているちょっと図体が大きい代物である。 夏場は外に出して十分に日光に当て、寒くなると中に取り込んで育てている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/06 22:14

トップへ | みんなの「植物」ブログ

一花一葉 植物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる